愉しい自転車&生活

[その他]雑記 の記事一覧

13

Category: [その他]雑記

Tags: 考え  

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

数字に一喜一憂してないか


最近はもっぱらクランパス。
DSC00782-001.jpg


「JUST RIDE(ジャストライド)」という自転車の本があるのをご存知でしょうか。著者はリヴェンデール(Rivendell)という非競技系自転車メーカーのオーナーであるグラント・ピーターセンという人。僕も本の存在自体は知っていて興味はあったけど、英語だったので到底読む気にはなれず、日本語版でないかな~と思いつつそのままだったら、先日その日本語訳を書店で発見。これは!と思い早速立ち読みをした(立ち読みだけで買わないというね)。

立ち読みだったので斜め読みしかしてませんが、一つ、本の中で「マイルを数えるな」という章があった。ざっくりと言えば、走行距離なんか計ってないで、もっとモチベーションとなるもの、「標高」や「自転車に乗った日」などを数えたらどうか、といった内容。

ちょっと野球の話になりますが、イチローはずっとシーズン200安打にはこだわっていましたが、イチローが打率よりも安打数にこだわったわけは、数字が増減してしまう「打率」ではなくて、一本一本の積み重ねで減ることがない「安打数」を意識すれば、数字に一喜一憂することがないからだった。

打率とは自転車で言うならスピードや距離だと思う(最近ならパワーも?)。
自転車にメーターを付けたことのある人なら、頑張っているのに全然スピードが出ていない、という時の苛立ちは一度くらい経験があるかもしれない。速度や距離によって自身のライドを評価するというのは、当たり前のようにやられるけど、長く、速く乗れたら嬉しいし楽しいかもしれないが、もしそうではなかった場合は?満足できるほどの距離や速さは、毎度毎度簡単に出せるものだろうか?

DSC00486-002.jpg


僕は、数字というのは楽しく乗った結果に過ぎないし、そうであるべきだと思う。数字によって満足を得るということは、逆に、数字によって不満足も得るということである。僕がスピードメーターを外して、その方が気分が良いと感じた訳はそこにある。

自分の身体と自転車とのやりとりや、流れる風景、刻一刻と変化する状況にこそ自転車ライドの本当の楽しみがあるのであり、目的は楽しんで乗ることであって、数字はその結果に過ぎないのだ。それを主客転倒、逆立ちして数字を先立てれば、「つまらない」とか「退屈」、「辛い」と感じる時間が必ずできる。競争好き、機材好き、流行好きではなく、本当の「自転車好き」ならば、本当に乗りたくて、乗る前はワクワクしている、という気持ちでいつも自転車に跨っているはずだと思う。

簡単に言うと、数字を計ることに問題があるというより、それによって楽しい自転車ライドにケチがついたり(つけるのは自分だが)、興をそがれることに問題があるのだ。

最初のジャストライドの話に戻るけど、だったらどうせ計るならモチベーションになるようなものを計ったら、というグラントさんの提案は本当そうだなと思う。「自転車に乗った日」は良いよなと思う。まあ、僕は面倒くさいから数えませんが。でも「標高」は楽しい。自分の経験から言ってもこれはおススメ。まあ僕は関東平野に住んでるから計りませんが。

じゃあ、何を計るか?う~ん、結局面倒くさいから何も計らない笑(誰か良い案あったら教えてください)。 でも、それでも十分面白いのです。一生懸命数字と睨めっこしている皆さん、一度、数字から離れてみませんか。余計な「情報」を排除して、自分と自転車、二人だけで出かけてみると、また新鮮な楽しみが感じられるのではないかと思います。


26

Category: [その他]雑記

Tags: サーリー  ロングホールトラッカー  クランパス  

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

生活の中に自転車を


DSC00695-001.jpg


デュラエースだとか、アルテグラだとか。あるいは電動コンポ、カーボンホイール、ケイデンス、パワー、ペダリング理論、速くなるには、上りに強くなるには云々。この自転車趣味の世界、話題は尽きない。あるいは輪行やロングライド、ヒルクライム、レース、旅。そういうのも確かに面白いと思う。

しかし、「趣味」と言ってもそこにはもう一つ、日常の生活の中で使う自転車の世界がある。これが同じ自転車に乗るのでも、全く違う。

DSC00581-001.jpg


どこか遠くに行く必要はなく、いかに使うか。いかに乗るか。日常の些細な用事や、街の全てがフィールド(遊び場)となる。


DSC00664-003.jpg


それを自転車で運ぶことが出来るか出来ないかなんて考えてはいけない。関係ないのだ。そんなもんは。まず「どうやって運ぶのか」だけ考える。運べないというのは、その後にくる。


DSC00731-001.jpg


DSC00732-001.jpg


3メートルの木材や灯油の運び方なんて、どの自転車雑誌にも本にも書いてない。世間で既に提示された楽しみ方には限りがあるけれど、自身の日常に即した場面からくる楽しみ方には限りがない。無限にあるのです。そして、そこには正解も間違いもないのです。


DSC00762-002.jpg


撮影の為にいつもより多めに買っております(笑)
DSC00752-001.jpg



とは言っても、楽ちんポジションにカスタムしたロングホールトラッカーばかり乗っていても駄目で、ちゃんと全身をフルに使って走るような自転車にも乗らないと身体がなまるし、なによりいつも同じだと飽きてくる。


ってことで今日はクランパス出動。
DSC00766-002.jpg


最近乗ってなかったので、久々に乗るとクランパスの驀進とも言うべきスピード感に改めて感嘆。圧倒的な安定感とクッション性。あらゆる路面のイレギュラーを飲み込む走破性。いやいやすげーすげー。自然と前のめりに走ってしまう面白さ。これは幾らカスタムしても、ロングホールトラッカーで出せる世界ではない。でも、自転車の力が大きすぎて、下手になりそうだけど。ちなみに、トロールはいまドックに入ってるのでお休み中。出来たらお披露目しようと思います。


14

Category: [その他]雑記

Tags: ---

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

自転車で家を出れば、それはすでにアドベンチャーの始まりなんだ


日本のサーリー取扱店の方たちが昨年サーリーの会社訪問をした時のことをブログに書いているのを、最近発見して読んだのだけど、やっぱサーリー良い。心から自転車を楽しんでいる人達が作っているんだというのがよく分かった。

一番最初に読んだ訪問記。楽しい感じが分かってとても良い。
http://blog.chillnowa.com/?eid=931

検索すれば他のショップの方が書いた記事も出てくるので、複数の視点からのレポートが読めて面白いです。


この記事のタイトルは上記のブログ(の次の記事)で紹介されていたサーリーのスタッフの言葉ですが、僕がそう言われて「うん、本当そう」と共感できるようになったのは多分ごく最近の話だ。サーリーに限った話じゃないけど、アメリカ人の遊びに対する真剣さは凄いと思う。大胆でダイナミック、そして自由。以前ブログに書いたけど、自転車を楽しむってどういうこと? それを教えてくれるのがサーリーのバイクだと思う。

サーリーのスタッフの楽しみ方を見て(読んで)いると、自転車から始まっているが、決して自転車だけに留まっていない。自転車があることで広がっているのだ。世界が。


”自転車で家を出れば、それはすでにアドベンチャーの始まりなんだ”

”HAVE FUN and Be Yourself !! ” = ”楽しむには、自分で発見しろ”

”SURLYの楽しみ方に、正解はない。好きな様に 乗ればいいさ。”



うちの自転車はこんなに凄い技術を使ってます、こんなに高級な素材を使ってます、こんなに速く走ります、買って買って。という誘惑はサーリーというメーカーにはないでしょう。むしろ「欲しい奴が買えばいい」、「分かる奴が買えばいい」、「つーか分からん奴は買わんでいい」とぶっきらぼうに言い放ちそうだ。なんたって、わざわざメーカー名を「無愛想な」という言葉にするくらいですから。でも、無愛想に見せてその実、自転車楽しいぜ、楽しんで乗ろうぜ、と誘っているのではないかなと思う。


いつか僕もミネアポリスに行って訪問してみたいな。
DSC00638-001.jpg


04

Category: [その他]雑記

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

サーリー 2017モデル


モトクロのHPを見たら、サーリーの2017モデルが発表されていた。

で、トロールが新型になっていますね。
旧トロールはMTBの性格を強く残しているけど、新型はもう少しツーリング方向に振ってある。そしてリアエンドは135㎜QRだけでなく12 x 142mmスルーアクスル、12 x 148mmブーストハブとも互換性を持たせ、26×3.0のセミファットタイヤも完全に履けるようにクリアランスも見直されている。


2017モデルのトロール
Troll-17-sv_930x390.jpg

ジオメトリで大きく変わったのはヘッドチューブ長で、かなり長くなっている。逆にフォーク長は短くなっており、100㎜ストロークのサスペンションフォークを使えた旧トロールとは違い、サス非対応。他にチェーンステイ長が僅かに長くなっているけど、これは恐らく3.0のタイヤのクリアランス確保のためなのかな。ツーリング車としてはより良くなっていると思います。


あと、サルサも一部のモデルが発表されていたけど、注目はFARGO


というか落ちてる松ぼっくりデカすぎじゃねというね。
MY17_Fargo_Rival_GX1_275.jpg


リアエンドはトロールと同様にクイックだけでなくスルーアクスルにも対応し、もちろんギアードだけでなく、シングルスピードにすることも出来る。そしてタイヤは27.5+、さらには29+のセミファットも入るようになっている。驚くべき汎用性。なんでも出来るオフロードツーリング車だ。トロールよりもBBドロップが大きく、チェーンステイも長いので、荷物の運搬はより得意でしょう。

あと17モデルの話じゃないけど、サルサのマラケシュもいいですね。ドロップハンドル用のフレームと、フラットハンドル用のフレームで2種類出ているので選べる。FARGOほどじゃないが、汎用性の高さは説明するまでもないし、700Cで探している場合は良いんじゃないかと思います。

サルサも良い自転車出してるんだけど、僕の場合、欲しくなるのはサーリーなんですよね。ちなみに、いま一番欲しいのはクランパス。ファットバイクの太さは面白いけど、ちょっと邪魔臭そうなので、3インチ幅のセミファットはいい落としどころに思える。パーツも普通の規格品を使えるし。あのパナレーサーもかなり戦略的な価格でセミファットのタイヤ出してきましたからね。そういう流れなんだと思います。

ファットバイクはサーリーが一部のニッチなファン相手につくり始めたものけど、ニッチというか、いまや完全に市場の中に根を下ろしてしまった感がある。元々マーケット的関心からは外れた所でやっていたのに、いつの間にか大手メーカーもどんどんファット、セミファットを出し始めてしまった。サーリーはこれからどう出てくるのだろうか。 まあ、僕としては、今まで通り、自分たちが乗りたい自転車、遊べて運べて、ガシガシ使うための無愛想な自転車をつくってもらえれば、それでいいんですが。変な色気は出さないでほしいな。


09

Category: [その他]雑記

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

試したいこと


今回は日記ではなく、僕がいま試したいことを好き勝手に書いて終わる回です。

まず今一番やりたいことは、ハンドル交換。
ものすごくバタフライハンドルを使ってみたい。

こういうの。
31GxdUBVGaL.jpg

このハンドルはマルチポジションバーともいいますが、ヨーロッパに行けば確実に手に入る。しかし、出来ればアフリカにいるうちに使いたい。恐らく新品の入手は絶望的だけど(南アあたりは可能性あるが)、手に入る可能性はゼロではないと思って探しながら旅をしている。使っている自転車を極めて稀に見るので、中古なら手に入るはず。

僕は今回ハンドルをプロムナードバーにしましたが、方向性としては間違っていなかった。自転車で走るのはその国を体験するための手段であり前提であって、「走ること」それ自体は目的ではないし、そこに気を煩わせたくはない。その意味で正解だった。上半身の疲れも激減したし、その点はよい。

ただ、問題は手のひら。常にハンドルへの当たり方が一緒なので、そこがきつくなってくる。特に、オフロードが続くと手の平がしんどい。やはりフルパッキングの走行の場合、最低でも2つの握り方が出来ないと駄目(というか二つあれば十分)なんだと分かった。肉体的にもそうだけど、握り方が変えられるというのは、精神的に気が紛れるのが非常に大きい。いまプロムナードを使っていても、やはり長時間になってくるとグリップ以外の位置をもったりしているので、違う握り位置を身体が欲しているということだ。日本で事前に丸一日(120㎞程度と峠越え)走って問題は感じなかったが、その時は単発で荷物も積んでいなかったので、やはりパッキング状態であること、連日の走行になることで、特定部位にだけ疲労が蓄積してくるということか。

ただ、フラット+バーエンドに戻す気も全くないので(ハンドルが遠くなるから無理)、となると、結局、見た目的にずっと避け続けてきたマルチポジションバーが良いのかもしれない。そう思って今探しているというわけです。アフリカで探すとか完全に宝探し状態。まあ、それが面白かったりするんですが。



それともう一つ試してみたいこと。
これに関してはやるかどうかは分からない。仮にやるとしても確実にヨーロッパでやることだけど、それがトロールの700C化。

旅行中に車体を変えずに26インチから700Cに変更するってのは前代未聞ですが、トロールという車体なら可能なんですよね。選択肢として存在するのだから試してみたい気持ちはある。

26インチの方が入手性は高いのは確かだけど、シュワルベのマラソン入れておけば少なくても一つの大陸は1ペアのタイヤで乗り切れるため、入手性の問題は無視しても大丈夫でしょう。700Cのタイヤが手に入らないような田舎でタイヤがトラブったら、その時はもう諦めてヒッチハイク。僕もこれまで26インチが良いと言ってきたけど、実際に両方使った上での意見を僕が聞いてみたいと思うので、だったら自分で試してしまうのが一番早いし、一番面白い。

一回、白紙に戻して、舗装、未舗装含めて、フルパッキングでの海外ツーリングでは単純にどっちのが走り易いのかを、実践にて確かめられたら面白そう。同じフレームで試すのだから、明確に差が分かるはず。まあ、元々26インチ用のフレームなので、700Cタイヤには若干不利な検証になるけど。あるいは、29インチというのもありかなと思う。ちょっとデカすぎる感はするけど。


プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09, 2017 < >
Archive   RSS