愉しい自転車&生活

11

Category: [第一次・北中南米持ち物]キャンプ道具

Tags: ---

Community: テーマ-旅の情報・準備  ジャンル-旅行

Response: Comment 4  Trackback 0

腕時計 カシオ プロトレック PRW-2000Y


IMGP1863.jpg


たぶん山登りする人なんかに良く使われるのかな?カシオの腕時計。
これで、高度、気圧、気温、方位がはかれる。
ソーラー充電なので電池も気にする必要は無い。

バンクーバーを抜ける時は、方角を確認しながら進んだので、これに頼りっきりだった。
(シルバの方位磁石はフロントバックに入れてるけど出すのが面倒で使ってない)
気圧はあまりみてないけど、高度は良く見てる。
というか山を走るときは常に高度表示にしている。
高度は気圧を元に計算しているので、当然天気が崩れれば(低気圧が近づけば)、
上ってないのにグングン高度はあがる。
なので天候が変わってもちゃんと高度を把握したい場合は補正が必要。
一応、この旅で高度のはっきり分かっているところで一度合わせたんだけど、
高度計の精度はかなり高い。その後も標高のわかっている場所で確認しても
誤差は大抵数メートル単位。一番ずれてた時で20mくらいだった。
ちなみに高度計の表示は5メートル単位。
気温は体温を拾ってしまうので、体からはずしておかないと当てにならないけど
アナログの温度計よりも反応は早いかな。
アラームも使ってるけど、音が小さいので起きれた験しがない(笑)



関連記事
comments
 
ソーラー電池に電波時計使っているんですね。
もう10年は前の話ですが、PCの部屋に置いた電波時計が、年に何回かはとんでもない時間を指していて、受信しなおしても直らなかったので、以来ずっとクォーツ信者でした。
ソーラー電池も、(袖に隠れたりして)暗いところが続くとすぐ使えなくなるなーって。

今は技術も進歩して、安定性やら発電効率やらがグッと上がって、使いやすくなっているのでしょうかね。
Re: タイトルなし 
僕は元々ほぼ時計をしない人間だったので、全く詳しくないのですが、
お話しを聞く限りだと大分進化しているように思います。
時刻がずれた事もないですし、パナマ~コロンビアを渡った時に丸5日以上バックに入れっぱなしでしたが、充電状態はMAXのままでした。この時計に関しては高度計も精度が高く便利ですし。もうすっかり身体化しているので、これ盗られたら、もしかしたらパソコン盗られるよりショックかもしれません(笑)


> ソーラー電池に電波時計使っているんですね。
> もう10年は前の話ですが、PCの部屋に置いた電波時計が、年に何回かはとんでもない時間を指していて、受信しなおしても直らなかったので、以来ずっとクォーツ信者でした。
> ソーラー電池も、(袖に隠れたりして)暗いところが続くとすぐ使えなくなるなーって。
>
> 今は技術も進歩して、安定性やら発電効率やらがグッと上がって、使いやすくなっているのでしょうかね。
 
後継モデルのPRW-3000-2JF買いました。
手袋でもボタンが押しやすく、記号が入っていて覚えやすいのがいいですね。
センサーを95%ダウンサイジングってのは、進歩しすぎて噴きましたw

ただ、ライト点灯が1秒くらいで不便なのと
私が買ったモデルは背景黒で文字が白色、と思ったらグレーで
見づらくてちょっと後悔(´・ω・`)
http://casio.jp/wat/search/watch/detail/?m=PRW-3000-2JF&n=5795
Re: タイトルなし 
後継出てたんですね。
95%って(笑) 何が起きたらそうなるんですかね。
ライト1秒になったんですか?
僕のだと3秒くらい点いてるんですが。

自転車で峠越えなんかする時は距離を見ると
中々伸びずに挫けそうになりますが、
標高は結構サクサク上がっていくので楽しいです。


> 後継モデルのPRW-3000-2JF買いました。
> 手袋でもボタンが押しやすく、記号が入っていて覚えやすいのがいいですね。
> センサーを95%ダウンサイジングってのは、進歩しすぎて噴きましたw
>
> ただ、ライト点灯が1秒くらいで不便なのと
> 私が買ったモデルは背景黒で文字が白色、と思ったらグレーで
> 見づらくてちょっと後悔(´・ω・`)
> http://casio.jp/wat/search/watch/detail/?m=PRW-3000-2JF&n=5795
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09, 2017 < >
Archive   RSS