FC2ブログ

愉しい自転車&生活

03

Category: [欧州・アフリカ後一時帰国]日記

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

自転車旅行者、自転車からおりる


遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

今年はいよいよ再再出発の年ですが、本題の前にまず次の行き先について。次はギリシャとトルコへ行きます。時期は3月から。予定は半年以内(たぶん)。そしてそのギリシャ、トルコ旅が、カナダから始まった僕の自転車世界旅行の最後の旅になります。

ユーラシア横断についてですが、これはしません。今の自分にはもうそんな情熱はない。海外自転車旅行に関しては、実はもう殆ど満足しているので、今さら同じような事を繰り返しても時間とお金が勿体ないと感じる。

では、なぜ続きをやるかといえば、ウガンダで終わりというのは、とても納得がいかないという事と、ギリシャとトルコだけはどうしても行かなければ気が済まない。行かないと心残りになってしまうから。

そんなギリシャとトルコの旅なんですが、自転車からおりることにしました。自転車旅行ではなく、純粋に自らの足のみでもってエーゲ海沿岸=古代ギリシャのポリスが栄えた土地を巡りたい。つまり「歩き旅」に挑戦したい。

なぜか。

まず一つに、ギリシャとトルコを自転車で走るのは、たとえオフロードを選んでいったとしても、いまの自分にとって造作もないことだということ。簡単過ぎて挑戦のし甲斐がないというか、そもそも挑戦ですらない。

次に、無駄を削いで余計なものを省いてと考えた結果、もはや自転車すら余計だと感じたこと。

あとは「ギリシャ、トルコのエーゲ海沿岸」と、行く場所を極めて狭く限定しているので時間や資金的にも徒歩旅が可能で無理も(たぶん)ない。むしろ、じっくり見て周るには自転車より良いと思うこと。

そして、文字通り本当に自らの足で進む、というのも最後の旅として相応しいんじゃないかと思うこと。

ついでに、自転車関係のパーツを買い揃えなくてよいので、準備に使うお金が少なく済むし。


自転車は自由な乗り物であって、そんな自転車を使う自転車旅も必然自由な旅である、その想いに変わりはないですが、今はその自転車という束縛すらも解いてみたい。

いままで、自転車であることで自由に旅行をできていた。これは事実だ。しかし、もう満足だと思えるほど自転車旅行をしてみて、次第に自転車すら枷と感じられるようになってきた。だから、自転車からも解放されて、本当に自分だけで、自分の足だけで旅をしたい(まあ飛行機とか船は使うけど)。

最後の旅を、旅の原点とも言える歩き旅で締めくくる。そう考えた時、自転車旅でいくと考えた場合の消化試合感はサッパリと消え失せた。

自分にとって、この旅を最後までやり遂げるというのは、惰性態として自転車旅を続けて、消化試合みたいなものにすることではない。たとえ形が変わっても、最後まで充実した意味のある旅にすることだ。それが最後までやり遂げるということだ。最後までそういう旅であり続けるために、自転車からおりる。

といったわけで、まあ、誰も予想もしなかった(自分ですら想像もしなかったし)でしょうが、最後は歩くことに決めました。もしカナダ出発前の自分に会えたとして、「最後お前歩くで」と言っても絶対に信じないだろうな。

最後の旅。じっくりと、一歩一歩確実に歩んでいきたいと思う。タイヤ越しではなくて、ハンドル越しではなくて、直接自分の足で大地を踏みしめ、進んでいきたい。

関連記事
comments
 
何とも潔い決意表明ですね(^^
「4輪乗りも2輪乗りもいつかは2足歩行に戻る・・」という風なフレーズを何かで見たことありますが、しぶとく巣食う執着をいつの日か断ち切って趣味用自転車は全処分できればいいなと思ってます。
とある掲示板で自転車整備、自転車旅行の経験を鼻にかけどや顔でにらみを利かせている痛いご老人を見てその思いを強くした次第です
Re: タイトルなし 
こだわりをもつことは良いですが、執着しては駄目ですよね。過去の体験は次の種を育てる堆肥に変えるべきと感じます。いつまでもそのまま保存しようとしたら、いずれ腐ってしまうなと。
 
悟りの境地へ近づいていらっしゃいますね!私はこれから大陸にむけてのんびり装備を整えているところです。ようやくチューブスのリアラックを注文しましたw
Re: タイトルなし 
果たして近づいているのか遠ざかっているのか(笑) まあ、終わり(と新しい始まり)が近いということだと思います。

チューブスなら鉄壁ですね。下手なフレームよりも長持ち。大陸へ、まさにこれから始まりですね。応援しています。

> 悟りの境地へ近づいていらっしゃいますね!私はこれから大陸にむけてのんびり装備を整えているところです。ようやくチューブスのリアラックを注文しましたw
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2018 < >
Archive   RSS