愉しい自転車&生活

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20

Category: [国内]2017信州・関東自転車旅行

Tags: 長野  国内  信州  

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

信州・関東自転車旅行の帰り道 7・8日目 縄文を見て軽井沢へ


2017年6月30日

前回は長野県の望月にいる友人を訪ねた所まででした。

2泊したのち出発し、この日は軽井沢へと向かった。

望月を出る時にあった建物。雰囲気的に仏教系なのかな?日本の場合、神仏習合で分かりにくい。
DSC02664.jpg

ばっちり曇り。
DSC02669-001.jpg


途中、浅間縄文ミュージアムという所に寄った。
DSC02738-001.jpg


日本の歴史の殆どを占める縄文文化。
DSC02684-001.jpg

これは耳飾り。
DSC02685-001.jpg


「文明」というようなものを持つ以前の段階で、これほど凝った土器を作るというのは、日本人の手先の器用さというのはこの頃からなのか。
DSC02699-001.jpg


個人的見解ですが、日本の場合、日常的に箸を使っているというのも、手先を扱う感覚を養うのに一役買っているんじゃないかなと思う。
DSC02711.jpg

箸の機能性と操る感覚からすると、スプーンとかフォークなんてのは、バカでも使えるとか思ってしまう。まあ箸は別に日本文化ではないし、縄文時代に箸は無かったでしょうけど。

ただ、箸が使えるからといってナイフ、フォーク、スプーンが上手に使えるのかと言えば、決してそんなことはないとは思う。ヨーロッパ人のナイフやフォークなどの使い方を見ると日本人より明らかに上手いし。つまりは使いようということでしょうか。

DSC02730-001.jpg


このミュージアムは中々見応えがあり、お勧め。人も少ないしゆっくり見れる。
DSC02734-001.jpg


たっぷり見た後はサッと走って軽井沢に。
DSC02739-001.jpg


なんとも流行ってない感じのマック。
DSC02745-001.jpg


この日は軽井沢ストップ。野宿をするか、キャンプ場にするかで迷ったのだけど、キャンプ場にすることにした。なんだか野宿の気分じゃない。とりあえず軽井沢駅の観光案内に行き、自転車で行ける安いキャンプ場の場所を訪ねると「え、キャンプ場!えーと、そうですね、えー」といった感じの受け答え。あれ、軽井沢来る人はキャンプしないの?

一応、中軽井沢の方に湯川キャンプ場というのがあったのでそれを紹介され、そこに行くことに。

こんな梅雨の時期にキャンプしにくる人なんていないらしく一人だったんだけど、管理人のおばちゃんに「一人でもいい?」とか聞かれてしまった。いいもなにも最高じゃないですか。一人だけなんて。草津のキャンプ場でも似たようなニュアンスの事を言われたのだけど、一般にはキャンプって一人じゃ嫌なものなの?僕の場合、一人キャンプなんて「当たり前」という言葉で言う意味が無いほど当たり前なので、質問の意図がよく分かりません。

葉っぱからツボミ。
DSC02746-001.jpg


しかし、このキャンプ場に泊まったのは正解だった。この日の深夜から天候が崩れはじめ夜が明ける前からずーーーーっと雨。朝になっても降りやむ気配は一切ない。というか普通にしっかり降っている。もう朝も過ぎ、朝でも昼でもないような中途半端な時間になってもしっかりと降っている。こりゃ駄目だと思ってもう一泊することにした。

することにしたのはいいんだが、昼になっても降りやまず、昼下がりになっても降りやまず、あまりに降りすぎて地面が緩くなってきたせいで、地面に刺したペグがテンションに耐えられずに土を掘り起こしてしまう。使っているのは自立式テントではなく、シェルターなので、ペグでテンションを保てなければ形にならず、使い物にならない。しかもシームの処理をしてないので、少しずつ滴ってくる。流石にシェルターでは限界だと思い、キャビンの方に移らせてもらおうと思った。

そしたらなんと、テントと同じ値段でいいよと。しかも狭い方じゃなく、誰もいないからといって広い方のキャビンに泊まらせて頂いた。そもそも、キャンプ代も少し値引きしてくれていたのに、その金額と同じでいいとは。なんて話の分かる、じゃなくて、なんて親切な人なんだ。


いや、でもこれは本当にありがたかった。室内に入ると、あんな幕でよく何時間も耐えていたなと思う。あれ、フロアレスですからね。でも言い換えればシェルターでもかなり耐えられるという事でもある。良い実験になったな。
DSC02755.jpg

これがキャビン。毛布とかタオルまで貸して頂いて、至れりつくせり。これは一人旅、それも誰も来ないようなシーズンに来たからこそだなと思う。大人数でいったら中々こうはいかないでしょう。
DSC02762-001.jpg


流石に夕方くらいになったら雨も止んだので、そこから少し買い物に行き、夜は温泉に入った。トンボの湯だったっけな。着いた初日は旅館併設の安い(600円)ところに行ったんだけど、トンボの方は確か入浴1300円でアホみたいに高かった。折角だから入りましたけども。人が多く賑わっているんですが、主に観光客が入りにくるような場所なので、旅する人からしたらあまり面白くはないと思います。

結局雨で何もできなかったけど、まあ梅雨ですし。むしろ梅雨真っただ中に走ってると思えば、あまり降られてないとも思える。大体、雨だからこそキャビンで泊まるなんて体験もできたし、雨天時のシェルター泊についても分かった。普段は屋根に守られて暮らし、家の中なら中で出来ることも沢山あるので、雨でもあまり関係ないような所もありますが、流石にキャンプであそこまで降り続けられると、雨がもの凄く直接的に自分に影響するので、それもまた面白い体験だった。

といった感じの軽井沢。
次は中山道の旧道を下り、高崎まで行きます。


関連記事
comments
 
みんなでワイワイキャンプは楽しいと思いますが、ソロキャンプって別ジャンルの楽しみがありますよね。ただ現状ソロキャンを気軽に楽しめるようなキャンプ場が日本には非常に少ないのが悲しい。
キャンプの楽しみ方は人それぞれだと思うけど、シンプルな設備で低料金のキャンプ場がもっとあればいいんですけどね。

そうか、フロアレスだと雨の時大変ですね。
これも経験だと思えるのが染谷さんらしい。
欲張り&心配性な僕にはバイクパッキングでキャンプ泊は難しそう(笑)
 
キャンプ場という事で言えばアメリカが最高だな~と思います。国立公園のキャンプサイトなんかは低料金で最高の景色ですし、国土の広さと気候風土で、開放的ですしね。

まぁこれだけ降ればダブルウォールのテントだってキツいからなー、とか思いながらシェルターの中にいました。何事も体験ですし、諦めも肝心(笑)
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2018 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。