愉しい自転車&生活

31

Category: [国内]2017信州・関東自転車旅行

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

信州・関東自転車旅行の帰り道 4日目その1 山を越えて


2017年6月27日

朝が来た。
DSC02465-002.jpg

それにしても恐ろしく静まり返った夜だった。人の気配も、動物の気配も全くない。視界も、夜の間は雲で完全に閉ざされていたし。静まり返り、大気の音があった、という感じ。


さあ、というわけで行きましょう。まずはこの山を越えねばならない。
DSC02467-001_20170730231520a89.jpg


クランパス本領発揮といきたい所ですが、乗れる区間なんて1分もなく、あとは押すか担ぐか。
DSC02470-001.jpg


少し上って振り返った所。それにしても朝露が酷く、靴がぐしょぐしょ。
DSC02472-001.jpg


というか、なにかは知らないが上り始めた時から顔の周りに小さいハエみたいな虫が飛びまくっててマジで鬱陶しい。歩いてても鬱陶しいけど、止まると余計に集まってきておちおち写真もとってられない。


所々担いで進んでます。こういう時に荷物が少ないと、そのまま担げるので楽。フルパッキングでもより以上の時間と労力を使えば越えることは可能。僕はやらないけど。
DSC02478-002.jpg

ただ、これぞバイクパッキングの道かというと、決してそういうわけではない。なんせここ自転車に乗れませんから。折角荷物が軽くて自転車の運動性能が発揮できるのに、押したり担いだりでは意味がない。自転車で楽しみたいのだから。


天辺付近。ここまで30分ちょっと。意外とあっさり着いた。しかし、とにかく虫がウザかったな。
DSC02481-001.jpg


破風岳を上ってましたが、破風岳の頂上へは行きません。五味池という方へ向かいます。
DSC02482-001.jpg


道です。もうね、進むしかないですよね。
DSC02483-001.jpg


一応下りになるため、乗れるんですが、所々降りたりしながら安全優先で下っていきます。剥き出しでカメラぶら下げてるから絶対に転べない。
DSC02489.jpg


少し走ると景色が開ける。ここまで来たらあと一息。
DSC02491.jpg


もう一息。
DSC02493-001.jpg


そして道がダブルトラックに変わったあともしばらく走ると、舗装路に出る。
DSC02497.jpg


ここからはもうイージーです。本当にただ下るだけ。この下りになってからが長かった。
一体どこまで下っていくんだというくらいずっと下り。2000mほどから長野市の300mまで下るので、実際に下りの方が遥かに長いんですが。


途中のダム。
DSC02500-002.jpg


写真を撮るために止まっていたら、軽トラに乗ったご夫婦が「どこから来たの?」と話しかけてきたので「毛無峠から破風岳越えて来ました」と答えたら、目玉を丸くしてえらい驚いていた。確かに、一般的に自転車で越えてくる道ではないかもしれない。

DSC02506-001.jpg


しばーらく下って人里に降りてきた。しかし、ここからもまだ下る。
DSC02508-001.jpg


あの山々の方から下ってきました。別世界。
DSC02518-001.jpg


この辺はもう殆ど底に近い。暑いし湿気多いし嫌になる。
DSC02524-001.jpg


という感じで長野市。
DSC02526.jpg


上り始めてから下りきるまで、たったの2時間ほどだったんですが、凄まじい密度だった。もう既にひと仕事を終えた感があり、後は余韻の走行でもいいくらいですが、ここからさらにオフロードの峠越えをすることになる。のですが、それはまた次回。



関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS