愉しい自転車&生活

16

Category: [国内]2017信州・関東自転車旅行

Tags: 上田  国内  

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 6  Trackback 0

信州・関東自転車旅行 上田にて


写真で上田滞在中のことを。

これは柳町という場所のお店。ここであんみつ食べた。この辺りは江戸から新潟までを繋ぐ北国街道の宿場町であったらしい。現在は昔の街道の感じを残した観光地となっております。
DSC01403.jpg


江戸時代の人の距離感覚というのは、現代人とは全然違ったのだろうなと思う。江戸の人間にとって新潟なんてのは相当遠い場所だったんじゃないだろうか。普通移動は徒歩でしょう。せいぜい馬とか?
だから、そこに行くまでより多くの日数を必要とするし、また現代ほど社会全体が均質化していないはずで、現代において県を跨ぐのとは全く違ったと思う。

そういう意味で、世界は狭くなったと思う。
インターネットの普及もそうですが、それだけではなく物質的にもこれほど世界中で同じものが売られているような今、もう昔のような旅というのは出来ないでしょう。だからこそ世界旅行なんて一般人には資金的にも能力的にも到底出来なかったことが、簡単に誰でもできるようになったわけですが。

そういう世界にあって、そういう世界に染まりきっていない場所を体験したいという気持ちが、自分にシングルスピードやオフロードを選択させているのかもしれないなと思ったり。

DSC01419-001.jpg


これは上田城の中にある招魂社。
DSC01445-001.jpg


この招魂社の一部分が改装されて赤松小三郎記念館となっています。

赤松小三郎の建白書。
DSC01467-001.jpg

ここで一番面白かったのは赤松小三郎の建白書を見れたことでも、墓石を見れたことでもなかった。なにより貴重な体験になったのは、この記念館の開閉をしている赤松小三郎顕彰会のおじいさん(82歳)の体験談を聞けたことだった。

82歳ということは、戦前は小学生時代を過ごしたことになる。それはつまり戦前の洗脳教育=天皇は神であり、天皇の為に死ぬことは素晴らしいことだと、実際教わった体験者ということだ。本などでそういう知識はあっても、僕は是が非でも直接体験者の口から聞いてみたかった。

「やはり実際に天皇は神だとして教わったんですか?」

そう訊ねると、おじいさんは深くうなずくと同時に、ハッキリとした口調で「教わった」と言い切った。その時の声や言葉の出し方は、決して荒げたわけではなく静かではあったが、微塵の揺るぎもない、その人間の底から出てきたような声だった。それは、その体験が、その人の人生やその人自身の中に刻み込んだものが、どれほど重たいものであったのかを感じさせるようなものだった。単純な肯定でも否定でもない、言葉などでは到底言い得ない感情を含んだような声だった。

そして、もう一つ昭和天皇=裕仁という人間についてどう感じたのかも訪ねた。
神だとされ、国家の最高権力者であり、最高の権威(なんたって神ですから)であった昭和天皇が、敗戦後、先の戦争は間違っていたと教えられ、平和が大事だと教えられ、「平和国家」として歩もうとしていた日本の象徴として生き続けた。最も重く、厳しく責任を問われるべき人間が、180度転換した日本において、なんの責任をとることもなく生き延びただけでなく、国の象徴となる。この昭和天皇(とそれを許容したこの国)について、どう思ったのかを訊ねた。

しかしおじいさんは、その質問に対しては答えることが出来なかった。
「う~ん・・・」と首をかしげ、考え込み、ようやく「あまり考えなかったなぁ」と言っただけだった。

それと、戦前は自分も軍国少年だったとも言っていた。天皇のために戦って死ぬんだと。本気でそう思っていたと。

その方はいまでは上田で赤松小三郎顕彰会に所属し、民主政を良いものだと評価しているが、戦前の天皇制について批判することは決してなかった。昭和天皇の戦争責任についても言葉をもたなかった。

ただ、昭和天皇の戦争責任や、いまの天皇(明仁さん)に人権がない=人間として扱われていないことについて、いまだにそれが深刻な問題として考えられることはなく、社会的には思考停止状態にあることを考えれば、その人が特別なわけではないのだと思うし、むしろそれは日本を端的に表したような反応だったのだと思う。

話を聞いて、この話の背後にある問題のとてつもない大きさと深さを感じた。


子供向けに作られた赤松小三郎の生涯の紙芝居風パネル。
DSC01446-001.jpg

これは墓石。別に見た所でどうということもないんですが。
DSC01438-001.jpg


市民の森キャンプ場というタダのキャンプ場があるので、キャンプもしました。
これは行く途中の景色。
DSC01502-001.jpg


キャンプ場から2㎞くらいの場所に湯楽里館という温泉がある。大人500円で安いしお勧め。観光的な場所でなく地元の人が来る場所なのかなと思います。
DSC01579-001.jpg

湯楽里館の外からの眺め。
DSC01517-001.jpg

隣接するオラホレストランではビール作ってました。オラホビールです。湯楽里館内でも飲めます。
DSC01588-001.jpg


今回はフロアレスシェルターを使用しています。詳しくは別で感想書こうと思います。ものはシックスムーンデザインのゲイトウッドケープ。
DSC01610.jpg

飯とスープ
DSC01655-001.jpg

キャンプ場からの夜景
DSC01534-001.jpg


といった感じです。長くなってきたので、ここらで終わり。
以上、上田滞在でした。



関連記事
comments
もう少し勉強を 
余分ごとかと思ったのですが、
せっかく旅に出て自分を磨こうと思っているらしい貴兄ですので、
あえて苦言を一言。

もう少し歴史と政治について勉強をされたほうが良いかと思います。
天皇に戦争責任がなぜあったとお思いでしょうか。
天皇が最高責任者であったとお考えなのはなぜでしょうか。
「そんなの当たり前じゃないか」とお考えならば、
ご自分の浅学さを恥じていただければと思います。
それこそご自身のおっしゃる「思考停止」ということです。

何も難しい本を読む必要はありません。
高校の日本史の教科書程度でけっこうです。
近代における天皇及び政治の形態がいかなるものであったか、ぜひご一読ください。

こうした苦言を貴兄はきっと非常に憤慨してお読みになるかと思います。
ただ、あの時代を生きた人間からしてみると、
ずいぶん高いところにご自分をおかれて批判されていらっしゃるように見えます。

旅日記の部分は毎回非常に興味深く読ませていただいております。
どうぞこれからも素敵な旅をお送りください。
失礼いたしました。
Re: もう少し勉強を 
コメントありがとうございます。

歴史の高みに立って当時を非難するのは全くフェアでなく、生産的でもないと思います。この点は自分でもよく自問し反省したいと思います。

あの文章を書いていて、そのように捉えられる可能性はとても感じていましたが、ご理解いただきたいのは、決してその話をしてくれた方を非難するのを目的に書いたわけではないのです。また非難する気持ちも全くないのです。

僕も日本で生まれ育ちましたから、こうした話題がデリケートなものだというのは分かっています。しかし、だからこそ書く意義があると思いました。

天皇が主権者であるというのは、明治憲法で統治権を総攬するとハッキリと書かれています。そういった事実は学校で教わってきたものですから、特別な本を読んだわけではなく中学、高校の教科書を読んでのことです。

天皇の問題はこの社会でタブー視されていませんか?なぜ天皇家は特別扱いなのでしょうか?みな自分の人生を選択できるのに、天皇だけできないのはおかしくないでしょうか?昭和天皇が事実として主権者であり、神であると教えられていた中で、また天皇自身も政治に意見できる立場にあったにもかかわらず、その責任を不問にした戦後という時代に問題はないのでしょうか?

そういう疑問が僕にはあり、だから体験された方の話を聞きたいと思い、そして書くべきだと思いました。過ぎた歴史のことではなく、今の問題として今考えるべきだと思うので書きました。

浅学はその通りだと思いますので、勉強したいと思います。
ご意見ありがとうございました。
あえてもう一言 
おそらく貴兄はそうお感じになられると思っておりました。

ただ、貴兄のそのお考えそのものが、
すでにメディアによって形作られたものだというのにお気づきになられたほうがよろしいかと思います。
貴兄はおそらく東京新聞か毎日新聞あたりをお読みではないですか?
違っていたら申し訳ないですが、
どうもそのあたりのメディアの考えがすり込まれていらっしゃるようです。

旅や自転車に関する貴兄の文章はご自分のお考えがしっかりと出ていて大変にすばらしい。
特に旅で出会われた方々への思いや、その土地の空気感のようなものは見事でいらっしゃいます。

ただ、時折書かれる政治の話になると、
途端にどこかから誰かの言ってたことを持ってきたような文章になってしまわれる。
お好きでありながら、苦手な分野なのかもしれません。

あえて申し上げるなら、
「天皇自身も政治に意見できる立場であった」
とは、どこの資料に書かれていたことでしょうか?
私の知る限り、天皇ご自身が政治に意見なされたのは、一度しか存じません。
その一度が何かは、あなたもご存じでしょう。

また、天皇がご自身の人生をご選択なされる方が良いとおっしゃるあたりは、
天皇制打倒と世界同時革命を延々と党の綱領にしている某党がその機関誌において言っていることと同じですが、
貴兄はそれをご存じでしょうか。

私がもう少し勉強された方が良いと申し上げたのはそういうことです。
ご意見失礼しました。
良い旅をお続けください。
Re: あえてもう一言 
明仁さんは私たちと同じ人間ですよね。だから、ふつうの人が認められる事が同じように認められ、ふつうの生活ができるように変えてくべきだ。僕は単純にそう思うだけです。

この問題は、とてもコメントでやりとり出来る範囲の話ではないと思いますので、これ以上は控えたいと思います。

ご意見ありがとうございました。
よくわかりました 
貴兄が良かれと思っていらっしゃることが、
実は某党のプロパガンダであったことすらご存じないことに年寄りとしては非常に危うさを感じるわけです。
今から50年余り前の若者達も、そうやって扇動されて学生運動に走っていたのです。

貴兄は自覚ないままに、自分自身がお考えになったと思われているかと思いますが、
それ自体がすでに某主義のプロパガンダ(の亡霊)にまんまと乗せられているということにお気づきください。
「明仁さんは・・・」のくだり、あまりに情けなくて、読んでいられません。
国というものは、そういうものではないのです。

ただ一つ言えることは、
貴兄のような考えを持つ人ですらも守ろうとして、
70余年前のあの戦争で亡くなっていった若者がたくさんいたのです。

貴兄は誰を守りますか。
おそらく「守る」という気持ちすら、「洗脳」とお感じになるのではないですか?
あの時代に命を落とした者達を、
「だまされていた」「洗脳されていた」「天皇が悪い」「政治が悪い」、とお考えなのでしたら、
あまりに浅学です。

これからの日本を担うのは、貴兄をはじめとした若い方達です。
世界を見ている貴兄ですので、私の言わんとしていることを感じていただければ幸いです。
まちがっても、あの「SEALDs」とかいう自意識過剰だけの若者達と同じ轍を歩んではなりません。

若いうちにこそ、ぜひ全方位的な学問を願うばかりです。
それこそが、あの戦争で亡くなった者達への鎮魂歌となります。
去りゆく老人の戯言として、どうぞお聞き流しください。
長文失礼しました。
Re: よくわかりました 
人権がないのはおかしい。このあまりにも単純な話がなぜ共産党云々の話になるのか。論点ずらしと思います。
若い、若くない関係なく、みなで考えるべき問題です。
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS