愉しい自転車&生活

14

Category: [その他]ギアレビュー

Tags: ロングホールトラッカー  サーリー  

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 3  Trackback 0

自転車は速さより、乗りやすさや乗った時の気持ちよさが大切


2017年3月9日(撮影)時点でのロングホールトラッカー。
DSC00907-001.jpg


僕は、自転車にとって「乗りにくい」というのは最悪の一つだと思います。自転車は乗り易くなくてはいけない。ロングホールトラッカーは本来ドロップハンドル設計ですが、やはりこの車体の良さを十分に活かすにはその本来の設計意図を汲んだ上で、パーツをチョイスしていく必要があるなと思った。設計と大きく異なるカスタムをすると何処か無理をしなくてはいけなくなる。自転車の場合、クルマと違って全てのパーツがむき出しですから、その無理は全て見た目に出る。


ミカシマ PRIME シルバンツーリング
DSC00911-001.jpg

プライムと通常のシルバンツーリングとの違いはベアリング部とボディの研磨。プライムは磨かれていて美しい。
DSC00915-001.jpg


だから、ロングホールトラッカーを最も自然な形で組めるのはドロップハンドルで違いないわけですが、だからといって僕はドロップハンドルを使う気には全くなれない。理由は単純に使いづらいからです。長い距離を走り続ける場合、ドロップハンドルの有効性はあると思いますが、街中のようなストップ&ゴーの多い状況では、一番使いたくないハンドルです。ロードバイクのキャリパーブレーキはスピードコントロールの為のもので効きが強くない、と言われることがありますが、これは嘘です。下ハンドルを持てば、指二本で十二分の制動力を引き出せる。ただ、ブラケットを持った時にブレーキレバーが構造上引きにくいのです。これはドロップハンドルの構造上の欠点といってもよいと思う。スピードの微調整の為に使うなら影響はあまりないのですが、しかし、問題ははそれなりの制動力を発揮したい時。明らかに余分に力が必要だという所に、非常にストレスを感じる。つまり、そこには無駄な力みが生じる。力みはライドをつまらなくさせる要素だと思います。

手が大きく握力のある男性ならまだしも、傾向的に男より手も小さく握力も弱い女性はこういう点をどう思っているんだろうか。扱いにくさを感じている人は相当数いるんじゃないかと思う。ドロップハンドルで、もし軽い力で強く効かせるには、下ハンドルを持って深い前傾姿勢をとらなくてはいけない。楽に強い制動力を発揮できるグリップポジションがあるにもかかわらず、そこが最も身体的に辛いポジションである。ここが僕は気に入らない。街乗りにおいては、楽な姿勢かつ軽い力で十分なブレーキの効きを得られることが肝要だと思います。


DSC00925-001.jpg


そして、乗った時の気持ち良さ。これは体感的なもので数値化は不可能ですが、速く走れる自転車が気持ちいいとは限らない。ロングホールトラッカーは速く走れませんが、間違いなく走っていて気持ちの良い自転車です。特にペダルを止めて惰性で進んでいる時なんかは最高。DEOREハブはフリーのラチェット音も殆どないので、ペダルを回すのを止めれば、微かに聞こえるチチチチ...というラチェット音と、ロードノイズだけになり物凄く静か。ハブも使い込んで当たりがでて良く回るようになっており、走行抵抗も少ないため、走りは軽い。この「軽い」というのは、間違っても速度が出るという意味ではない。速度には出てこない部分の走りの軽さです。これはクロモリフレームであることも要因の一つであると思う。

少し話が戻るけど、ブレーキだけでなくシフト操作についても今のドロップハンドルのSTIレバーは女性など手の小さい人は不利だなと思う。特にフロント変速は、あのストロークを押し込むのは結構大変なことだと思う。あと、そういえばSTIといえば、先日自転車屋で久しぶりにSTIレバーを握ったんですが、ブレーキ引いてびっりしましたね。あまりの引きの重さに。ワイヤーの引きが重いというのではなくて、リターンスプリングの強さが半端じゃない(グレードは多分ソラだったかな?上位グレードは構造が異なるので違います)。最近は引きがスーパー軽い状態のVブレーキと油圧ディスクしか使っていなかったので、余計に重たく感じた。どんなに整備してもあのスプリングの強さでは・・・と思う。はっきり言ってすすんで使う気にはなれません。その点で言えば、スラムのダブルタップは素晴らしかったな。重量的にもブレーキの引き的にも軽いし、握り易いし。


DSC00928-001.jpg



まあシフトにしてもブレーキにしても、そういう部分にストレスがあると自転車の楽しさが削がれるわけです。油圧ブレーキは軽くて当然ですが、ちゃんと整備したVブレーキの引きの軽さは無駄に動かしたくなるほど気持ちが良い。各部の回転が良いとか、グリップの握り心地が良いとか、ペダルの踏み具合が良いとか、サドルの座り心地が良いとか、そういう「気持ち良さ」を沢山もっている自転車は、乗るのが心地よく、自然と出撃回数も増えるのです。その人にとっての良い自転車というのはそういう自転車のことを言うのだと思います。

関連記事
comments
 
染谷さん、またまた含蓄のある記事をアップされてますが、私も全く同感です。
乗り心地の良いクロモリロード(ラレーCRF 2008年モデル)にも乗ってますが、もっぱら信号の少ない北摂の里山の道ばかり走っています。
信号が多く段差も多い街中でロードに乗ると妙に力が入りますし、路面の荒れた自転車道もあまりロードで走りたくありません。
また、ロードは前掲姿勢が深いので、レーパンを履いて正装しないとカジュアルだと窮屈で走りにくく、ジーパンなんて論外、トップチューブに擦れて塗装が剥げてくると思います。

>乗った時の気持ち良さ。これは体感的なもので数値化は不可能ですが、速く走れる自転車が気持ちいいとは限らない。
>ハブも使い込んで当たりがでて良く回るようになっており、走行抵抗も少ないため、走りは軽い。この「軽い」というのは、間違っても速度が出るという意味ではない。

私にもその感覚分かります。
例えが悪くて恐縮ですが、体に馴染んだバイクは身障者の方が使われる義足の如く体の一部のようで、乗っていて安心感があって気持ちがいいです。
私が街乗りに太いタイヤを履かせたレトロなクロモリマウンテンバイクばかり乗って、出撃回数が多いのもその為だと思います。
なお、ドロップハンドルのデメリット解消の一つがディスクブレーキ化で、シクロクロスやツーリングバイクならありだと思いますが、細いタイヤの、しかも集団で走るロードのディスク化については私も懐疑的です。

P.S. よろしければ私のブログのお気に入りブックマークに貴ブログのリンクを張らせて下さい。
Re: タイトルなし 
舗装で信号が少なく快走できるなら、ロードバイクは大変気持ちいいものですよね。もちろん競技(ロードレース)を本質とする自転車ですから、そのように作っているわけですが。

僕はディスクブレーキロード自体はよいとは思っています。ロードバイクの使い方がプロほど限定的でない一般人の方が必要な人がいるだろうと思います。ただ、危険性がありながら競技での使用を進めようとするのがおかしい。あと、互換性の問題です。新しいものを出すのは良いのですが、新製品や力の入った製品が、新しい規格でしか作られなくなってしまうのが問題です。27.5が盛り上がってから26インチの製品がかなり少なくりましたし。なお、個人的な好みで言えば、ディスクロードは要らないと思います。ロードはキャリパーで不満を持ったこともありませんし、なにより見た目的にキャリパーの方がスッキリしていて格好良い。


>私が街乗りに太いタイヤを履かせたレトロなクロモリマウンテンバイクばかり乗って

何年も乗り込んで自分に合わせた自転車は本当に良いですよね。ハンドルの位置、レバーの角度、サドル、ペダル、全部が欲しい所あって、使い心地も身体に染み込んでいて身体化している。そしてやはりクロモリは良いですね。最近中古でエスケープが安く売ってたので買いましたが、最大の魅力であるスピード感はあたらめて素晴らしいと思いました。が、乗ってる時の気分の良さや乗り心地の良さ、単純な楽しさという点ではクロモリのサーリーには敵わない。重量的にはクロモリの方が重いですが、何故か上りは明らかにクロモリの方が楽に感じるのが不思議です。
Re: Re: タイトルなし 
あ、書き忘れましたが、リンクの方は全然問題ありませんのでどうぞよろしくお願いします。
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS