愉しい自転車&生活

19

Category: [その他]雑記

Tags: 考え  

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 2  Trackback 0

序列化と画一化


なにやらまたレース界はロードレースにディスクブレーキは必要か否かでもめてるらしい。

普通に考えれば選手側の主張が正当だと思う。
いま、ロードバイクではキャリパーブレーキが主流ですが、選手側の言う「キャリパーとディスクではブレーキのタイミングが異なる」(ディスクのがギリギリまで速度を保てる)というのは、集団走行をする上では確かに危険でしょうし、集団落車が起こった際、剥き出しの熱をもったローターは脅威でしょう。これらの問題に手を打たずしてディスク化を進めることに反対するというのは、至極真っ当な主張だと思う。少なくとも今のまま導入するのは安全性に寄与しない。危険性を持っている。にもかかわらず、どうやら是非ともディスク化を進めたい力があるようで。

もしディスク化すれば、フレームも、ホイールも、STIレバー(メカニカルディスクは別として)も変わる。キャリパーブレーキの車体とディスクの車体は一番値が張るような高価な部分で完全に互換性を失うことになる。もうほとんど別物である。もし、プロレースの世界で一気にディスクが進めば、メーカーは一般消費者向けのロードバイクについても、トップグレードから一気にディスクロード化の流れにもっていくことができる。レースでキャリパーが淘汰されてしまえば、キャリパーは古い規格で過去のものとされ、新しいディスクロードの規格がメインとなり、「消費者」はキャリパーブレーキの古いロードバイクを買い替えていくことになる。

いまのスポーツ自転車は、自転車本体も、パーツも、プロレースを頂点として序列化されている。プロの使う最高性能のトップグレード機材から、初心者の使う低性能の安物機材へ。格付けがされている。本来、トップグレードの機材は、極めて特殊な世界、特殊な状況下にある人間=プロレーサーが使うような特殊なものである。それを一般人にも沢山買わせるためには、機材の格付けが必要なのだと思う。「グレードアップ」と称して、コンポを買い替え、ホイールを買い替え、フレームを買い替えていく。最後、最高級機材まで行きつかせるためには、上位グレードほど高品位で高性能、高耐久で速く楽に走れると思わせ、そして、そのどうでもいいレベルの差がさも重大なことであるかのように喧伝しなくてはならない。


DSC00747-001.jpg


いま僕はフリクションのWレバーを使ってますが、最新が最も優れたものとするならば、変速時にハンドルバーから手を離さなければならず、自分でワイヤーの巻き取り量を加減する不確実で遅い変速システムなど、「不便」なだけで何のメリットがないものでしょう。

確かに、最新の電動コンポなら比較にならないほど圧倒的に正確で速く、楽に変速できる。それは事実だ。しかし、それは電動コンポの方が格上であることを意味しない。ディレイラ―の位置決め以外、特に変速調整は必要なく、ワイヤーの伸びも関係ない。8段でも、9段でも、10段でもそのまま対応でき、レバー動作も軽い。ハンドル周りの美観にも貢献する。使い方や、合わせるバイク次第では、今の時代においても全くの実用品である。むしろ、電動コンポとかカーボンホイールとかカーボンフレームとかの方が到底「実用品」とは言い難い。

長くなってきたので一旦まとめると、レースでの安全性が確保されていないのにディスク化を進める、ということは、安全なレース運営よりも上位に何か別の目的がある。それは指摘している人は沢山いるけど、ようは「金」だろうということ。ということはつまり、現場の人間の安全よりも、金儲けの方が価値があるとする価値観がまかり通っているということ。そして、市場(大部分の消費者)がプロレースで採用すれば儲け主義で生まれた製品だろうが何だろうが喜んで買うということ。で、そういう体質を作るためなのか、スポーツ自転車に対する見方や楽しみ方などが、非常に画一的にされていること。

僕もずっと世間で流布される「常識」の中で自転車と接してきたけど、最近思ったのは、自分に必要なのは自転車の知識や経験ではなかったんだということ。必要なのは、もっと自由に自転車と関わり、もっと自由に乗ることだった。いまは話題が競争や速く走ることばかりで、高い機材に買いかえていくことが自転車趣味であるかのような風潮が強すぎるんじゃないだろうか。でも、それは自転車趣味のほんの一側面に過ぎないのだ。そうではない自転車の楽しみを探求することと、それを宣伝する(笑)ことが自分のやることかなといま思っている。


関連記事
comments
 
久しぶりにコメントします。
とても同感です。
私はレース活動をしてきましたが、速いほうが良いと盲信的になってました。それがあたかも本質かのように感じていましたが、自転車で旅して考えが改まりました。
Re: タイトルなし 
競争それ自体が楽しみであるなら、別に自転車である必要がありませんからね。競争ばかり、新規格、新製品の追っかけばかりでは、いつまでもたっても自転車は「流行り=ブーム」に過ぎず、文化としては成熟しないと思います。
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
10
11
12
13
15
16
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2017 < >
Archive   RSS