愉しい自転車&生活

14

Category: [その他]雑記

Tags: ---

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

自転車で家を出れば、それはすでにアドベンチャーの始まりなんだ


日本のサーリー取扱店の方たちが昨年サーリーの会社訪問をした時のことをブログに書いているのを、最近発見して読んだのだけど、やっぱサーリー良い。心から自転車を楽しんでいる人達が作っているんだというのがよく分かった。

一番最初に読んだ訪問記。楽しい感じが分かってとても良い。
http://blog.chillnowa.com/?eid=931

検索すれば他のショップの方が書いた記事も出てくるので、複数の視点からのレポートが読めて面白いです。


この記事のタイトルは上記のブログ(の次の記事)で紹介されていたサーリーのスタッフの言葉ですが、僕がそう言われて「うん、本当そう」と共感できるようになったのは多分ごく最近の話だ。サーリーに限った話じゃないけど、アメリカ人の遊びに対する真剣さは凄いと思う。大胆でダイナミック、そして自由。以前ブログに書いたけど、自転車を楽しむってどういうこと? それを教えてくれるのがサーリーのバイクだと思う。

サーリーのスタッフの楽しみ方を見て(読んで)いると、自転車から始まっているが、決して自転車だけに留まっていない。自転車があることで広がっているのだ。世界が。


”自転車で家を出れば、それはすでにアドベンチャーの始まりなんだ”

”HAVE FUN and Be Yourself !! ” = ”楽しむには、自分で発見しろ”

”SURLYの楽しみ方に、正解はない。好きな様に 乗ればいいさ。”



うちの自転車はこんなに凄い技術を使ってます、こんなに高級な素材を使ってます、こんなに速く走ります、買って買って。という誘惑はサーリーというメーカーにはないでしょう。むしろ「欲しい奴が買えばいい」、「分かる奴が買えばいい」、「つーか分からん奴は買わんでいい」とぶっきらぼうに言い放ちそうだ。なんたって、わざわざメーカー名を「無愛想な」という言葉にするくらいですから。でも、無愛想に見せてその実、自転車楽しいぜ、楽しんで乗ろうぜ、と誘っているのではないかなと思う。


いつか僕もミネアポリスに行って訪問してみたいな。
DSC00638-001.jpg


関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS