愉しい自転車&生活

15

Category: [アフリカ]タンザニア

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

この先のルートについて


前回、最後に書いた通り、ルートを変更したので今回はそのことを。


まず、一番最初の予定では

タンザニア→マラウィ→ザンビア(もしくはモザンビーク)→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南ア
route1.jpg


以上の順で下っていくはずだった。



しかし、今の予定は
タンザニア→ウガンダ→タンザニア→ザンビア→ジンバブエ→南ア→スワジランド→南ア→レソト→南ア(余裕と気持ちがあればナミビアのウィントフックゴールにするかも)
route2.jpg

という感じになっています。これで確定だと思っているのですが、最初の予定の時も確定だと思っていたので、実際どこを走るかというのは、もう僕にも走ってみるまで分からない。ただ今のところはこのルートで行くつもりでいます。


まず、ドドマまで下っておいて、いまさら何で北上してまでウガンダって理由ですが、これは本当に、真面目に、「ちょっと行ってみたいと思ったから」というだけです。単純にザンジバル島に居る時に思い立っただけの、ただの気まぐれみたいなものです。ウガンダに何があるのかと聞かれても、ビクトリア湖とナイル川、ルウェンゾリ山地、エルゴン山があることくらいしか分からない。むしろ何があるか分からないから行くといいますか。

僕はアフリカを縦断したいと思っているけど、別に縦断という「結果」が欲しくてそうするわけではなくて、まず第一義的にアフリカを楽しみたいわけです。上から下までこの大陸を楽しみたい。「走りきった感」が欲しいという気持ちもちょっとあるけど、だからといって漫然と距離をこなして走りきっても、僕にとってはそれでは意味がないのです。縦断するために走るのではなく、楽しむために縦断する。


で、話を進めると、ウガンダの後は南下するので普通にタンザニアへと戻ります。ウガンダの西にはコンゴがありますが、とてもじゃないが行ける状態の国ではないのでパス。面白そうな気はするけど。

タンザニアに戻ったら、次はザンビア。マラウィを却下したのは、ビザ代100ドルという問題もあるけれど、当初マラウィ湖を見たいから行きたいと思っていたマラウィなんですが、僕の今の気持ちとして、マラウィ湖ではなくタンガニーカ湖を見たいと思っている。両方行けないことはないけど、行こうとするとマラウィ走行が少なくなるのでビザ代も勿体ないし、それにマラウィはギブミーマネーコールが酷いらしいのですが、それはエチオピアで散々言われてもう飽きたから、できればもう聞きたくない。

どうしてもマラウィ湖を見たいと思ったら、タンザニアでも見ることができるのでタンザニアで見ようと思う。ただマラウィ湖へ行くには下るので、ザンビアに向かう時に上らなければいけないということであり、ちょっと面倒くさいから今の所行くつもりはない。タンガニーカ湖だけで十分と感じる。タンガニーカ湖に行きたい理由はウガンダと同じです。


そしてザンビア以降の南部アフリカ。青線は鉄板ルート。赤は予定ルート。
south.jpg

まずジンバブエ。
ここは最初から行く予定で、この国が予定から外れることはない。グレートジンバブエを見たいので、必ず行く国。

そして当初はジンバブエ以降は、ボツワナ、ナミビアで南アという鉄板ルートの予定でしたが、そもそもボツワナもナミビアも大して行きたくないことに気が付いたのでやめた。ボツワナは動物が簡単に見れるのは楽しいかもしれないが、道が平坦で一直線の草原で、あまりにもつまらなそうだから正直走りたくない。動物だって見るだけならいいけど、襲われる可能性もあるから怖いしね。

ナミビアは、なんといっても砂漠ですが、砂漠はサハラで結構満足してるから今さらそこまで見たい気にもなれないし、ヒンバ族という有名な民族もいたりするけど、特に会いたくないもないので行く理由がない。荒野を走るのは楽しいだろうけど、できればもう少し変化に富んだ風景を走りたい。人口密度が低すぎて人との触れ合いも少なそうだし。


というわけで、じゃあもうジンバブエからそのまま南アに入って、ついでにスワジランドとレソトを通って、通り道だからケープ・アグラス(アフリカ大陸最南端)にも立ち寄ってから、喜望峰に行けばいいじゃん、ということで話がまとまった次第。レソトは山岳国家だから間違いなく風景は良いと思う。スワジランドは分からないけど、まあ通り道だしビザ代もかからないので行こうと思う。南部アフリカの東側はどんな風景が広がっているのか全く知らないので、そこが凄く楽しみ。多分ボツワナとか走るよりは道的には楽しいんじゃないかなと思う。というか、幹線道路を外して楽しそうな道を選んで走るつもりだけど。

そしてケープタウンの後は、そのままヨーロッパに飛んでもいいし、気持ちがあれば最後にナミビアの荒野を走るのもありかなとちょっと思う。その場合はウィントフックゴールになるでしょう。まあこれは選択肢としてあるってだけの話で、今の所、行くとは考えていない。

以上が変更点でした。一番大きい、というか、見てる人が「え?」と思うのは逆走してウガンダ行きだけだと思うので、長々全部説明する必要はなかったかもしれないけど。


関連記事
comments
 
現在、ナミビアのウィントフックで、明日からナミブ砂漠目指して走るところです。
予定を見る限り大丈夫そうですが、聞いた話ではモザンビーク(中部のみ)が治安激ヤバらしいので、そこには近づかない方が良いと思いますよ。
お互い気を付けて走りましょう!
Re: タイトルなし 
モザンビークは日本人の自転車旅行者で襲われている人がいたので何となく避けようかなという感じでいましたが、そんなに危ない地域があるんですね。

もうナミブ砂漠は見終えた頃ですかね。ナミビアは流石に綺麗ですね。ウガンダとはえらい違い(笑)
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS