愉しい自転車&生活

05

Category: [第二次・欧州アフリカ持ち物]自転車

Tags: シマノ  コンポ  DEORE  

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

コンポ DEORE(9s用を8sとして使用)


アメリカ大陸より継続使用。
DSC09728-001.jpg

ただし、ハブはディスク化に伴い、ディスク用のDEOREハブに交換している。継続で使っているのはFメカ、Rメカ、クランクの3点のみ。厳密に言えば、Rハブのベアリングも継続使用(中古でDEOREのディスクハブを買ったらベアリング入ってなかったもんで、買うのも面倒なんで移植したんです)。アメリカ大陸縦断時は9速だったが、9速も必要ない事と、8速の方がチェーンも手に入りやすく安い(途上国の話)ので8速化した。当然シフターとスプロケも交換している。あとブレーキレバーも。

8速化に関しては正解だったと思っている。一つのチェーンを1万キロ以上とか使う人なら別として、僕は4000㎞程度で換えるので、現地で調達しやすいことは必要条件。スポーツバイクパーツの入手が極めて困難(殆ど無理)な東アフリカにおいても、本格的なスポーツバイクが普及していなくともギア付きのMTBなどは走っているので、6段、7段用(8段でも使える)のチェーンは手に入るし。しかも安いし。ちなみに中南米は首都クラス、あるいは国によっては第二の都市あたりでも、まともなスポーツバイクショップがあったりするので、9段でも10段でも問題はないと思います。


フロントギアに関してはダブル化してある(インナーのチェーンリングは継続使用)。
DSC09729-001.jpg

ギアは38‐22。リアが11‐32。フロントギアに関しては、トリプルは全く必要ないと思います。シマノのMTBクランクだと、トリプルについているミドルギアは32Tだけど、アウターが32Tだと少し軽いが、36Tのミドルがリペアパーツとしてあるので、それを入れれば余程の追い風じゃない限りは平地で不足を感じることもないと思います。下りはどうなんだ、と思った人。下りは休んでください(フルパッキングの海外ツーリングの話)。もし下りでアウタートップに入れて踏みまくるって人はトリプルのアウターが要るかもしれないけど。

正直、コンポはDEOREでも必要以上なくらいの性能なので、金が余ってる人でない限りはここで高級品を入れる意味は限りなく薄いと思います。ALIVIOやACERAあたりでも良いくらい。ただしハブだけはDEORE以上が望ましい。それ以下のハブはシール性が悪いから。

DSC09735-001.jpg


それと、話は逸れますが内装変速について。
正直、金があるなら僕は内装を使ってみたい気持ちがある。ヨーロッパ人は使っている人も多いローロフの内装14段ハブ。あれは一度使ってみたい。

外装変速というのは、実は半分かあるいはそれ以上のギアが重複した重さ(ギア比)になっている。前3、後10なら全部で30段変速ということになるが、ギア比に30段分の幅があるわけではない。説明するの面倒なんで分からない人はここの説明が図もあり分かりやすいです。

最近MTBでフロントダブルですらなく、シングルが多くなっているというのは、つまりスプロケットの多段化が進んだため、11段のスーパーワイドレシオなスプロケットを入れれば、フロントがシングルギアであっても、ダブル、あるいはトリプルに迫るギア比を確保できるからというわけ。それは軽量化にもなるが、何よりもフロントシングルならフロント変速の必要がなくなり、ギア比の重複も一切なくなるため、余計な操作も全くなくなる。例えばフロントダブルの場合、アウターからインナーに落とす際に、そのまま落とすとギア比が大きく変わりすぎてしまうので、一度リアを2段ほど重く(シフトアップ)してからインナーに落とす(スポーツ車に乗っている人なら分かると思います)といった手間も必要なくなる。操作が極めてシンプルになるわけです。

で、内装変速というのもそれと同じことになる。
ギアが外か中かという違いがあるが、ローロフ14段ならそのまま14段分のギア比の幅があるという事。そして、外装11段は途上国でチェーンが手に入らないので選べないが、内装変速であればシングルギアのチェーンになるためどこでも手に入る。さらに、最も輪行時にトラブルが発生しやすいRディレイラ―が存在しないため、そこも旅においては魅力となる。あと停車中にも変速できるので、街中とか、峠では何気に便利じゃないかと思う。


ちょっと本文に関係しない写真挟みますが、シャドーリアディレイラ―というのは出っ張りが少ないんです。
DSC09737-001.jpg



ただし、外装変速機が無いということは、通常の外装変速用のフレームだとチェーンの張を調整できないためそのままでは使えない。例えばサーリーのロングホールトラッカーなどは、そのままではローロフは使えないというわけ。チェーンテンショナーを付ければ使えるけど、ただ、それだと折角外装ギアが無くなりシンプルになる外観も崩れるし、Rメカのように巻き込む可能性も残ったままになる。まあ、別にそれは乗る前に確認すればいいんだけど。ちなみにトロールのエンドは外装変速にもシングルにも対応しているので、どちらもそのまま使えます。

欠点はローロフは値段が高い(16万円なり)。11段ならシマノも手頃な値段で出しているが。あと重い。ハブだけで1.7キロくらいある。ホイールの中心なので、外周部分にあたるタイヤなどが重くなるよりは走行に影響が出ないけど、ちょっと躊躇う重さではある。ローロフハブ、日本人でも誰か世界一周で使わないかな。レポートを聞きいてみたい。


関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS