愉しい自転車&生活

24

Category: [第一次・北中南米持ち物]キャンプ道具

Tags: ---

Community: テーマ-旅の情報・準備  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

ナイフ ビクトリノックス トラベラー


P1010162.jpg


ビクトリノックスの多機能ナイフ。
こちら頂き物です。本当ありがとうございます。
これが無かったら、危うく百均で昔買った汚い缶切りを持っていく予定でした。

全部で15機能。
ラージブレード(大刃)、スモールブレード(小刃)、コルクせん抜き、カン切り、せん抜き、リーマー(穴あけ)、マイナスドライバー(小)3mm、マイナスドライバー(大)6mm、ワイヤーストリッパー、キーリング、ソーイングアイ(糸穴)、ピンセット(毛抜き)、ツースピック、はさみ、マルチフックが付いている。

まぁ全部は使いこなせないだろうけど、缶切り、ラージブレードあたりはよく使いそう。
状況によっては栓抜き、コルク抜きも使いそうだな。


2012年9月27日 追記
IMGP4172.jpg
はじめの時は使用頻度が低かったんだけど、イエローストーン以降はかなり使っている。
玉ねぎ切る時、りんごを切る時など、なんか切る時はほぼこれ。
関孫六のペティナイフの出番がほとんど無くなってきた。
そしてチョコレートクリームをパンに塗って食べる時も、最初はスプーンだったけど
最近はラージブレードですくって塗っている。その方が綺麗に塗れるし、
付けすぎることもないしね。

あとよく使うのは缶きり。楊枝とハサミもたまに使う。
ピンセットは使おうと思ったけど、ふにゃふにゃすぎて使いづらい。
というよりは使い物にならん。
挟む力が必要ないものを挟む時にしか活躍できない(なんじゃそりゃ)。

まぁでも色んな機能があり使い勝手も悪くないので
使えば使うほど便利な道具だと思います。

関連記事
comments
 
缶切りとハサミはあった方がいいよなぁと思い、私も色々見ていましたが
日本の軽犯罪法では刃渡りの制限がないため、それで警察に連れて行かれた人もいるのだとか。
正当な目的があればナイフ所持OKだそうですが
緊急用といった理由ではダメだそうで、野宿生活はどうなんだろうか・・・

コールマンの12徳ハサミと言うのがありますが
マイナスドライバー、マグネット、ナイフ、缶切り、ハサミ、うろこ落とし
レンチ、栓抜き、くるみ割り、ジャーレンチ、ワイヤーストリッパー、ワイヤー切り。
ハサミと缶切り以外は使わなさそう・・・
Re: タイトルなし 
流石にキャンプツーリングしてる人間しょっ引くことはないと思いますよ(笑)余程ナイフチラつかせるとかしないかぎりは。そんな自転車乗りはいないでしょうが。

多機能ナイフはお守り的な感じのところもありますからね。普段使わなくてもある時不意に役に立ったりとか。そのための多機能でしょうし。持ってて損は無いと思います。



> 缶切りとハサミはあった方がいいよなぁと思い、私も色々見ていましたが
> 日本の軽犯罪法では刃渡りの制限がないため、それで警察に連れて行かれた人もいるのだとか。
> 正当な目的があればナイフ所持OKだそうですが
> 緊急用といった理由ではダメだそうで、野宿生活はどうなんだろうか・・・
>
> コールマンの12徳ハサミと言うのがありますが
> マイナスドライバー、マグネット、ナイフ、缶切り、ハサミ、うろこ落とし
> レンチ、栓抜き、くるみ割り、ジャーレンチ、ワイヤーストリッパー、ワイヤー切り。
> ハサミと缶切り以外は使わなさそう・・・
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS