愉しい自転車&生活

24

Category: [アフリカ]タンザニア

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

それぞれの道へ


2016年5月16日

開放的な場所でのキャンプだったので朝も気持ち良い。
DSC05536-001.jpg


野営地から少し走ると、「ナイロビ」という町に到着。タンザニアにもあるんですよ、ナイロビ。
DSC05546-001.jpg




水を買った商店のダダ。ダダはスワヒリ語で"お姉さん"の意味です。ついでに、ババがお父さんで、カカがお兄さん、ママがお母さん。呼びかける時に使える。覚えるの面倒な場合は「ウェウェ(英語でいう所のYou)」が全ての人に使える。
DSC05548-001.jpg


スワヒリ語は凄く覚えやすいので、特に勉強しなくても実践で数回使うとすぐ覚えられます。意欲があれば、日本人にとっては上達は早い言語だと思う。ポレポレ(ゆっくり)とか、かわいらしい単語が多い。

あと挨拶は「ジャンボ」が有名だけど「マンボ」というのもある。初めの頃は、こっちがジャンボって言ったらマンボって返ってきたりして、意味(というかニュアンス)を知るまでは「マンボって何だよ!」と心の中で激しいツッコミを入れていた(マンボの方が表現としては砕けているそうです)。

ちなみに「マンボ」と言われたら「ポア」と返さなければいけないルール。あと「ハバリ?(英語でいうHow are you)」に対してはどんなに具合が悪くても、たとえ死にかけていても「ンズリ(Good)」と返さなければいけないらしい。まあ、死にかけの人間に「ハバリ(調子どう)?」と聞く馬鹿はいないだろうけど。


DSC05549-001.jpg



そしてナイロビを出るとマメの収穫イベント発生。
DSC09199-001.jpg



収穫はタンザニア人と崎山さんに任せて、僕は面白いのでずっと写真を撮っていた。
DSC09205-001.jpg


ダダは崎山さんを気に入っている様子でございます。
DSC09206-001.jpg


採れたもの。あまりメジャーに出回っているものではないようなんだけど、けっこう美味しい。かわりに水とビスケットをあげての物々交換でした。
DSC09207.jpg


野宿地では他の山に隠れて見えずに、朝から探していたキリマンジャロ。
DSC05559-001.jpg



これ、雲がなければ正面にメルーが見えていたはず。実に惜しい。
DSC05555-001.jpg



そして、最初に説明した通りルート違うので、ここで崎山さんとはお別れ。
DSC09211-001.jpg


8月中旬にケープタウンに到着予定の崎山さんとはペースが全く違ってくるので、アフリカで会うことはもうないと思いますが、ヨーロッパの東側か中東辺りでもう一度接近しそうなので、その時に会えたらまたという感じで、再びそれぞれの道へ。

このキリマンジャロ一周、面白そうと思って選んだ道でもあり、更に滅多にないペアランでもあったので、楽しく新鮮で刺激になったし、未舗装になってからは本当に気持ちがよく、自転車である喜びを感じられる道だった。ここを一人で走ったのと、二人で走ったのでは景色の見え方はもちろん違っただろうけど、多分、両方経験しても二人の方が楽しかったと言えるだろうなと思う。一緒に走ってくれた崎山さんには感謝。

なんか一周が終わったみたいなまとめ方ですが、僕のキリマンジャロ一周はここからまだもう少し続きます。が、長くなるので一旦切って次回へつづく。

関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS