愉しい自転車&生活

22

Category: [アフリカ]タンザニア

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

アラウンド・ザ・キリマンジャロ


2016年5月14日

前回、ことの顛末を書いた通り、崎山さんとアフリカ最高峰のキリマンジャロ山を一周する。

ルートはこんな感じ。途中から赤と青で分かれてますが、赤は僕、青は崎山さんが通る道。
無題


僕はキリマンジャロを周った後アルーシャまで戻り、タンザニアの首都ドドマを目指す。崎山さんは一周して再び出発点のモシに戻り、そこからタンザニアの元首都ダルエスサラームを目指す。再びそれぞれの道へ進んでいく。


まず最初に目指すのは「ヒモ」という頼りない名前の町。ヒモから北に進路をとるとキリマンジャロの裾野を一周する道へ入っていく。そこからは一本道なので道なりに進んでいくだけ。標高的には最高点で2000mくらいのはずだし、あくまで裾野をぐるりとするだけなので、難しい道ではないと思われます。


出発の朝。当たり前ですが、これから載せる写真で、僕が写っている写真は崎山さんが撮影した写真です。奥の眼鏡の方が福田さん。
DSC00335.jpg



出発してほどなくした所にあった、とんでもなく太い木。バオバブですね。
DSC05399-001.jpg



ヒモまでは標高も横ばいで車も多く、特に面白い道ではないんですが、時折素晴らしい風景を見せてくる。
DSC05404-001.jpg



そしてヒモの端っこでソーダ休憩を挟んだのち、分岐点を左に曲がり、一周ルートへ。ここから非常に緩い上りで標高を上げていく。
DSC00346.jpg



昼過ぎにマラングという村に到着。ここでお昼休憩。あとで知ったけど、キリマンジャロ登る場合ってマラングから行くんですね。
DSC09149.jpg



道路でうずくまっていたハリネズミ。
DSC09151-001.jpg

このままでは轢かれてしまうと思ったので車道から出しておいた。手で触ったら危ないかなと思ったので足で小突いて転がしたのだけど、今思うと虐待みたいだな。命を助けるためということで許していただきたいと思います。死んでないことを祈る。ちなみに、アフリカではハリネズミはよく轢かれて死んでいるので、遅いか早いかの問題かもしれない。そう思うと切ない。



激写。
DSC09153.jpg


マラングで1400くらいまで標高を上げてからはアップダウン。ただ、キツいアップダウンではない。
DSC05413-001.jpg



絵にかいたような飲みっぷり。
DSC05418-001_2016061903095171a.jpg



僕はこの道はずっと未舗装を覚悟していたんですが、福田さん情報によるとタラケア(本日の目的地)までは舗装らしい。
DSC09159-001.jpg



一緒に走ると、ライディングフォーム、ペダリングとかの違いを見れて面白い。ペダリングについては崎山さんの方が沢山回す。僕は重めのギアで少なめに回してる。
DSC09157.jpg


重めのギアで回しているというのは自覚するところなのですが、理由はまずサドル。僕はブルックスのバネ付きサドルを使っているけど、高い回転数で回すタイプのサドルではないので回転を上げにくいし、そもそもそんな気分にもなれない。アップライトでゆったりと走るための自転車であり、そういう風にしてある。崎山さんが使っているのはセラアナトミカのタイタニコ。細身のサドルなので、僕が使うB67よりも、ずっとレーシーに乗るようなサドルであり、B67とは逆の位置にある。ポジションに関しても前傾が深い。僕がとくに上体が起きているということもあるけど、長期旅行のサイクリストの中で見ても、前傾は深めだなと思った。

まあ、元から僕はあまり沢山回す方ではないんですが。
そういえば実はアメリカ大陸を走っていた時にケイデンスは度々計っていたんですよね。記事としてまとめてみようと思ったことはあったけど、どんどんとそっち方面の興味が失せてきて、ケイデンスとかアホらしいと思い始めたので結局書かずじまいだった。

折角なので、全く関係がないけど、この記事の中に計測結果をねじ込んで成仏させておきたいと思います。条件は平地で、自分が気持ちいいと感じる、無理なく回せる回転数で走り、30秒間で何回回すかを数える。それを倍にして1分当たりの回転数を出すという感じ。

カナダをスタートした旅初めころは80回転を切るくらいだった。70の後半くらい。1ヶ月後くらいに計測すると約80回転。3ヶ月後くらいで85回転くらい。結局、身体が仕上がったあたりでは90回転いくかいかないか位になった。ついでに、急いでいる時の回転数は約100回転まで上がる。これ以上の回転数は無駄に心肺に負担をかけるだけで、逆に90で同じ速度を出そうとすると重くて足にくる。

といった感じです。
今現在は計ってないので知らないけど、たぶん70回転台かな。だからどうしたという話ですが。今はペダルなんて適当にグルグル回しとけばいいんだと思ってる。極力自転車という乗り物に煩わされたくない。


後半に結構きつめの坂があったものの、頑張って上ってタラケアに到着。


ホテルをとって夜は自転車旅談義。
DSC09168-001.jpg

結局、この日は最後までキリマンジャロは見れず。でも、ここ最近ずっと曇りだったので、そろそろ見えるはず。私の勘(希望)がそういっている。


関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS