愉しい自転車&生活

07

Category: [アフリカ]ケニア

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

タンザニアへの道を思案


ケニアも真ん中まで来たところで、僕は考えていた。

「この先どうしよう」と。

そう書くと「今後の人生どうしよう」的な意味に聞こえるけど、この場合はこのさき走るルートをどうしようという意味です。とりあえず、行きたいと思える道は大きく2つあった。一つはナイルの源流ヴィクトリア湖まで出て、そこからタンザニアへ抜けていく道。もう一つはキリマンジャロを目指して、そのまま南下する道。


青線のビクトリアルートと、赤線のキリマンジャロ(というか普通に南下ルート)ルート。
無題


欲張ればどちらも見れる。ヴィクトリア湖を見てから、セレンゲティ、ンゴロンゴロを抜けてキリマンジャロへ行けば、道は割とすんなり繋がっていく。ただ、セレンゲティのど真ん中を自転車で走り抜けるというのは、中々どうしてヒリヒリするようなルートである。危険な動物は肉食のライオンやハイエナなどだけではなく、草食動物だって、決闘したら人間より強いような奴らばかりじゃないか。舗装道路で一日もかからずに抜けられる距離のミクミとはちょっと話が違うし、それに、僕は実はそこまで動物を見たいと思ってない。アフリカ来たんだから何かしらは見れたらいいなと思うけど、それ目的にルートを選定する気はない。加えて、ケニアを進むにつれ僕は「ケニアをさっさと終わらせたい」と思うようになっていた。

DSC05248-001.jpg


なんかね、ケニアって暗く感じるんですよね。治安もそれほど良い国ではないし、経済的には東アフリカの中で一歩進んでいる。ということは、格差の大きさも一歩進んでいるはずである。走行中、街中での絡まれ方も、気分が良いものではないことが増えた。どうも僕には合わないし、雰囲気も好きじゃないので、そういう場所に長居はしたくない。ってことで、さっさと南下して最短でケニアから抜けることに。ちなみに、北部と南部では雰囲気が違う。北の方が雰囲気が良くない。


DSC05249-001.jpg


しかし、あとになって振り返れば、この選択は色々な意味で正解だったと言える。




ドローカルな食堂で。このあと「俺のも払ってくれ」と言われる。散々「チンチャンチョン」と言った後にそれである。決して悪い人ではなかったので、バカにして言ったんではなく単にノリで言っているだけなのかとも思ったけど、あまりに繰り返すのでノリだとしても不愉快ですわ。
DSC09044-001.jpg



ケニアの最高峰で、アフリカで2番目に高いマウント・ケニア。裾野の広さが凄い。
DSC05250-001.jpg


DSC05257-001.jpg


DSC05260-001.jpg



北部とは違って、ケニア山周辺は驚くほど緑が豊かだった。
DSC05261-001.jpg


凄まじい傾斜。
DSC05269-001.jpg



想像以上に豊かな土地だったな。ケニアでこういうのを見れたのは良かった。
DSC05270-002.jpg


白いのが東アフリカでの主食の一つウガリ。ケニアのは少し固いことが多かった。タンザニアのが美味い。マラウィが美味いという噂を聞くけど、どうなんだろうか。
DSC09057-001.jpg



関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS