愉しい自転車&生活

04

Category: [アフリカ]ケニア

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

スカスカのケニア


知ってはいたけど、いざブログを書くとなるとケニアの写真があまりにも少ない。正直に言って僕はケニアが嫌いというか、好きじゃないなんだけど、それが写真枚数に明確に表れている。

とりあえず標高1200mほどあるマルサビットを出ると緩やかに下りながら、標高を600mほどまで下げる。その後しばらくの間は砂漠区間となる。
無題



その砂漠がかなり暑かった。


下りは最高だった。
DSC09037-001.jpg


マルサビットの想像以上の涼しさに油断してあまり沢山の水を積んでいなかったのも失敗だった。日差しの強さは焦げるようだし、吹きつける風はケニア東部のより暑い地方から運ばれてくる温風で全く涼しくない(それでも無いよりはマシだが)。そんな中、遊牧民には「ギブミーウォーター」と水をねだられる。この区間では「マネー」ではなく、ねだられるのは必ず「水」だった。

ギリギリの水しか持ってなかったのは単に自分のミスではある。あのクソ暑い中、自転車で走っている人間に水をねだるなとも思うが、あちらにとってはそんな事は関係ない。自転車でもバスでも金持ちの旅行者には変わらない。しかし、それでも不愉快ではあった。エチオピアでは金でも水でも靴でも、別に何言われても平気だったのに、どうしてケニア人にはこうも苛立つのか。エチオピアをクリアすれば後はチョロいと思っていたら、どうやら人間そう簡単でもないらしい。

その日は暑さにヘロヘロになりながらも夕方にはマルサビットより100㎞先のライサミスという町に到着。ケニアはかなり小さいまちでも宿があるので助かる。しかも安くてもさほど汚くないし。


翌日は曇りだったのと標高も徐々に上げる道だったので、一気に140㎞ほど先のアーチャーズポストまで走ることに。
DSC05239-001.jpg


DSC05242-001.jpg



この虹の出た周辺でハイエナの死体が道路のど真ん中に転がっていた。アフリカ怖いんですけど。
DSC05243-003.jpg


アーチャーズ・ポストの30㎞ほど先がイシオロという街で、ここらあたりが北部ケニアと南部を分ける堺くらいだと思う(たぶん)。モヤレの聞き込みでは「イシオロまではバスでいけ」と言う人もいたんだけど、少し話を聞いているとイシオロまではダートロードだからという理由っぽかったので無視しておいた。しかも、今は舗装化がかなり進んでいて全然ダートじゃなかったし。


一応ここまででマルサビットからイシオロまでの3日間を書いたんですが、これでも手持ちの写真を殆ど駆使しています。いかに撮っていないかが分かる。

関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
10
11
12
13
15
16
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2017 < >
Archive   RSS