FC2ブログ

愉しい自転車&生活

31

Category: [アフリカ]エチオピア

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

エチオピア最後の5日間 舗装路の後編


アワサを出て、アグレ・マルヤムまでの前半200数十キロの未舗装区間はエンセーテバナナが生い茂る熱帯的な風景だったが、アグレ・マルヤム以降の舗装区間は、全く風景が変わる。標高的には下げていくが、風景は熱帯から離れ、雨季の緑豊かなサバンナへと変わる。

DSC05154-001.jpg



そのサバンナからの最後の200㎞は感動的な風景だった。


DSC05158-002.jpg


DSC05171-001.jpg



コンクリートで何も見えなくなってしまった街でもなく、人間の手で変えられてしまった農地や森でもなく、最小限の人家と道路、電線以外は、そのままであろう広大な大地は、太古の地球もこうだったのかと思わせる風景だった。僕は、最後の200㎞をずっと感動を覚えながら走っていた。


DSC05212-001.jpg


風景以外の、何千回も受けてきた子供からの声援も、幼子を背負いながらご飯を作る母親の姿も、牛耕で畑を耕す農夫の姿も、カラフルな衣装を身にまとった民族も、目の前で繰り広げられるエチオピアの日常のすべてが感動的だった。


DSC08990-002.jpg


DSC05201-001.jpg


DSC05219-001.jpg


エチオピア人には、石をぶつけられ、背中も叩かれ、バッグも蹴られ、サンダルや自転車の小物も幾つか盗られた。これほど色々やられた国は未だかつてない。が、それでもなおこの国に対して悪い印象など一つも残らなかった。


DSC05216-002.jpg


あの酸っぱいインジェラも、大人や子どもの「ユー!ユー!ユー!」というかけ声もこの国だけだから、この先はもう無いのかと思うと、やっぱり面白い国だったんだとあらためて思う。間違いなく、僕はエチオピアが好きだった。


DSC05220-001.jpg


確かに腹の立つこともあった。
やられた事とその回数を考えれば、他の国でもあることだし、とは言い難い数ではある。しかし、それを遥かに超える数の楽しさや感動をくれた国でもあった。嫌だと思ったことの何十倍も僕は楽しいと感じて旅をしていた。感動的な風景を最後にエチオピアを去ることができて良かった。もう来ることはないだろうけど、この国を旅することが出来て良かった。というわけで、どうもありがとうございました。


関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2020 < >
Archive   RSS