愉しい自転車&生活

15

Category: [アフリカ]エチオピア

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

エチオピア最大の谷間の手前


タナ湖の南には大きな山が二つある。
タナ湖を流れ出たブルーナイルは、一度南東に進路をとり、その山の周囲をグルりと周って方向を北西へと変えてスーダンへ流れていく。

上の赤丸がバハダールの街。切れてるけどその上にタナ湖。下の赤丸はデジェンというまち。
無題


バハダールを出たあと、山の西側を周り込んで南に向かっていく幹線道路を走れば一度ナイルと離れるわけだけど、東を迂回してきたナイル川が進路を変えて山の南側を西に向かって進んでいく所で、再びナイルと出会うことになり、ここがこの旅でナイルを見る最後の機会となる。で、実は、この場所こそがエチオピアでも、とびっきりの風景が広がっている場所でもある。ただし、標高2500mから谷底の1100mくらいまで下り、再び2500mまで上り返さなければならないので自転車では少し大変な道。


デジェンという小さなまちが、ちょうど谷のふちにある。その向かいにも上りきった所にまちがある。谷底のナイルまで一気に下って、上り返すという道。当然、下りの時点で既に対岸は見えているので、その日の行程を全て視界に収めながらの走行になる。
無題s




まあ説明はこのくらいにして、とりあえずバハダールからデジェンまでは3日か4日くらいの距離。なんですが、ちょっとバハダールでダラけ過ぎたせいで一日走っただけで体調崩したりして、実際はもう少しかかった。
DSC08639-001.jpg


こっちの人がよく噛んでいるチャットという葉っぱ。一枚もらったけど苦かったので、渋い顔で「不味い。苦い」って言ったらウケていた。こういうのは正直に言った方が結構面白がられることも多い。
DSC08636-001.jpg


外国人が納豆を食って「オヴェ」ってリアクションしたら面白いじゃないですか。それと一緒。もちろん気を遣うべき時だってあるけども。




岩が凄いなと思って撮っていたら前に入ってきた少年。この出たがりめ。
DSC08641-001.jpg



エチオピア、アップダウンはあるけど、さほどキツくはない。ゴンダールまでが少し勾配が強いけど、それ以外はせいぜい普通程度の勾配しかない。激坂と呼べる場所は多分なかった気がする。
DSC08651-001.jpg



さあ、そして凄く端折りましたが、6日くらいかけてデジェンに着いたわけである。まだ日没まで時間はあるけどここでストップ。下っちゃって、翌日の朝、涼しい時間に上るというのもアリだけど、まあ多分大丈夫でしょう。距離的には大したことないから。
DSC08661-001.jpg



エチオピア正教の教会。
DSC08664-001.jpg



エチオピアっ子。
DSC08666-001.jpg


やはり積極的に前に出る子が得をする。ドンマイ、後ろの子。
DSC08667-001.jpg


さあ、大変そうだけど楽しみだ。


関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11, 2017 < >
Archive   RSS