愉しい自転車&生活

13

Category: [アフリカ]エチオピア

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

エチオピア入国


スーダンでお昼をとった後、そのままエチオピア入国。

イミグレの職員が女性だったんだけど、これはスーダンではあり得ない。そしてイミグレがまるで「ぽくない」感じだったので、イミグレだとは思わず、滅茶苦茶適当な返事をしてしまっていた。スタンプもらえたからいいけど。


エチオピアというのはサイクリストの間でもバックパッカーの間でも、ぼったくりやら投石やら何ならで、結構悪く言われたりする国なので僕も心の準備はしていたのだけど、確かにそういう面はあるけど、いざ入ってみれば不愉快より、圧倒的に元気をもらうことの方が多かった。


走行中に声をかけられる回数は圧倒的に増えたけど、バカにしているというより、好奇心からのものにしか見えない。少なくとも初日に関してはぜんぶ歓迎だった、と思う。
DSC08470-002.jpg



標高を上げるまでは暑いので休み休み進んでいく。
気温的には日陰で34度くらいだったかな。乾燥しているので日陰にいればそれほどでもない。風もあったし。
DSC08477-001.jpg



ブログには書いてなかったけど、ドイツのドレスデンで現地の大学生にこのプルタブをもらっていた。
DSC08476-001.jpg


「これを見れば辛いことも乗り切れるぜ」と爽やかに言われて渡されてから、一応ずっと財布の中に保管していたんだけど、まあ正直言って、もらった瞬間は「いや、ゴミ・・・」と思った。役目を終えたプルタブなんて、一般的に言えば間違いなくゴミですからね。普通に渡しても「要らねぇ」と捨てられるのが落ち。でも、ここが人間の人間たるところであると思うけど、このプルタブに関しては本当に見ると少し元気が出る。

これはつまり、プルタブが初めからゴミとしてあるわけではなくて、人間がプルタブをゴミとして見るからゴミになるわけで、僕にとってのこのプルタブは、あの大学生からのエールの言葉を思い出させる、そういう意味としてあるもの。

人間的意味から切り離された、物そのものというのは存在しない。逆に言えば、人間にとっての意味としてのみ全ては存在する。これを2500年前に看破したのがプラトン。真に実在するのは馬ではなく、馬のイデアだ、というイデア論の話。話逸れましたが。



DSC08486.jpg



止まって写真を撮っていると何処からともなく湧いてくる。「湧いてくる」って表現的には相手への当たりがキツイけど、本当に「湧いてくる」という言い方しかないくらいの感じで彼らは来ますからね。
DSC08489.jpg


エチオピア人のファランジ(外国人)を発見する嗅覚の鋭さたるや野犬並みで、また追いかけてくるところや、こっちが追いかけると逃げるといった反応も野犬と一緒。


しかし、ちゃんと見てみれば子供たちはこういう表情をしている。この顔つきを見れば分かると思うけど、彼らは決して悪気があって追いかけたり、しつこく声をかけてきているわけではない。
DSC08492-001.jpg


折角こっちに興味持ってくれているのに無視してしまったら何もプラスがないので、今回の旅は極力応えるようにしている。逆に、無視ってする方も結構大変で、しかも決して気持ちいいものでもないから、自分自身にとっても良くない。鬱陶しいからといって、無視してやり過ごすと、どんどんつまらなくなってくるし。相手はタフなハートのエチオピア人だから何とも思わないかもしれないが、少なくとも楽しくはないでしょ。まあこっちが応えたところで相手にとって良いかどうかってのも知らないけど。


DSC08495-001.jpg


と言いつつも、その日の気分によっては普通に半分以上無視することもあったりするんだけど。これはまあ言い訳だけど、このあいだ1時間に何回声をかけられるか数えたら75回だったんですよ。つまりもしフルに8時間走ったとして、一日に600回声をかけられるわけだ。これ全部応えようとしたら流石にストレスにしかならない。半分無視したって、300回は何かしらのリアクションするのだから、十分でしょう。


DSC08502.jpg




DSC08503-001.jpg


この日は野宿のつもりだったけど、夕刻、大きめの町を過ぎた所での検問で止められて「夜はたまにデンジャーだ」と言われた。「たまに」ってなんだよと思ったけど、少し迷って町まで引き返してホテル泊にした。僕よりも数か月先行して走っていた崎山さんブログを見ると、どうやらその時は部族間紛争で銃撃戦などもあった直後だったらしい。僕が入った頃には、もう時間も経っているので見たところ平常モードなんだけど、やっぱちょっと怖いんで無理はしない。


DSC04830-001.jpg


とりあえずエチオピア初日は普通に楽しかった。
そして、早速不味いと評判のインジェラも食べたんだけど、長くなるんで感想はまた今度。

関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09, 2017 < >
Archive   RSS