愉しい自転車&生活

23

Category: [アフリカ]エジプト

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

ピラミッド観光


2015年12月22日続き

というわけで、とりあえずピラミッドを拝みにいきます。
DSC07333-001.jpg


で、このピラミッドに入る前に一悶着あった。
まず敷地内に入るのにゲートをくぐる必要がある。それをくぐって坂を上っていくと、チケットオフィスの手前に二つ目のゲートがある。この2つのゲートの一つ目を通ろうとしたら警備をしている警官が「自転車は駄目だ」と・・・。きたきたきた。意味不明のルール。

概ね以下のような感じの会話だった。

「いや、ちょっと待って。車通ってるよね」

「車はオッケーだ。でも自転車は駄目だ」

「いやいや車もバスも歩行者もよくて、自転車だけダメなわけ?」

「そう。自転車は駄目。」

「なんでだよ」

「・・・さぁ」

「自転車のが小さいし、排ガスも出さないじゃん。なのになんでダメなわけ?」

「とにかく駄目だから、あっちのパーキングに止めろ」

「わかった。乗るのが駄目なんだな。じゃあ押して歩けば問題ないだろう」

「押してもダメだ」

「なんでだ」

「・・・さあ」


こやつ話にならん。自転車以外全部よくて自転車だけダメ。これを嫌がらせと言う以外に何と言えばいいのか。普段、街があれほどごった返していて、ルールもへったくれもないような状態なのに、ハイウェイでも自転車走れるのに、こういうところで意味不明の厳しさ発揮してんじゃねぇ。

向こうからしたら車というのはステータスなんだろう。金を持っている証。そして観光ってのは車でするものだ。だから車ならピラミッドの目の前まで行ける。ウェルカムだ。でも自転車は貧乏人の乗るもの、もしくは仕事で使うものであり、観光地には入れてはいけない。観光に来るのに使うものじゃない。

DSC07338-001.jpg


本当にそういう心理があったかどうかは分からないが、エジプト的基準からしたら、自転車は駄目らしい。しかしね、何故駄目なのか理由がないのに駄目という、そんな意味不明なことでは引き下がれないし、何より敷地外にとめておくのは不安過ぎるので粘る。粘っていると、観光客を馬車に乗せて稼いでいるおっちゃんが「こっちだ!こっちにとめろ」と助け船を出してくれた。何故そこを警備する人間よりも馬車のおっちゃんの発言のが強いのかは謎だけど、そのお陰で第一ゲート突破。そして馬車のある場所にとめさせてもらったのだけど、そこからの客引きがこれまたシツコイんだ。

平気で「歩いては入れない。馬車に乗らないと入れない」と嘘を言ってくる。いや、すぐ目の前を歩いてピラミッドに向かっている人がいるんですが。とりあえず「入れなかったら戻ってくるよ」と言ってチケット売り場に向かうと、ウソがもう通用しないと判断したのか「チケットは高い!80ポンドだ!馬車は60で入れる!」と歩いて入れることをしれっと認める発言。ピラミッドに入ってもいないのにイベントが盛りだくさん。こういうのはヨーロッパではあり得ないので楽しい。


DSC07337-001.jpg



ずっと話しかけてきた人。旅行会社で働いているらしい。勝手にガイドしてお金を要求するというのはよくある話だけど、この方は単に親切だった。下心があるかないかは、表情、顔つきなどをよく見れば結構分かるもの。
DSC07340-001.jpg



結構広くて歩き回るのも面倒だったのでスフィンクスなどは見なかった。とりあえず現代よりもずっと大きい古代世界のスケールを感じられたのでそれで満足。



ピラミッドからカイロまでは一本道なので迷いようはないが、カイロに着いてからが大変だった。

ギザの街
DSC07344-001.jpg

同じ場所から今度は逆、カイロの街
DSC07345-001.jpg


毎日恒例のトラフィックジャム。何度も渡っていると段々とムカついてきて本当に信号つくれよと思う。毎日休まずこのゴタゴタを性懲りもなく繰り返すのだから馬鹿なんじゃないかと思えてくる。
DSC07348-001.jpg



難航を極めたのが宿探し。
適当で簡単に見つかるだろうと思い本当に何も調べていなかったのが間違いで、全然見つからない。ホテルのホの字も見つからないのでおかしいと思っていたら、どうやら迷っていた場所がローカルエリアだったらしくて現地人向けのホテルしかない。つまり全部アラビア語で書かれているから僕には読めないし、そもそも現地人向けのホテルにはツーリストは泊まれないらしい。そんなルール初めて知った。

人に聞きまくって親切なエジプト人に案内してもらって何とか辿りついたホテルが一泊35ドルという値段。高いがもう探すのが嫌過ぎて一泊した。それに、案内されといて言うのもあれですが、あまり知らない人についてくの危ないし。良い子はちゃんと調べていきましょう。


ヨーロッパでは雹が降っても我慢したんだけど、これ以上夜歩くよりはマシ。
DSC07352.jpg


ここでちゃんと調べてから翌日もっと安いホテルに移りました。
セシリアというホテルに泊まったのだけどベッドが想像以上に綺麗だった。連泊したいところだったけど、予約でいっぱいということで2泊で追い出され別の所に移動。結局カイロには4泊ほどしました。



美しさの欠片もない汚い街並み。空の濁り方も尋常ではない。
DSC04485-001.jpg


カイロ滞在では、輪行時にトラブったクイックリリースを交換、いくつか自転車パーツを補給して用事は終了。特に見たいものはないので博物館などは行かなかった。写真もあまり撮っていない。大体エジプトってのは汚いから街で積極的に動く気にもならない。エジプト人は好奇心旺盛で楽しい人が多いが、こんなゴミだらけで排気ガス臭い場所は二度と御免。というわけなので、ここからはエジプト警察に全力を出してもらい早々に南下してしまう予定。どういう意味かは、まあ次回分かります。



DSC04483-002.jpg





関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
18
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS