愉しい自転車&生活

15

Category: [第二次・欧州アフリカ持ち物]キャンプ道具

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

ソーラー&手巻き充電式ライト


ヨーロッパ走行中、インタースポーツで購入した(デカトロンにも類似品は売っていた)。
DSC06953.jpg


このライトが非常に便利。
日中はソーラー充電し、使う時は上に吊るして全体を照らす。8ルーメンという明るさだけど手元を照らす分には必要十分で、逆に明るすぎるライトでは見づらくなってしまうので丁度良い。大きさも小さく使い勝手が良いため、使い始めて1日でお気に入りの品となった。


使っていればだんだん暗くなってくるわけだけど、そしたら手巻き充電で復活できる。それまではオウルアイのライトを使っていたけど、秋から冬にかけてのヨーロッパの晴れの少なさと太陽光の弱さに充電が進まず、つけっぱにして使うということができなかった。しかも手元を照らすには口にくわえなければならず、あのライトは口にくわえておくにはデカくて重い。ヨダレもたれてくる。


DSC06400.jpg



もし何らかのときに懐中電灯として明るいライトが欲しい場合はオウルアイを使えばよいし、普段のキャンプ生活ではこの小型ライトで十分。大して使用しない予備充電池と充電器を持ち歩く必要もなく、よい組み合わせになって満足。

関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS