愉しい自転車&生活

03

Category: [欧州]オランダ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

風の国、自転車の国、オランダ


ドイツとの国境から見たオランダ。
DSC03798.jpg


両端の赤い部分は自転車の走行レーン。中央の車道にある障害物は街中で車の速度を落とさせるためのもの。これがある国はオランダだけではないのだけど、それが必ずしも「機能している」こととは一致しない。オランダは完全に機能している。


自転車道のすばらしさを伝えるための写真を撮っていないので分かりやすい写真がないのだけど、こういう感じで完全に整備されている。標識もばっちり。
DSC03809-001.jpg


街中の階段もこれである。
DSC03815-001.jpg


極めつけの標識がこれ。自転車のための専用地図。
DSC03800-001.jpg


これが要所要所にあるので、何処に行くかはこれを見てればオッケー。地図なんかいらないわけである。しかも、道に番号がついており、単純にその番号を追って行けばよいので、細かいまちの名前を知っている必要もない。街中も完全に車と分けられているのでストレスはない。構造的には、ほぼ完成されていると思える。

しかし、これはオランダという国だからできるもので、たぶん他の国は真似できない。非常に小さな国で山がない平らな地形。この条件に加えてオランダ人の人間的レベルの高さがなければ、これほどの完成度にはならない。一つの街とか、一定の地域単位でなら日本などでも可能かもしれないけど、国全土にわたってこのレベルは不可能と思う。

日本も小国と言われるが、日本は決して小さい国ではない。もちろん大きい国でもないのだけど。日本以上に大きな国は沢山あるが、それ以上に小さい国は沢山あるわけだ。日本はオランダの10倍もの面積があるし、実はドイツよりもちょっと大きいくらいなのだから。ただ、小さくはないが間違いなく「狭い」国ではある。


それと、オランダは風。
DSC03802-002.jpg


常時風が吹くうえに、平らでひらけた風景が、よりその風を感じさせる。
DSC03826-001.jpg

DSC03757-001.jpg


風車が多いくらいだから、言うまでもなくそうなのかも知れないが、風車のある風景ではなくこういう風景に風を感じる。
DSC03762-001_2015120320390430d.jpg


DSC03840-001.jpg


DSC03838-001.jpg


ゴミ箱です。
DSC03831-001.jpg


もっと居たいと思った国だったが、とにかく寒かった。
日本からドイツに来て、季節が一ヵ月進んだと思ったけど、オランダに入ったら急にもう一ヵ月進んだような感覚で、走っても走っても身体が暖まらず、このまま寒くなっていったらヨーロッパ無理なんですけど、と思ったくらいなのだけど、あとで聞いてみたら「これは10月ではなく、11月の気温だ」と言われたので、体感はばっちり合っていた。ちなみに南仏で同じくらいの気温を強風の中走ってもそれほど寒く感じない(太陽が強いのもあるが)ので、「慣れ」というのはありがたいもんである。

関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS