愉しい自転車&生活

17

Category: [第二次・欧州アフリカ持ち物]自転車

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 4  Trackback 0

フレーム SURLY トロール


Surly 【形容詞】 意味:無愛想な、むっつりした

鉄のフレームで重量は重く、単色で安っぽい塗装。フレームのブランドロゴは塗装ではなくて、ただのシール。流行の空力なども一切考えていない。完成車の値段も決して安くはない。消費者の購買欲をそそるような革新的技術も、軽さも、剛性も、空力性能もない。こんな自転車じゃ全然速く走れんよ。そのブランド名の通り、とても「無愛想」な自転車をつくっている。

すこし前よりは多様になってきたとは思うけど、競技志向が強い今の市場においては、「売り」となるところの無い自転車であるのに、しっかりと一定のユーザーを獲得する。こと海外自転車旅行に関しては、サーリーの強さは圧倒的とも言える。サーリーを使っている人はそれほど多い。

サーリの自転車は、ブランドストーリーにも少し書かれているけれど、現代の自転車マーケットに対するアンチだ。
軽さだの空力だの、自転車ってはそんなんじゃねえんだよ、自転車の本当の面白さってのはこうなんだよ。そういう主張が感じられる。だから面白い。自転車はもっと色々な場面で活躍できる可能性をもっているし、まだ発見されていない新しい面白さが隠れている。それを開拓しようとしているのがこのメーカーじゃないかと思う。

DSC00295-001.jpg


今回使うトロールは、MTBをベースにツーリングや街乗りをはじめ、何にでも使えるようにつくられた車種。元がMTBなので当然山も走れるし、キャリアを付けてツーリングや、実用としても使える。シングルスピードにもできる。ディスクブレーキも使えるし、Vブレーキも使える。装着可能なタイヤは26×2.7という太さまで保証されている。リアは微妙だけど、フロントは間違いなくもう少し太いもの(26×3.0)も入ると思う。一応元は26インチだけど、27.5インチも入れられるし、やろうと思えばタイヤの太さに制限は出るだろうが多分29インチも入るでしょう。

トロールは「どうぞ好きなように料理してくれ」というメッセージの入ったフレームだ。
ただ、何でもできるからといって、何でも得意なわけではない。むしろトロールの場合、得意というほど得意な分野が無い。でも不得意というほどのものもない。頑丈でカスタムの幅が広く、これといった苦手な場面をもたないというのは、あらゆる環境で走る必要のある人にとって、これほどありがたいことはない。

どこをとっても一番にはなれないが、用途を絞り込んでないが故に、あらゆる方向に可能性が開かれおり、基本骨格(フレーム)=それを元に自転車を組み上げていくベースとしては汎用性に優れたものになっている。

DSC01726_201508172110244c0.jpg


ちなみにトロールは北欧の伝承に出てくる妖精だけど、ウィキペディアにこんな風に書かれていた。

「北欧ではトロルド、トロールド、トラウ、トゥローと呼ばれる。当初は悪意に満ちた毛むくじゃらの巨人として描かれ、それがやがて小さい身長として描かれている。変身能力があるのでどんな姿でも変身できる。

なるほど、トロールと命名したのはそういう意味もあるのね、と思った。


関連記事
サーリーは楽しい
トロールとりあえず乗れるように
サーリーのトロール
世界一周のための自転車
ロングホールトラッカーとトロールのツーリングバイクとしての違いについて


関連記事
comments
トロール組みました 
初めまして。
去年からちょくちょく見させてもらってますが、初めて書き込みます。

ここでトロールについての記事に出会ってから自分も惚れ込んでしまい、
今年に入ってやっとフレーム購入にこぎつけました。

好みのパーツを吟味しながら少しずつ組み立てていましたが、
ようやく、先日ついに完成しました。

https://goo.gl/photos/8vF1uypUPVz1Y7s16

写真は前後3インチ幅のタイヤを履かせています。
これ、すごく楽しいです、ちょっと重いけど。

街乗りやツーリングも大好きなライトなMTB乗りの自分にとって、
トロールの汎用性は本当にツボでした。

このブログに出会わなかったらきっと自分には
サーリーなんて選択肢は無かったと思います。

きっかけをいただいた染谷さんにひと目見てもらいたくて
つい書き込んでしまいました。

旅の続き、ぜひ気を付けて行ってらしてください!
Re: トロール組みました 
はじめまして。
写真見させていただきましたが、とても良い!実用的で楽しそうな自転車で僕も乗ってみたくなります。 3インチのタイヤもちゃんと入るのですね。リアは結構ギリギリそうだったのでどうなのかな、と思っていました。僕のトロールもあまり見慣れない感じですが、あーるさんのトロールも存在感があるので街を走ると注目されそうですね(笑)
わざわざコメントと写真まで見せていただけて、大変うれしく思います。ありがとうございました。


> 初めまして。
> 去年からちょくちょく見させてもらってますが、初めて書き込みます。
>
> ここでトロールについての記事に出会ってから自分も惚れ込んでしまい、
> 今年に入ってやっとフレーム購入にこぎつけました。
>
> 好みのパーツを吟味しながら少しずつ組み立てていましたが、
> ようやく、先日ついに完成しました。
>
> https://goo.gl/photos/8vF1uypUPVz1Y7s16
>
> 写真は前後3インチ幅のタイヤを履かせています。
> これ、すごく楽しいです、ちょっと重いけど。
>
> 街乗りやツーリングも大好きなライトなMTB乗りの自分にとって、
> トロールの汎用性は本当にツボでした。
>
> このブログに出会わなかったらきっと自分には
> サーリーなんて選択肢は無かったと思います。
>
> きっかけをいただいた染谷さんにひと目見てもらいたくて
> つい書き込んでしまいました。
>
> 旅の続き、ぜひ気を付けて行ってらしてください!
タイヤ幅 
レスありがとうございます。
自分も千葉人なので旅が終わったら試乗会しましょうか。(笑)

あとすみません、タイヤ幅について訂正というか注意があります。
写真で履いているのはケンダのKRAZEというタイヤです。

メーカーのスペック上は幅3インチということでしたが、
実際に測ってみたら70mm程度でした、実質2.8インチくらいですね。
それもリアホイールを後方に14mmオフセットしてギリギリ接触しない感じです。

接地面がエラの張ってない半円に近いラウンド形状のタイヤじゃないと、
26×3インチ幅は厳しいかも知れませんね。
Re: タイヤ幅 
試乗会面白そうですね(笑)
なるほど。やはりタイヤはギリギリなのですね。リム幅でも太さが変わりますし、2.7インチ以上は嵌めてみないと何とも言えないといったところですね。


> レスありがとうございます。
> 自分も千葉人なので旅が終わったら試乗会しましょうか。(笑)
>
> あとすみません、タイヤ幅について訂正というか注意があります。
> 写真で履いているのはケンダのKRAZEというタイヤです。
>
> メーカーのスペック上は幅3インチということでしたが、
> 実際に測ってみたら70mm程度でした、実質2.8インチくらいですね。
> それもリアホイールを後方に14mmオフセットしてギリギリ接触しない感じです。
>
> 接地面がエラの張ってない半円に近いラウンド形状のタイヤじゃないと、
> 26×3インチ幅は厳しいかも知れませんね。
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS