愉しい自転車&生活

14

Category: [北中南米後一時帰国]日記

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

体力づくり


体力づくりと、まだトロールで100㎞を超える距離を走ったことがないのでポジションのチェックを兼ねて筑波山まで行ってきた。
DSC00135s.jpg


行程としては、自転車で麓まで行き、自転車を置いて走って登り、
走って下り、自転車で帰る、というもの。
DSC00140s.jpg


メーターを付けてないので正確な距離は知らないけど、
おそらく自転車は往復で110~120㎞の間。登山は2.8㎞、標高差610m。
DSC00144.jpg


旅をして思ったけれど、体力や筋力というのは絶対的なものだ。もちろん特別無くても旅は可能だけれど、並み以下であれば、それは単純に並み以下のエネルギーしか持たないことになる。
DSC00145.jpg


体力的な不足を精神力で捻じ伏せられるほど精神力が強ければ別だろうけど、僕の場合、単純に体力の不足分はそのままあらゆる不足に繋がる。
DSC00146s.jpg


ということがよく分かったので、筑波山。
DSC00150s.jpg



自転車で身体にあまり負担をかけずに有酸素運動をし、登山によって身体を操作する感覚や足腰の強さを養う。山道のような不整地だとアスファルトとは異なり全方位的に身体を使えるので良い。
DSC00156.jpg


自転車のポジションの方は120㎞程度であれば特に問題はなかった。普段10㎞20㎞程度しか乗っていない状態で、いきなり120㎞走って自転車での痛みが無いというのは結構凄いことだ。例えばこれをロードバイクでやったら確実に首、肩、手、腰、尻、などなど至る所に痛みを抱えていたでしょう。
DSC00160.jpg


一応自転車で行ったという証拠写真(笑)
DSC00162.jpg



どのように旅をしたいか?という自分のめがけるものに適ったポジションに近づいているようには思う。ただ、いうても120㎞走ったか走ってないかという半端な距離。問題はこの先。160とか170㎞くらい走って問題が出なければ完全にオッケーだろうと思う。家から銚子まで往復180㎞くらいはあるので、もう少し日が延びたらやってみるかな。ちょっと5時前に太陽沈まれちゃうと180㎞は走る気しないのでせめて2月半ば以降だな。


DSC00165.jpg


遠くに富士山。
DSC00168s.jpg


体力つくり云々を抜きにして単純に筑波山の登山は面白かったので、ちょくちょく行きたいと思った。どちらかと言えば、今回の最大の収穫は体力づくりでも自転車のポジションでもなく、筑波山の楽しさ発見だったので。

関連記事
comments
 
遅れながらあけましておめでとうございます。

次はどのエリアにいつ向かわれるのでしょう?僕は今東南アジアのカンボジアにいます。タイ、カンボジアと走りましたが全て平坦な道だったので比較的ラクでしがた、体力も気力もないのでせいぜい1日80km程度です。

この前60カ国を旅するドイツ人サイクリストと一緒に走りましたが、彼の方が僕より荷物が軽装でした、思わず染谷さんのことも思い出しました。当たり前ですが荷物は軽い方が日々の負担は減りますよね、ついつい欲張って持ってきすぎちゃうのですが。僕も荷物の見直しを検討中です。
Re: タイトルなし 
どうも明けましておめでとうございます。
次は北欧の予定です。出発は今年の夏になると思います。
フルパッキングで走るのは相当大変なことですからね。筑波山に上った時に改めて思いました。途中の神社までは自転車で上りましたが、久々にまともな坂だったので空荷でも大変でした。無いと駄目なものというのは実は結構少ないので、バッサリ軽量化するとペダルが軽いですよ(笑)
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS