愉しい自転車&生活

02

Category: [その他]自転車旅あれこれ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 7  Trackback 0

ポジションめい走中


いまトロールのポジションを旅向けに調整中なんだけど、あらためて自転車というのは奥が深いなと思いながらやっている。

DSC01556.jpg


乗りながら調整しながら、自転車を作る際に「速度」というのが1つの決定的な基準となるなと思った。
自転車にはその自転車の持っている速度というものがあると思う。平たく言えばロードはたらたら乗っても楽しくなく、ある程度以上のスピードを出してその面白さが分かる。逆にママチャリでガンガン飛ばしてもスピードを出した時の爽快感よりも疲労が大きくとてもじゃないが持続しない。のんびり旅をしたいのにロードを選ぶのは選択ミスだし、逆に速いペースで旅をしたいのにママチャリというのも目的に合わない。

方向としては周りの景色を楽しめて、長時間疲れなく乗れて、シャカリキに走るのが馬鹿らしくなる、そんなポジションで乗れるようにトロールを改造中なんだけど、単にリラックスして乗りたいからといって、トロールの本来の乗り方からあまり離れたポジションにしてしまうと、これが途端にツマラナイ自転車になってしまう。もちろん乗れるけど、「その自転車の良さ」というのを殺してしまうので面白くない。つまりそのポイントを外さないで、かつ自分が思い描くツーリングスタイルに合致したポジションというのを出さなくてはいけない。

DSC00036s.jpg


トロールと並行してロングホールトラッカーを乗れるようにもしたんだけど、アレはあらためて良い自転車だと思った。単純に舗装路の乗り心地で言えば、トロールよりもずっと良い。ツーリング用というのは伊達じゃないですよ。トロールはMTBのジオメトリーでパイプも太くヘッド回りが補強され、スローピングしているので、かなり剛性は高いフレームだと思う。太いタイヤを履いているので路面からの突き上げは角がとれていて嫌な感じはしないけど、明らかにロングホールトラッカーの方が路面の凹凸をよく殺している。世界一周用としてトロールはベストだと記事を書いたけれど、乗り方、乗る状況によっては必ずしもそうとは言えないなと思ったので、この辺はもう少しちゃんと乗り比べたらまとめたいと思う。

あまりに乗り心地が違うのでロングホールトラッカーで旅を続けようかと一瞬本気で思わされたくらいなんだけど、結局どんな場所をどう走りたいかということを考えれば、自分の場合はトロールの方がより適しているのでトロールで行きますけど。ただトロールの堅さはもう少しマイルドになるようにしたい。タイヤの空気圧は荷物を積載する関係上どうしてもあまり落とせないので、それ以外の部分でということになるな。

IMGP9473_201308231207491a4.jpg


基本的に本や雑誌、ネット情報などは(自分もなんだけど)「ツーリングにはコレ!」という形で決めつけてしまうけど、確かにある程度までそれは言えても、同じツーリングに使える車体でもまるで性格の異なるものが沢山ある。だから本当は自転車単体で何々に最適と言ったところで、それは単なる一般論であって、あまり意味がないと言える。自転車というのは乗り手がいて初めて完結するものだ。乗り手の乗り方や意思こそ最も大切なものであって、それが車体やパーツ含め様々な選びの基準となる。やはり自転車はあくまで道具だと思う。道具に使われるのではなく、自分が道具を使う。これはハッキリ意識しないといけない。分かりやすく言うなら「あなたスマホに使われていませんか?」という意味。もしくは「酒は飲んでも飲まれるな」みたいなね。

本当に良い選択をするには、自転車に対する深い理解と、同時に自分自身に対する理解が必要だと思った。自転車については経験豊富な人にアドバイスをもらえばいいので必ずしも自分で知っている必要はないのだけど。

DSC01579s.jpg


というわけで、タイトルの割にポジションの話などほとんど書いてない気がするけど、もっと乗り込んで比べて色々試したらその辺も詳しく書いていきたいと思います。


関連記事
comments
 
度々すみません。
このトロールという自転車、トップチューブが他の自転車よりも長めな気がしますが、それは漕ぐ時の姿勢にどう影響しますでしょうか?
トップチューブが長いがゆえに、セミドロップハンドルの様な手が近くに来るハンドルを使用しがちになり、ああいう手の向きのハンドル仕様で、それでスピードが出しにくくなるとか、そういうことが気になりましたが…
Re: タイトルなし 
ハンドルはどういったものを使う予定でしょうか?
もしドロップハンドルやブルホーンのように握る位置が前方に突き出るようなハンドルを使う場合、基本的にトロールが選択肢に入る事はありません。ハンドル位置が遠くなりすぎます。フラットハンドルを使うのであればポジション的に問題はありません。
僕はハンドル位置の近くなるプロムナードバーを使っていますが、それはむしろ「速度を落としたい」という事と、長距離でも首や腰に痛みが発生しにくい「快適性」を第一に求めているからです。ただ、だからといってママチャリのように遅いわけではなく、60㎞を3時間半くらいでは走れたので、巡航速度でいえば時速20㎞を普通に保てる程度には走れます。




> 度々すみません。
> このトロールという自転車、トップチューブが他の自転車よりも長めな気がしますが、それは漕ぐ時の姿勢にどう影響しますでしょうか?
> トップチューブが長いがゆえに、セミドロップハンドルの様な手が近くに来るハンドルを使用しがちになり、ああいう手の向きのハンドル仕様で、それでスピードが出しにくくなるとか、そういうことが気になりましたが…
 
>ハンドルはどういったものを使う予定でしょうか?

普通にライザーバーとステムで丁度良い長さを探していこうと考えていましたが、TrollのSサイズで考えた場合、私の身長163㎝でTrollの規格をみたところ、適切とされている(?)520㎜より「Effective Top Tube Length」が5㎝も長いので、躊躇してしまいますね。
そういう意味ではLHTにしておいた方が無難かなと思ました。


>僕はハンドル位置の近くなるプロムナードバーを使っていますが、それはむしろ「速度を落としたい」という事と、長距離でも首や腰に痛みが発生しにくい「快適性」を第一に求めているからです。

なるほどです。
私も毎日長い距離を走っていると、足から疲れてくるというよりは、手のひら(振動)や手首(体重を支え)から、徐々に体がだるくなってくるので、そういった意味では、このプロムナードバーというものが適しているかもしてないという事、大変参考になりました。
ありがとうございます。
Re: タイトルなし 
ライザーバーであればポジションは出せるとは思いますが、そもそもLHTとトロールは性格が全く異なる自転車ですから、どう乗るかがハッキリと定まれば自ずと決まると思います。まあ乗る前にそこを分かるのは中々難しいことですが。

トロールは万能に使えますが設計はあくまでマウンテンバイクで、LHTに比べてかなり剛性の高いフレームです。その分、乗り心地は劣ります。僕はプロムナードバーで後輪荷重が大きく余計乗り心地が悪く感じるため、シートポストとサドルでかなり誤魔化してします。ただ、流石にMTBで抜群の安定感ですが。特にオフロードを走らないのであればLHTの方が乗り良いと思います。
 
>そもそもLHTとトロールは性格が全く異なる自転車ですから、どう乗るかがハッキリと定まれば自ずと決まると思います。

いままで、たいした自転車歴はないのですが、今、KHS・モンタナツアーというのに乗って26×26×1.5というタイヤを履かせて、基本アスファルト走行ばかりです。
基本、この車両しか乗ったことがないため、フレームのしなり?とか、剛性とかを他と比べる事ができず、そういう感覚が、まだ今一よくわかりません。

そういえば以前、MERIDAのマウンテンバイクで、東南アジアの悪路を走りましたが、タイヤは太いのを履いていたため、振動はそれなりに防げた感じがしました。
太いタイヤの時などは、タイヤの空気圧なんかでだいぶ変わりますね。
それだけで、振動もだいぶ殺せそうな気もしますが、実際はどうなのでしょうかね。

話はそれましたが、普段乗っているKHSモンタナツアーも、私の17インチでトップTT(Effec.)が570mm~580㎜もあるため、ほんとに短いステムをつけてやっと乗っている感じではありますが、そう考えると、TrollのSサイズも同じくらいのトップチューブ長なので、やめたほうがいいかなぁ、と思いました。
私が(身長163㎝)あと5㎝身長が高ければ話しは別なんですが…

まずはLHTの46㎝あたりで、ハンドルやステムで、色々な距離を探すのが無難かと思いました。
で、太いタイヤを履かせて、まずはラオス辺りの悪路を走ってみたいです。
Re: タイトルなし 
僕がここで言えるのはトロールとLHTの違いまでで、サイズやポジションは文章のやり取りでは何とも言えませんが、話を聞く限りフレームサイズが大きい?とも想像できます。もしまだであれば一度お店で相談した方が良いかと思います。実車があって跨らせてもらえればそれが一番良いのですが。

サーリー取扱い店
http://www.ride2rock.jp/shop/shop_list.php?status=1&b_id=q
 
>実車があって跨らせてもらえればそれが一番良いのですが。

私事ばかり書いてすみません。
どこかで実車を探して乗ってみようと思います。

LHTとTrollの乗り心地や用途の違い、「ポジションの違い」等の更新記事楽しみにしております。
失礼いたします。
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS