愉しい自転車&生活

08

Category: [北中南米後一時帰国]再出発へ向けて道具選び

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

ニューカメラ


だいぶ更新がご無沙汰しましたが、自転車旅のカメラで「コレが良い」と書いたとおり、ソニーのα6000を買いました。

10509677_677249599022147_2174681057697922438_n.jpg


買ったばかりで、まだそれほど使い込んでないので詳しくはちゃんと使い込んでから書こうと思いますが、とにかくありがたいのはその軽さと小ささ。容量3Lほどの小さなウエストバックに単焦点のゾナー24㎜とズームのバリオテッサー16-70の2本とボディが入る。これK-5では絶対にありえませんからね。重量はゾナーを付けた状態で600gほど。ズームの方が重いけど、それでもK-5のボディ単体より軽い。もしかしたら次の旅行ではフロントバックを省けるかもしれないな。

DSC00516.jpg


画質はアップした通り。
全てバリオテッサー16-70で撮影。ピクチャーカラーはスタンダードで彩度、コントラスト、シャープネスなどの補正はしていません。ソニーはペンタックスよりも見た目に近いリアルな色。まだプリントしていないので、プリントの感じは分からないからプリントしてみよう。プリントして残さないなら、こんな高いカメラとレンズは正直必要ありませんからね。

DSC00763.jpg


DSC00622.jpg


上の画像をトリミング。産毛に花粉の粒まで写ってます。
DSC00622s_20140808125652a04.jpg


使った感じかなり良いけど、不満を挙げるならバッテリーの減りが早い事。そして何でNEX7のボディじゃないのかという事。NEX7はミラーレスのフラッグシップとして2011年に発売された、ソニー渾身のミラーレス機ですが、3年前の機種なので中身は当然α6000のが上。しかしボディの作りが非常に良く、無駄のない美しいボディだったんだけど、コストカットのためなのか折角あそこまで作りこんだボディをα6000でソニーは変えてしまった。α6000はNEX7と比べると野暮ったいというかボテッとした感じなんですよね。使い悪くはないんだけど、比べると完成度の違いが明らか。
ソニーの古い常識に囚われない大胆なカメラ作りはいいんだけど、良いものはちゃんと残してほしい。どうせ来年出るであろうのα6000の後継機はNEX7のボディを引き継いだ機種にしてくれ、と思う。まあそんなもの出たら欲しくなっちゃうけど(笑)

関連記事
comments
 
カメラは沢山種類があって知識のない人からするとどれを選んでいいのか全く分からないです。
特に一眼レフ等の高価なカメラは失敗すると怖いし扱いが難しそうで敷居が高いというか...。
ですが、このブログの広角レンズの記事で見た写真には感動しました。
壮大な景色がより壮大に見えてかっこいいなと思いました。
自分も折角旅に出るなら良い写真を残したいと思うので勉強になります。
Re: タイトルなし 
何を買ったらいいかというのは人によって求めるものが違うので一律の答えはありませんが、僕が求めるものを満たす中ではAPSミラーレスが最もバランスが良く自転車旅には適していると思っています。更にそのミラーレスの中では、僕はカールツァイスのレンズが使いたいのでソニーを選びました。レンズだけじゃなくボディもソニーがどんどん新しいものを作っていて面白いですしね。ちなみにソニーの回し者ではありませんので。一応(笑)


leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS