愉しい自転車&生活

30

Category: [北中南米後一時帰国]日記

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 3  Trackback 0

再出発の欧州ルートについて


本来であればアルゼンチンからスペインに飛んで、周辺の適当な国を走ってアフリカ、と考えていた。ただそれはチケットの値段や言語の問題があったからで、一時帰国したことによって改めて日本から飛べるのであればスペインに拘る必要がなくなる。帰国したことで選択肢が増えてしまい迷いが出て、欧州ルートは一旦白紙状態になっていた。

が、色々考えた結果、これかなという結論が出ました。
それは北欧を走るルート。

例えば、あくまで例えばだけど、スタートはフィンランド。ヘルシンキから走り始めて北上し、北極圏を越えてノルウェーのノールカップを目指す。ノルウェー沿岸部を南下。そのままスウェーデンを抜け、デンマークを通り、ドイツを目指す。そしてドイツからアフリカへ・・・。

ヨーロッパにはシェンゲン協定というものがあり、協定内の国は合計で90日間の滞在しかできないことになっている。だから、フランス、スペイン、イタリアなどは全てカットする。いわゆる観光地としての見所は沢山ある国々だけど、この旅で僕がしたいのは観光じゃないので、たぶん走ってもそんなに面白くないと思う。

どうせ走るなら「自転車でこそ楽しい」という場所を走りたい。それは人が少ない場所であり、車の少ない場所であり、自然の深い場所である。観光地や大都市、人、車の多い場所というのは自転車である必要がない。むしろ、自転車は邪魔になってしまう。

下は西欧・南欧と北欧の地図。

北欧
Euro1.jpg

西欧・南欧
euro2.jpg


比べると北欧がいかにスカスカか分かる。
人口も北欧の国々って実は数百万しかいない。人口一千万に届く国というのは無い。スウェーデンに関しては日本以上、フィンランド、ノルウェーは日本より小さいけれど近い広さの国土を有しながら、人口がたったの500万~900万程度。一国に日本の都道府県レベルの人口しかいないことになる。

北欧の北部は北極圏に入る。
ノールカップまで行けばそこから北極点までの距離はわずか2100km。夏は白夜で一日中太陽が沈まない。地球の果てだ。そんな場所を自転車で走れる可能性を自分が持っている。
であれば、西欧南欧の観光地じゃなくて、北欧を選ぶ。そういった辺境の自然の深い大地で、一体人間はどんな風に暮らしているのか。南米で行けなかった地球の最果てはどんな景色で、どんな空気なのか。どんな動物が棲んでいるのか、どんな木や花が生きているのか。

北欧の大地には駆り立てるものがある。


そして最後は北欧を抜けてドイツで終わる。
他の国は行かなくてもいいけど、個人的にドイツは外せないので行く。
ドイツからアフリカならどうやら航空券もそんなに高くないようだし。

ただ、これはまだザックリとした計画の段階。
できれば日数なんか気にしないで無計画に走りたいけど、90日という期限を考えると、ある程度予定は練っておかないとまずい。カツカツで急いで走るよりも、他の交通手段を使って日数に余裕を持たせた上でのんびり走る方が良いと思うので、その辺はこれから考える予定。

関連記事
comments
地図の縮尺 
こんにちは
一時帰国されてるんですね。
再出発はいつでしょうか?

ヨーロッパの地図を『同じ縮尺で』と書かれていますが、メルカトル図法では緯度が高くなると地図が拡大されています。
実際の北欧の大きさは、その半分くらいの大きさです。同じ縮尺で比較する場合は、Google Earthの画面で比較すると正確ですよ。
Re: 地図の縮尺 
こんにちは。ご指摘ありがとうございます。縮尺という言葉の使い方が正しくありませんでしたね。
グーグルアースで表示してしまうとかなり拡大しないと道路が表示されないので通常の地図を使いました。見せたかったのが面積ではなく道の密度でしたので。まあそれも同じ縮尺で比較しないと意味がないとは言えますが。

北欧スタートだとすれば時期はかなり限定されてくるので出発は来年の夏、恐らく6月あたりになると思います。そうすれば雨季の終わりごろにエチオピアに入れますし。



> こんにちは
> 一時帰国されてるんですね。
> 再出発はいつでしょうか?
>
> ヨーロッパの地図を『同じ縮尺で』と書かれていますが、メルカトル図法では緯度が高くなると地図が拡大されています。
> 実際の北欧の大きさは、その半分くらいの大きさです。同じ縮尺で比較する場合は、Google Earthの画面で比較すると正確ですよ。
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09, 2017 < >
Archive   RSS