愉しい自転車&生活

17

Category: [その他]自転車旅あれこれ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 4  Trackback 0

オルトリーブの壊れる場所


大変便利で耐久性も高く、使っている人も多いオルトリーブのバッグ。
いろいろな自転車旅行者を見てきたけれど、やはりオルトリーブ率は高かった。ただ思ったよりもオルトリーブ以外のものを使っている人もいて旅前の想像よりはシェアが低かったけど。

で、そんな人気のオルトリーブ製品の「実際使ってどうなるか」

まず壊れる部分

バックル
DSC00565.jpg

これはバックローラーなんだけど、サイドのバックルじゃなくて真ん中のやつが折れています。4つあるバックローラーの内3つで同じ部分が壊れた。サイドのバックルがあれば無くてもさして問題はないのでそのまま使っていたけど。


次にこのパーツ。これは何かというと
DSC00567.jpg

キャリアに引っ掛けるフックに取り付けるもの。これでパイプの太さとフックの幅を合わせてガタをなくす。このパーツはいつの間にかとれて無くなっていた。
DSC00568.jpg

なくなった状態。
DSC00656.jpg

同じようにこのパーツがとれてしまった人もいたので、よくある事なんだと思う。

そのままではガタガタなのでキャリアの方にゴムチューブを巻いて使っていた。なくなりやすいパーツなので初めからキャリアの方を太くした方がいいんじゃないかとも思った。ちなみにゴムチューブはその辺に落ちていたものなので工事費はタダでした。
DSC00620.jpg



あとは穴ですね。
僕はグアテマラで大ゴケしてるのでバックにも大穴が開いたのだけど、持っていたガムテープを表と裏、両方から貼り付けて穴を塞いで使った。

表側は剥がれ易いのでさらに瞬間接着剤つけて剥がれにくくしてます。これで防水性は完璧。浸水することはなかったし、グアテマラで穴が開いてからアルゼンチンまで普通に使えた。
DSC00566.jpg

グアテマラで開いた大穴。
DSC00655.jpg


これは事前に底に張っていたガムテープ。一度張り替えてる。所々擦れて穴が開いています。
DSC00654.jpg


といったところです。
今の所深刻なダメージはない。といってもコケた時の穴は拳が入る程度には大きかったけど。まあでもガムテープで直るくらいだから大した問題ではなかったということ。
オルトリーブは確かに防水で脱着が容易でストレスフリーなバッグだけど、無敵のバッグではない。破れるし、壊れるし、ネジも緩む。ちゃんと、大事に使ってこそのものだと思います。

関連記事
comments
 
オルトリーブのパイプ径に合わすパーツよくなくなりますよね!!
僕も何度もなくして一度目はリペアパーツで取り寄せましたけど
二回目からは適当にテープ巻いたり、似たようなことやってます・・・・
Re: タイトルなし 
あのパーツ一度とれてしまうと凄く外れやすくなりますよね。
だったら初めからキャリアで対応した方が楽です。


> オルトリーブのパイプ径に合わすパーツよくなくなりますよね!!
> 僕も何度もなくして一度目はリペアパーツで取り寄せましたけど
> 二回目からは適当にテープ巻いたり、似たようなことやってます・・・・
ガラスのバックローラークラシック 
ブログ、大変参考にさせていただいております。
色々な自転車旅ブログに触発されて
自分も本日ささやかな国内ツーリング旅行に出発!のはずが
出発直後、車除けにバッグを引っ掛け、バックローラーのフックが根元から折れましたorz
泣く泣く家に戻り修理を試みましたが失敗。スペアパーツも日本では欠品中だそうで、打つ手がありません。
しょうがないので覚悟を決めて新たなバックローラーをポチり(一個でいいのに・・・)
届き次第再出発の予定です。

ところでネット上ではこのフックが折れたという話がなかなか見つからないのですが
実際にフック破損はバックローラー使いにとって、珍しいことなんでしょうか。
強度的に仕様なら諦めもつくのですが、買って一年
実際にキャリアに乗せたのは一月ほどなのでちょっと納得いかないんですよね・・・

2年も前の記事に長々と失礼いたしました。
自転車旅、楽しんでください!
Re: ガラスのバックローラークラシック 
コメントありがとうございます。

フックのネジが外れてとれたというのなら聞いたことがありますが、フックそれ自体が破損というのは、僕も聞いたことがないので珍しいとは思います。僕の体験的にも、他の何年も継続して使っている海外サイクリストのブログなどを読んでも、オルトリーブバッグのフックの強度は十分だと思われますが、しかし、今回はバッグを引っ掛けられたということなので、想定外の負荷がかかってしまったのだと思います。実は僕も何度か同様に引っ掛けたことはあるのですが、破損はせず、バッグがキャリアから外れただけでしたので、フックが折れてしまったのは、ちょっと運が悪いケースかもしれません。

バッグの破損ではありませんが、僕もカナダのバンクーバーからこの旅を始め、着いて3日目に総額20万以上の装備品を盗まれた(笑)のですが、もし盗まれて足止めを食らっていなかったら、その後出会えた人達に出会えなかったということですから、今では盗られて良かったくらいに思っています。もちろん「結果的に」という意味ですが。ガラスの膝さんもそう思えるような素敵な出会いが沢山あると思いますよ。海外も親切な人は沢山いますが、日本の人達も相当親切ですから。

leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04, 2017 < >
Archive   RSS