FC2ブログ

愉しい自転車&生活

27

Category: [南米]チリ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

地球は青かった  出発601日目


2014年2月18日

昨日の野営地。あまり草むらでするのは好きじゃないんだけどね。
朝、結露するし、虫も多いから。
AMGP3302.jpg




本日はプエルト・リオ・トランキーロという村まで行く。
AMGP3306s.jpg



トランキーロはマーブルカテドラルという洞窟に行く拠点になる場所で、アウストラル街道上のまちの中でも有名な場所だと思う。走ってる途中に車に乗った人から「トランキーロってこっち?」と道を聞かれることも何度かあったし。道を外国人に聞くかね、と思っちゃうんだけど。
AMGP3307.jpg




一応、先に結果から書いてしまうとマーブルカテドラルは行かなかった。いつものごとく「面倒臭い」という理由もあるけれど、それ以上に写真を見ても全く自分の琴線に触れなかったし、みんなマーブルマーブル言うけど、どんだけだよ、とね、ちょっとひねくれ根性が出てきてしまったものでね。
AMGP3315.jpg



偏見、先入観を捨てて、好奇心を持ち色々な場所に行ってみることも大事なんだけど、何でもかんでも行けば良いってものでもないですからね。旅だと自分の気持ち次第で全てが決まってしまう。それは時に良い方向に働くことあるし、逆に「面倒臭い」とかいう下らない理由で感動を逃してしまうことだって、きっとあったことでしょう。
AMGP3317.jpg



悔いが残らぬように楽しむというのは中々簡単にできることじゃないということですね。
AMGP3320.jpg



途中の川。
AMGP3326.jpg



川を渡ると前方に湖が。
AMGP3332.jpg



スペイン語読みで「ラゴ・ヘネラル・カレラ」
AMGP3340.jpg




俄かには信じ難い色をしているんだけど、リアルにこんな色なんですよね。よく写真でこんなに綺麗なんだから現実はもっと凄いんだろうな、と言われることがあるけど、それは間違い、と言えないまでも必ずしもそうではない。時に写真とは現実よりも色鮮やかに写る。
AMGP3353.jpg




ただ、この湖に関していえば断然現実の方が凄い。写真だとどうしても色がベタッとしてしまうけど、実際はこんな塗り絵みたいな色じゃない。もっと、網膜まで沁み込むような色と透明感だった。
AMGP3371.jpg




じゃあそれを何とか表現しろって話なんだけどね。
AMGP3391.jpg




AMGP3410.jpg




AMGP3411.jpg




AMGP3415.jpg




AMGP3434.jpg



AMGP3486.jpg




向こう側の山も凄ぇわ。こんな場所にいたなんて。
AMGP3438.jpg




そしてこの日のお昼ご飯はそんな湖を見ながら。
AMGP3449.jpg



ただのパンとソーセージだったんだけど、これがまた吃驚するくらい、本当に美味いんだ。
AMGP3457.jpg



沖縄の波照間の海を見た時も感じたような、現実離れした感覚がこの湖にはあった。
AMGP3468.jpg



トランキーロまでもう少し。
AMGP3473.jpg



トランキーロ到着。トランキーロまで行くと湖面と同じ高さまで下る。
AMGP3475.jpg



あんま青くないな。
AMGP3478.jpg




この日はキャンプ場。
AMGP3484.jpg



マーブルカテドラル行かないのにこの何もない所で2泊しました。


関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07, 2020 < >
Archive   RSS