愉しい自転車&生活

09

Category: [南米]ペルー

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

標高5000mへ  出発464日目


2013年10月3日


ワンカベリカを出る時、止まって地図見ていたらおばちゃんが道を教えてくれた。最後まで良い街だった。今の所ペルーで一番良かった街。
JMGP1861.jpg



本日は5000mの峠越えが待っている。5000mというと酸素濃度は低地の約半分らしい。ちなみに富士山頂は6割くらい。と書いて思い出したけどワンカベリカの時点で標高3600mくらいあったんだ。
JMGP1862.jpg



カオナシ系リャマ。鳴き声は「あ、、あ、、、」
JMGP1864.jpg




児童注意の看板です。
JMGP1865.jpg



これは本物のリャマ。
JMGP1872.jpg




暑すぎず、寒すぎず、空気が澄んで、晴れていて、空も綺麗で、景色も綺麗。車も少なく人も少ない。これを一言で言うならば、気持ち良い、ということなのしょうか。
JMGP1880.jpg



JMGP1909.jpg



旅だぜ!という気分で走ってました。あと、この辺から曇ってちょっと寒かった。
JMGP1914.jpg




アンデスのあるある風景。
JMGP1922s.jpg



標高4700mくらい。感覚的には4500m以上は別世界。空気の濃さという意味でね。
JMGP1930.jpg



そして4825m。ここをこのまま直進してもアヤクチョにはいける。直進だと下りになっていた。どこまで下るのかは知らんけど。そして左に曲がると更に上って5000mの峠を越え、アヤクチョ方面へと抜ける。今回は5000mに行きます。
JMGP1938.jpg



普通にしんどい。空気が薄すぎる。
JMGP1947.jpg



しかし景色は抜群だった。これが地球なんです。
JMGP1944.jpg



そしてついに上りきった。けどね、僕はここは絶対5000mないと思っています。もしあるなら、さっきの分岐の4825mを低くさば読んでいるとしか思えない。高度計では分岐から100mちょっとくらいしか上ってないし。まぁ、どうでもいいけど。そんなことより早く下りたい。
JMGP1956.jpg




下り始めたんだけど、どうみても上ってるように見えるのに下ってる。何この違和感。アンデスマジックにかかってしまった。
JMGP1966.jpg




そして夕暮れ。
JMGP1971.jpg




JMGP1981s.jpg


JMGP1984s.jpg





寝る場所どうしよー!と思っていたら丁度いい場所を発見。
標高は4700mほど。過去最高所の野宿。この高さだと流石に米を炊く勇気はなく、夕食はパスタ。しかしパスタでも作るのに凄い時間かかったわ。普段より7分は多くかかった。茹でるというか煮込まないと固くて食えない。ちなみに沸点は88度くらいまで下がるらしい。




翌朝撮影。こんな所で寝てました。
JMGP1986.jpg



関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS