愉しい自転車&生活

18

Category: [第一次・北中南米持ち物]デジタル関連

Tags: カメラ  

Community: テーマ-旅の情報・準備  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 1

カメラ ペンタックス K‐5


P1000737.jpg

ペンタックスのデジタル一眼レフK-5。
メーカー問わず、旅にベストなボディはどれかとなったとき、
間違いなく候補に挙がると思われるのがK-5。K-5の凄さは、まずスペック。
防塵防滴、-10℃での動作保障、全てのレンズで使える手振れ補正、強力なゴミ取り機能、
視野率100%で見やすいファインダー、最高感度51200、豊富なカスタムイメージ、
電子水準器、マグネシウム合金のボディ、などなど。

次に画質。高感度が非常に強く、最高で51200まで設定できる。
さすがに51200はノイジーだけど、1600まではほとんどノイズも目立たず、完全常用感度。
3200から場面によってはノイズが見られるけど、これも常用できる。
3200くらいまでなら躊躇無く感度をあげてもいい。
6400も使えるけど流石にノイズはしっかりとわかるが、
カラーノイズがよく抑えられているので嫌な感じはない。まぁ必要であればあげれば良いと思う。
そして高感度だけでなく低感度の画質も良い。諧調が豊かで、
ダイナミックレンジも広いので輝度差のある状況でも粘ってくれる。
長期旅行だと現像の時間や容量の点からあまりRAWを多用することができないので、
Jpeg画質の良さはかなり重要になる。

そしてK-5の一番の凄さ。それはこれらの性能を小型・軽量なボディに収めていること。
いくら旅向きの機能を備えていて画質が良くてもデカかったら話にならない。
自転車旅行に持っていくとなれば携帯性はとても重要。
コンパクトであり、苛酷な環境にも絶えうるボディ。
旅に最適の一台といえるカメラだと思う。



K-5はカスタムイメージが豊富なので面白い。
カスタムイメージ「ほのか」
IMGP0193.jpg

カスタムイメージ「銀残し」
IMGP0195.jpg

カスタムイメージ「リバーサル」
IMGP0196.jpg


最近だと、より小型軽量で一眼並みの画質をもつミラーレスという選択肢もありだと思う。
旅に限って言えば、携帯性重視したい人で、光学ファインダーに拘りがなければ、
もうミラーレスのが良いんじゃないかとさえ思う。
携帯性最強はコンパクトデジカメなので、画質にある程度妥協できるならコンデジが良いですが。

10月7日 追記
DSCN0288.jpg

盗難にあって同じものを買いなおした。
これは良いカメラ。綺麗に撮れるのはこいつとレンズのお陰。
ブログに上げてる写真は99%Jpeg撮って出しなので、ほとんど全部無加工。
でもその分、カスタムイメージのパラメータをいじくってますが。
よく使うカスタムイメージは「鮮やか」「雅」「リバーサル」あたりかな。
リバーサルは以外に良い。はまると他では出ない感じになるので最近は多用。
ただ普段使いには使いづらいので通常は鮮やかか雅かな。
バッテリーは必要十分にもつ。液晶をよく見るので公称通りの枚数は撮れてないけど
予備バッテリー4つも持ってるし。今の所、以外に充電に困ってないので
全くもって4つは必要ないけど。







関連記事
trackback ping trackbacks
ペンタックスのデジタル一眼レフK-5。メーカー問わず、旅にベストなボディはどれかとなったとき、間違いなく候補に挙がると思われるのがK-5。K-5の凄さは、まずスペック。防塵防滴、-10...
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS