愉しい自転車&生活

15

Category: [南米]ペルー

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

ペルー沿岸部の走行  出発442~443日目


9月11~12日


2週間も動いてなかったせいか2日しか走ってないのに疲れてる。1歩進んで4歩くらい戻った感覚だ。
IMGP0810.jpg



もう道はほぼ平坦になった。そして曇っている。沿岸部っていつもこんなものなのか?
IMGP0812_20130915114547ad7.jpg




凄く、すごーく殺風景。でも最近山の景色に対するありがたみが薄れていたから、いい気分転換になるだしょう。
IMGP0814_20130915114548655.jpg



旅が長引くほど、新鮮な気持ちでいることは当然難しくなる。今回は走る場所を変えて気分を変えようと試みているけど、本当は食事とか睡眠とか、もっと近い部分にこそ切り替えるポイントがあると思うけど。それは日本の日常でも同じですね。



こういう看板も新鮮。リマ、トルヒーヨが一緒に出てくるなんて山岳走っていたらありえない。
IMGP0813_20130915114547b5e.jpg




この日は50kmちょい走ってバランカという町まで。
フラットだったけど風があったから思ったより時間がかかった。
DSCN0938.jpg




もう宿は面倒なので2件見ただけで30ソルの場所に決定。部屋は広くて綺麗だったけどシャワーが温いのが納得できない。ギリギリ浴びれるけどさ、沿岸部結構寒いんですよ。思ったとおり、山岳の標高2000mよりも寒い。曇ってるのと風のせいもあって、ワラス(3000m)と同じかもしくはワラスより寒いんじゃないかと感じる。



そして、飯ですよ。
まず腹が減っていたのでそんなに吟味することなく、適当に歩いて見つけたレストランに入った。値段は7.5ソル。約270円。安いところは4とか5ソルだけど、まぁそんなもんでしょう。

しかし、まず最初の注文で今までと違うことを感じた。いままではスープとメインの組み合わせで、メインをいくつかの中から選ぶ、という方式だった。だが、ここではエントラーダ(前菜的な意味かな?)を選ばされた。スープと名前忘れたけどあと2つ、全部で3つあった。スープでは面白くないのでスープじゃないのを頼んだら春巻きみたいな見た目で中身チーズというものが出てきた。味は、まぁ普通。とくにうめぇ!となるほどではない。でもまさか選ばされるとは思わなかった。


そしてメインは鶏肉を選択。沿岸部っていったら魚介なんだろうけど、なんか魚食いたい気分じゃないんだよね。ってことで鶏肉を頼む。



出てきたのがこれ。
DSCN0937.jpg



本音を言うとね「しょぼい」と思いましたよ。野菜ないし。なんか少ないし。
しかし、一口ほおばって、味が舌を通して知覚されたその瞬間、ペルーで食った美味いものランキング第一位が更新されたのを感じた。これは・・・めちゃ美味い。

味付けのレベルが今まで食った飯より明らかに上。まだこれが沿岸部で初の飯なので断定はできないけど、少なくとも山岳で7ソル程度のレストランでこのレベルは出てこなかった。
あと米が美味い。ペルーって日本のようにモチっとした米があるんだけど、山岳部ではそういう米を使っていることもあるけど、でもパサっとしたほうを使っているレストランも多かった。というか、これはパサとかモチの種類の違い以前の問題だ。同じモチでもこのレストランの方が明らかに美味い。

とはいってもこれをもって沿岸部が美味いとは言えないけど。まだ一軒目だし。



んで、夜。夜は5ソルの少し安めのレストラン。
DSCN0942.jpg


ここはですね、まぁ山岳でも有り得るレベルでした。
美味かったけど、さっきのほどではなかった。

でもこのあと買った屋台で売ってたチュロスは美味かったな。よく揚がっていて、外はサックサク。中はもっちりしていた。味付けも砂糖がほどよくて甘すぎない。



最後、これは気になったから買ってみただけなんだけど、ファンタのコーラ・イングレサ。
DSCN0940.jpg



味は、何味かよく分からないような味。甘い炭酸飲料に何かの風味が足された味。全然説明になっていないんだけど、これが精一杯の説明です。






翌日



この日はワチョという街まで行く。規模的にはバランカよりもでかい。



道は相変わらず。なんかノペーっとした道。そして曇り。
IMGP0821.jpg




くさ積みすぎでしょ。
IMGP0822.jpg



しばらく走ると砂漠に。ちょっと楽しい。
IMGP0824.jpg



メディオ・ムンド 世界の半分みたいな意味か・・・。なんでだ?
IMGP0826.jpg




IMGP0829_201309151239298fb.jpg




沿岸部なんで当然海も見えています。太平洋です。コロンビアのカルタヘナぶりの海です。あの海の先には祖国日本があります。少しも思いを馳せることはありませんでした。というかブログ書いてる今になって「そういえばあの先は日本だったのか」と思い出しました。
IMGP0830_20130915124604922.jpg



うすーく雲がかかってはいるけど晴れてきた。
IMGP0831_2013091512460565a.jpg



ワチョ到着。結構でかい街だ。やはり全体的に沿岸部の方が街は発展してるっぽいな。
IMGP0835.jpg




ご飯。なんか毎回感想書くの面倒だから一言で終わらせるけど美味しかったです。
IMGP0834.jpg



そしてケーキ。
IMGP0838.jpg



今回の沿岸部走行で、実際食ったのは全て鶏肉なので、沿岸部の飯が絶対美味い!!とはちょっと言い難いんだけど、でもスイーツに関しては圧倒的に沿岸部が美味いと思った。

山岳で食ったケーキに比べると数段上の美味さ。ペルーに限らず、これまでアメリカ大陸で食ってきたスイーツといえばどれもこれも「糖尿病にする気か!!」ってくらい甘かったりしたんだけど、このケーキは良かった。特に生クリーム。生クリームが食って美味いと思えるレベルのものは今まで日本以外では無かったけど、やっと出てきたか。いままで甘いものといえば、アイスとフルーツくらいしかまともなの無かったからな。まぁそれだけ日本の甘いもんはレベルが高すぎるってことなんだけど。



とりあえず沿岸部はこれで終わり。
このまま走るとリマに突っ込んでしまうので、再び山岳に突入します。リマは南米でも屈指の大都市。そんな場所は自転車で走るもんじゃあない。走ったらイライラがとまらん。


ちなみに山岳に戻るには4700mの峠を越えることになる、らしい。
非常に楽しみだ。



関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
10
11
12
13
15
16
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2017 < >
Archive   RSS