愉しい自転車&生活

09

Category: [南米]エクアドル

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

ペルーのルートと2年目の抱負


さて、今現在、エクアドルのロハという街に滞在していますが、ここで今後のルートについて少しまとめておきます。まずペルー北部の治安について。

まぁこれは既に様々なブログで語りつくされている話題だけど、ペルーの北部沿岸部ピウラからトルヒーヨという街までの約400km。この区間は強盗が多発している地帯で、1990年代も強盗が出るといわれ(実際出ていた)、そして20年以上の時を経た今でもなお強盗が出ている筋金入りの強盗地帯。特にパカズマヨという町の周辺が危険らしいです。途中で出会ったチリ人チャリダーに聞きました。行く人は気をつけて。ちなみに、バスでも朝起きてリマに着いたら窓ガラスが粉々だったということもあったようなので、バスも安心とは言い切れない。


あとエクアドルとペルーの国境。
国境越えは赤丸で囲った3つ。海側、真ん中、山。海と真ん中はピウラで交わる。
無題

この中で最も危険なのは海側。この国境は行かないほうがいいでしょう。真ん中は通った人のブログを見ると大丈夫そう。そして山側。地図見て分かるとおり、ここだけ道のランクが下。未舗装です。


僕も最初はペルーの沿岸部を考えていた。そしてその区間はバスかなぁと思っていた。いつだったか何かの記事で「危ない所はバスなどを使ってとばす」と書いた気がするけど、それを書いた時に頭の中に思い浮かべていたのがまさにこのペルー沿岸部だった(あとはアフリカの中央とか)。でも、やはり旅を続け、走れば走るほど、自転車で走ってきたという事実に重みが出てきて、そう簡単にバスは使いたくない、と思うようになってくる。それにバスとか面倒臭いし。

だから、なんとか走れないかなぁ、と思って地図を眺めていたら、沿岸部じゃなくそのままアンデスを越えていく国境を発見。基本的に日本人はほとんど沿岸部に出るので知らなかったけど、「なんだ。あるじゃん」と思って少し調べると、どうやら道が悪くエクアドル側は傾斜もキツイらしい。マイナールートということもあり日本語で得られる情報も少ない。欧米人はわりと通るみたいだけどね。

そして、そこから沿岸部ではなくアンデスルートでのペルー情報を集めていった。そしたら、すっごく面白そうだった。


ここからちょっと今後の旅の仕方についての話にもなってくるけど、そのアンデスルートについて調べていくと、どんどん面白そうな場所、面白そうな道が見えてきた。観光地に縛られずに地図を眺めた時、今まで見えなかったのが不思議なくらい、魅惑的なルートが沢山見えてくる。今まで何も調べずに、もはや何故そこに行くのかを考えるということすらなく、有名でみな行くから盲目的に行こうと思っていた超有名観光地が、地図上のまだ見ぬ景色の前に、急激に色褪せていくように感じた。そして、今までなんて不自由で狭い視野でいたんだろう、と気がついた。リマ、ナスカ、クスコ、マチュピチュ、プーノ・・・そういった名の知れた観光地から解放されたことで、この南米の旅をより一層自由につくれるような気がした。

今現在、ウユニ塩湖すら行くかどうか検討する対象になっているしね。まぁウユニは行くだろうけど。でも、そこまで重要な場所ではなくなっている。みんな行くところだし。どんな所かは写真でよく見ているし。だいたいウユニなんてツアーで行けるでしょ。そういう既に知られて開拓されている所に行くことに対しては、行けて当然であって、そこにはあまり魅力を感じなくなった。

それよりもあまり知られてないけど楽しそうなルートに突っ込んでいくのが面白い。エクアドルだって、キロトアループとか、チンボラソ一周とか、他の自転車旅行者がスルーしていく場所こそが一番楽しかった。この道を行くと行かないとでは、エクアドルという国の印象は大きく変わっていたと思う。コロンビア、ペルーという個性の強い、魅力的な国に挟まれて印象の薄かったエクアドルが、今はコロンビアに匹敵するくらいに格上げされている。

だからこの先、観光名所にとらわれずに、マイナールート、未舗装、キツイ、高所、まち少ない、そんな道でも、楽しそうなら迷わずそちらを選んで、自由にこの大陸を走ろうと思います。
といった感じでペルーの北部のルートと2年目の抱負でした。


あと、エクアドルが思ったよりネット環境が豊富でリアルタイムにかなり近い時差で頻繁にブログを更新してきましたが、たぶんペルーに入ったら更新頻度は落ちると思います。主要幹線から外れて走ることも多くなるだろうし野宿も多くなるだろうし、早速ロハを出るとマイナーな未舗装ルートに突っ込むしね。

というわけで次の大きい町がペルーのハエンという町で距離が300kmちょい。未舗装も多く時間がかかるのでしばらくの間さようなら、かも。間の町にネットつきの宿が安くあったら更新するかもしれないけど。



関連記事
comments
 
アンデスルート楽しみです。個人的にはアンデス最高高度の道や、美しい峠道とか行ってほしいっすね、そして参考にさしていただきます。
それでは怪我や健康面に気をつけてください応援してます。
Re: タイトルなし 
ロハを出て4日目で未だペルーに入っていませんが、
アンデスルート面白いのでお勧めです。泥まみれになりますけどね(笑)



> アンデスルート楽しみです。個人的にはアンデス最高高度の道や、美しい峠道とか行ってほしいっすね、そして参考にさしていただきます。
> それでは怪我や健康面に気をつけてください応援してます。
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
18
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS