愉しい自転車&生活

04

Category: [第一次・北中南米持ち物]自転車

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

タイヤ CST TRAVELLER


IMGP6430.jpg

コロンビアで買った800円のタイヤ。中国製。
これを買ってパナレーサーのリブモは予備に戻した。マラソンプラスに穴が空き、予備のリブモを付けていた時は予備なしでいいか、と思っていたんだけど、やっぱりいざタイヤが駄目になったときにヒッチハイクとか面倒臭いなと思ったので、これ買ってリブモを再び予備として持つことにした。

コロンビアのボゴタで交換して今現在エクアドルのクエンカで2300kmほど走行。
IMGP6433.jpg


走行面、サイドウォールが厚く丈夫そうなので、結構持ちそうだと思うけど、果たして何km乗れるか。値段が安いので5000km持ってくれたらコストパフォーマンス的にはマラソンプラスと同等以上だし。ただ耐パンク性はマラソンプラスに及ぶべくもないですが。今のところパンクは2回。2回とも雨の日でガラス片。マラソンプラスならほぼ刺さりすらしないようなものだったので、あのタイヤは厚さのみではなく、ゴム質自体もモノが刺さりにくいように思います。

このタイヤはメイド・イン・チャイナではあるけど、チェンシンという台湾メーカーが作っている。スポーツ自転車少し知っている人なら「マキシス」は聞いたことあると思うけど、あれもチェンシンが作っている。そしてCSTもチェンシン。その他、ブリヂストンやパナソニックにもOEMで供給しているみたいですね。



2014年5月6日追記
結局コロンビアから1万2500kmほど走行し、チリのアウストラル街道でタイヤの変形を発見、交換した。
前輪のみの使用とはいえ800円で1万2500kmは驚異的なパフォーマンス。しかもタイヤの溝自体はまだまだ残っていたので変形がなければ使える状態だった。マラソンプラスは確かに最強かもしれないけど、このレベルのタイヤが手に入るのであれば、少なくともアメリカ大陸ではそこまで拘る必要もないと思いました。せっかく世界を旅するのだから、現地で何とかやり繰りしていった方が楽しいし。

関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
10
11
12
13
15
16
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2017 < >
Archive   RSS