愉しい自転車&生活

24

Category: [南米]エクアドル

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 4  Trackback 0

世界の中心でチンボラソと  出発360日目


2013年6月21日

標高4000mの夜が明け、ばさばさと風でなびくテントを開けて外を見た。
時刻は6時過ぎ。

テント開けて笑った。


ここはどこだ?(笑)
IMGP5565.jpg


見渡すかぎり凍りついている。
温度計使うまでもなく氷点下。
感じるまでもなく寒い。


テントも凍りついている。
IMGP5572.jpg



IMGP5571.jpg







そしてテントを出て後ろを振り返ると







やっと姿を見せてくれた。
IMGP5567.jpg




しかし、この辺は雲の流れが恐ろしいほど速く、晴れていたと思ったら雲の中に入ってしまったり、また晴れたり、雲の中に・・・とエンドレスで繰り返す。


気温自体はそこまで低くはないけど、風が強く、体感温度は気温よりずっと低い。
撤収作業を終える頃には指先の感覚がなかった。この気温と風は指きりグローブじゃキツイです。
IMGP5575.jpg



早い時間に出すぎてカナダでは凍える思いをしたので、
今回はテントの中で8時前まで粘って、8時半くらいに出発。
寒い地域では出発する時間は大事。というか太陽が大事。



最高の晴れ。しかし風が強すぎる。いままでどんな寒い所でも、グランドキャニオンで雪が降ったときでも、半ズボンで通してきたけど、この日はカナダで買った下のウインドブレーカーを初めて着用。意外にペダルは回しやすく、そして体感温度が全然違う。1年経ってようやく下もはく事を学習。長い道のりでした。
IMGP5580_20130623144425.jpg



風は鬱陶しいくらい強いけど、ここまでスカッと晴れてくれると、
もうそれだけで気分は最高。
IMGP5598.jpg



しかも今までコソコソ隠れていやがったチンボラソさんが丸見え。この時、バックミラーは後ろから来る車を確認するためじゃなく、チンボラソを見るために使っていた。
IMGP5601.jpg



行く先。雲かかってる。
IMGP5590_20130623144435.jpg




この山は大昔は世界で一番高いと思われていたそう。そう思われても仕方ない迫力は確かにある。
IMGP5610.jpg



自転車最高
IMGP5620.jpg




IMGP5632.jpg



チラッと
IMGP5639.jpg



カーブを曲がりチンボラソが視界に入るその度に立ち止まっては写真を撮っていた。
IMGP5645.jpg



何度も何度も、何度も振り返って、また徐々に雲に隠れていくチンボラソを見ながらパンアメリカンハイウェイまで走りました。
IMGP5647.jpg





そしてチンボラソ一周を終え、パンアメリカンハイウェイに復帰。
ここからバニョスという温泉のある町に向かうため一旦北上。
ここからの上りが思ったより長く、一度2600mまで落とした所から3400mまで20kmほどずっと上り。「いつまでのぼんだ!!」とムカつきながら再びアンバトの街に戻りました。
IMGP5659.jpg




エクアドル最高峰 ボルカン・チンボラソ(volcan Chimborazo)
心に残る景色と道がまた一つ増えました。


関連記事
comments
本領発揮 
アメリカネタではないですが、あまりの山の凄さにコメントしています。
なんですか!この山は。存在感が半端じゃありませんね。うらやましい。
それに、久しぶりに野宿らしい野宿をされましたね。それも標高4000メートルで。
普通「自転車の旅=染谷さん」かもしれませんが、僕にとっては、勝手に「野宿=染谷さん」というイメージもあったりします。
前回今回と読んでいて、「これは染谷さん本領発揮したな!」と。「おー、そこで寝るか?」と。流石です。
(」・ω・) 
とても綺麗な写真でした。
山あり谷有りでしょうが良い旅を、グッドラック
Re: 本領発揮 
チンボラソは高いというよりデカイ!という感じでした。
中々姿を見せてくれない山ですが、だからこそ見えた時は感動でした。

野宿のイメージついちゃいましたか?(笑)
でもそれは嬉しいです。野宿はエンジョイしてやっている方だと思うので。普通、他の人が寝ないような場所で、しかも絶景の中で野宿できたときは一人で「やってやったぜ」とニヤニヤしてます(笑) グアテマラ以降野宿をしていませんでしたが、気持ちの良い野宿という意味で言えば、アメリカ以来なので、8ヶ月ぶりくらいでした。たぶん、これから徐々に野宿率は増えていくと思いますのでお楽しみに!



> アメリカネタではないですが、あまりの山の凄さにコメントしています。
> なんですか!この山は。存在感が半端じゃありませんね。うらやましい。
> それに、久しぶりに野宿らしい野宿をされましたね。それも標高4000メートルで。
> 普通「自転車の旅=染谷さん」かもしれませんが、僕にとっては、勝手に「野宿=染谷さん」というイメージもあったりします。
> 前回今回と読んでいて、「これは染谷さん本領発揮したな!」と。「おー、そこで寝るか?」と。流石です。
Re: (」・ω・) 
どうもありがとうございます。
この辺は文字通り山あり谷ありです。
というかそれしかありません(笑)


> とても綺麗な写真でした。
> 山あり谷有りでしょうが良い旅を、グッドラック
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
10
11
12
13
15
16
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2017 < >
Archive   RSS