愉しい自転車&生活

23

Category: [南米]コロンビア

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

曇と雨の中の山岳走行  出発324日目


2013年5月16日

カハマルカを出発。
午前中は曇りの中、涼しい走行。


途中のレストランで休憩。
IMGP2760.jpg



しかし、キツイと聞いていたけど、確かに勾配はこの区間きつい所が多いな。

いたる所で道路を建設中だった。多分オートピスタ(高速)でもつくるのかな。この区間、やたらとトラックが多いけど、道は狭く勾配がキツイから正解だと思うよ。
IMGP2762.jpg


雨ぱらついてきやがった。
IMGP2766.jpg


しっかり降ってきやがった。
IMGP2769.jpg


パンクしやがった!
IMGP2771.jpg


パンクした所で丁度商店があったので、そこでコーヒー頼んで飲みながらのんびり修理。
雨強くなってきて面倒くさい。標高も2500mくらいで若干寒いし。



雨が上がった所で出発。また降りそうだけど。
IMGP2778.jpg


ぐんぐん上る。
IMGP2789_20130521095124.jpg


はいはい。いつもと同じですね。雲の中ですね。
IMGP2791.jpg


しっかし、インコースの勾配がやばい。
IMGP2793.jpg


カーブを曲がる度に現れる急坂。上っても上っても現れるカーブ。ゾンビか!
「バカか!これ!」と思わず言ったことも。
IMGP2794.jpg



雨、雲の中、パンク、と全然面白くない走行だった。


頂上到着。あぁ疲れた。
IMGP2800_20130521101343.jpg


峠の商店で休憩。熱いティントを飲む。
IMGP2802.jpg


下りも急で路面が濡れてるので気をつかう。
車もちんたら走ってるので、ぶち抜きまくった。


上りの時はずーっと山に向かって走っているけど、下りになると、今度は山に背を向けて走る。その時に感じる景色の開放感はいつでも気持ちが良い。自分の力で上りきり、上りとは違う技術を要求される下り。一瞬の判断、体重移動、爽快感と恐怖心、上りと下りで自分の全てを使うから、その景色の全てが自分の体験の中に取り込まれる。この山も自分のものになった、と思える。
IMGP2811.jpg


やはり最高の移動手段は人力である自転車だな。
IMGP2828.jpg



IMGP2841.jpg


今日の目的地カラルカの町。それまで雨だったりパンクだったりしんどい時間帯が多かっただけに、これ見た瞬間気持ちよかったなぁ。
IMGP2843.jpg


その後も町まで下り続け標高も1500mまで下がった所で幹線沿いのホテルにイン。
IMGP2868.jpg



ホテルでは、ボゴタ以来、1週間ぶりにホットシャワーを浴びれた。気持ちいい。
低地は水でいいけども、標高1700mとかで水シャワーとかキツかったからな。
明日はそのまま南下してカリへ、と言いたいところだけど、
少し寄り道(北上)してサレントという町へ行く。


関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS