愉しい自転車&生活

09

Category: [南米]コロンビア

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

シパキラの岩塩教会  出発310~311日目


2013年5月2~3日

もうボゴタは目と鼻の先だけど、ここで一旦北上し、Zipaquira(シパキラ)という街に行く。
なぜかというと、このシパキラという街は昔から山をほじくって塩を採っていた場所らしく、そのほじくった山の中に教会をほじくって造ってしまったらしい。

別に教会には興味ないけど、自転車で寄り道をしたいから行きます。
目的は教会ではなく、寄り道そのもの。道草くうのって楽しいよね。
小学校に入学したての時とか毎朝友達と道草食って遅刻してたっけ。
最初の頃、学校がチャイムまでに行かなきゃいけない事を知らなかったしね。

話しを戻して、それではシパキラ行ってみましょう。


まず朝飯。エンパナーダという食べ物。中身は米、鶏肉、ニンジンが入っていた。
簡単に言うと揚げパンみたいな感じ。
IMGP2176.jpg



そして今日は平地。しかも高地の平地。最高に走りやすい。
走っていたらレーサージャージでバッチリ決めたMTB乗りの人に抜かされた。

・・・。

ほほう。面白れぇ。ここはいっちょペースを上げるために利用させてもらおうか。
ギアをアウターにいれ、ガシガシこぐ。時速は27~29kmといった所。

しかし、写真を撮ろうと思ってフロントバックをゴソゴソあさっていると、
敵がその隙をついてダンシングでアタックを仕掛ける!
DSCN0829.jpg


セニョール!人が写真を撮ろうとしてる時に。逃すか!リミッター解除!
立ちこぎはやっても速くならないので、座りこぎで踏み込む。
時速26kmから33kmまで加速し、ひらいた距離を削る。


甘いわ。そんなアタックで振り切れると思うたか!
DSCN0831_20130507074029.jpg


しかし、このあと視覚では分からないほどの微妙な下りになり、敵がペースアップ。巡航速度が30kmを超えはじめる。僅かに下っているので、ついていけるが少し脚が重くなってきた。いまアタックをかけられたら・・・。

と、今度は僅かに上りになった、ところで敵がアタック!

まずい!と思って、ペダルを踏み込む。
相手も疲れたのか、思ったよりスピードが出ていない。逆に距離を削る。
DSCN0832.jpg


と、そこへロードレーサーに乗った2人組みが乱入。混戦!
DSCN0834.jpg



になるわけはなく、二人はあっという間に消えていきました。
たぶん35kmは出てるわ。チャリの性能が違いすぎる。



その後もしばらくついていくと、分岐点に到着。
DSCN0835.jpg



ここで自分は左に曲がる。ここまでか。
良い勝負だった。また会おうセニョール。


てな感じで遊べちゃうくらいに涼しい高地の走行。



でも速く走るの疲れるからここからはゆっくり行こう。
IMGP2181.jpg


さすがコロンビアといった所だけど、結局途中で切れたり歩行者いたりで車道の方が走りやすいんだよね。この辺の自転車道の作り方は日本と似てる。いや、どちらかというとコロンビアのが良いな。日本はコロンビア以下。
IMGP2183.jpg


街中を闊歩するコロンビア牛。今更ウシくらいで驚きはしないけど、
さすがにここまで街中を普通に歩いてるのは滅多に見ない。
IMGP2185_20130507075645.jpg



日本とは常識が違いますね。
常識と言えば日本だとクルマで曲がる時、ウインカー出しますよね?こっちのやつら出さないんですよ。アメリカまでは流石に出していたけど、メキシコからは出さなくなった。ラテンアメリカは方向指示器というものを使わない。初めは戸惑ったけど、いまでは完全に慣れた。慣れたというか自分の中で意識にすらのぼらないほど常識になっている。逆にこっちだとウインカー出された方が怖い。何故かというと、出しているからと言って曲がるとは限らないから。信用できないのでそれが本当かもしれないし、フェイクかもしれないので、怖い。あと、例えば3車線あって、ど真ん中の車線を走っている車がいきなり右折してきたりとかね。そういう凶悪なフェイクを平然とやってくる。
ラテンアメリカの道路は戦場だ。せいぜい墓場にならないように気をつけたい。




しかし今日は路肩も広く、穏やかな戦場。
正面の斜面に見えるのがシパキラの街。思ったよりデカイ。
IMGP2188.jpg


街到着。
IMGP2209_20130507105136.jpg


翌日、岩塩教会に向かう。
IMGP2221.jpg


入り口。この入り口を見た瞬間、ディズニーランドを思い出した。でずにーランドのアトラクションに入る前のあの感じにそっくりだ。
IMGP2227.jpg


入場。ちなみに入るのに20000ペソ。1000円くらいね。高いです。
IMGP2229.jpg


なんか教会だから勘違いして神聖な感じなのかなとか思っちゃう人もいると思うので、初めに言っておきますが、完全にディズニーランドと一緒です。つくりものの世界。ライトアップがんがん。テーマパーク的な雰囲気が漂う場所です。お経・・・じゃなくて教会で歌う歌(ミサ曲?)が流れています。もちろん生で歌ってるわけじゃなく、スピーカーから流れています。


塩。試しに舐めたけど不味かった。
IMGP2230.jpg


この岩塩教会"僕は"楽しめました。
IMGP2248.jpg


まるでRPGのダンジョンに入ったようで楽しめたけど、ここまでゴリゴリにライトアップしたりしているので、白ける人は相当白けると思う。ここは教会だと思ったら負け。
IMGP2266.jpg


塩の滝。観光客に開放しているこの場所は新しく造った場所のようなので、最初に造られた方はたぶん純粋な信仰心から造った、本物の教会なんだと思う。
IMGP2285.jpg

IMGP2319.jpg


所々FF10を思い出すような所があって結構楽しめた。
IMGP2345.jpg

ちなみにお土産やさんもあります。
IMGP2323.jpg

なんとUFOキャッチャーまであります。
IMGP2334.jpg



岩塩教会、お勧めするかと言われたら積極的にはしない。
でも僕は楽しめました。まぁ1回見れば十分だけど。2度は無い場所。
歯切れが悪いけど、そんな場所ということです。。
興味があれば行ってみたらよいと思います。


次はいよいよボゴタだ。
IMGP2359.jpg



関連記事
comments
 
リアルGrand Theft Autoとかコワイ!
岩塩協会、なんだかワクワクしそうな場所ですね。
ちょっと行ってみたい
Re: タイトルなし 
もう本当に怖いですよ。
慣れはしましたが、それでもヒヤッとする場面はたまにありますからね。
特に巻き込みが恐ろしいです。有り得ないタイミングで割り込んできますから。
思わず汚い言葉が飛び出てきます(笑)

岩塩教会は楽しかったですよ。
多分ガッカリする人のほうが多そうな場所ですが、
あそこまで徹底的にやってくれると逆に楽しめました。


> リアルGrand Theft Autoとかコワイ!
> 岩塩協会、なんだかワクワクしそうな場所ですね。
> ちょっと行ってみたい
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS