愉しい自転車&生活

16

Category: [南米]コロンビア

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

誰か!やる気をください!  出発282~283日目


2013年4月5日


自転車をこぐ時に最も重要なものは何か。
自転車の性能、乗り手の筋力、体力・・・色々とあるけど、
断言できる。一番重要なのは「やる気(精神力)」だ。

IMGP0922.jpg

別にウソを書いてもしょうがないので、
感じたことそのまま書きますが、この暑い平地を走っている時は本気で嫌だった。
何故こんな詰まらない事をやっているんだとすら思った。
思えばグアテマラの出国時あたりから暑くなっていた。
馬鹿になってしまいそうな暑さの中米。
中米は治安悪いけど、あんな暑い中よく犯罪とかやる気になるよと思った。
コスタリカで一瞬3000m超えたけど、あんなもんは涼しいところを走ったうちに入らない。
天気悪かったし。

思い返すともう2ヶ月以上、日本で言ったら真夏の一番暑いような気温の中走ってきたわけだ。
もうね、いい加減嫌ですよ。この暑さ。
IMGP0929.jpg


そんな訳で、やる気が困ってしまうくらいに出なかった。
やる気を振り絞る、というやる気すら出てこない。
そうなってくると自転車というのは全く進まない。
エンジンついてないから。体力と精神力を含めた自分の力を使わないと進まないから。
バスやタクシーや飛行機じゃないから、誰も運んではくれない。
そこが自転車のしんどい所でもあるけど、逆に他の乗り物にはない最高の部分でもある。


IMGP0928_20130415050127.jpg



ただ、そんな中でもコロンビア人の優しさや気遣いにはホッと安心させられた。


日陰で休憩している時、正面の商店にいるおっちゃんが「こっち来い」と手招きをした。
正直、行きたくなかった。休憩してる時は基本的に疲れている時。
というか疲れないと休憩しないから、休憩中はあまり人と絡みたくない。疲れるから。
でも、おっちゃんはイスを持ってきて、ここに座れと手招きする。
イスまで出されたらしょうがない、と思って行くと、
意外にも2、3質問をされただけで、会話は終わった。
無理に話しかけてくることは無く、おっちゃんも後ろで店番がてら日陰で休んでいる。
自分の方はというと、イスに座ってそよそよと吹いてくる風を感じながら、
次第にウトウトし始め、ついには寝始めた。半分起きて半分寝ているような状態で、
気がついたら1時間半も経っていた・・・。
こ、これは・・・寝すぎたな。

寝ている間もおっちゃんは声をかけてくることは無く、お客さんが来れば相手をして
いなくなればまた後ろにきて日陰でのんびりしていた。


なんか海外しかもコロンビアにいるにも関わらず、油断しすぎている感はあるけど、
でも、良い時間だった。立ち去る時はお客さんの相手をしていたので、
「グラシアス」と一言言って出発。言葉だけで去るのがもどかしかったけど、
今の自分にはそれしか言えないから。

写真の右側の青いイスで休んでた。
IMGP0939.jpg



さて、寝すぎて時間が押している。走らないと。
そして街まであと4kmほど、と言ったところで前方に上りが見えた。

どうやら正面の山を越えて街に入るらしい。
うわー。きちゃったね。これ。もう嫌すぎるわ。
IMGP0941.jpg


仕方ないから上る。もう力が出ないから押す。
IMGP0944.jpg


大分上ってきた。
IMGP0942.jpg


そして、ようやく天辺。結局、標高260mまで、100mほどの上りだった。
IMGP0946.jpg



ホテルを探しながら走っているとバイクに乗った二人組に声をかけられた。
IMGP0947.jpg

ペットボトルを指差して「アグア(水)?」と言ったので、
「シー(そう)」と言うと、バイクの荷台からコーヒー牛乳のようなものを取り出した。
まさか・・・この展開。
期待通り、それをペットボトルに入れてくれた。入れる時に妙にその飲料がドロッとしていたので
少し不安になったが、注いだ後に「飲んでみろ」と言われて飲んでみると、
なんと、飲むヨーグルトではありませんか。しかも美味いし冷えている。

コロンビアが人の良い国だというのは聞いていた。
だから、自分の中でそれに期待している部分があったか無かったかといえば、あった。
でも、それでもなお、いきなり飲むヨーグルトをくれたこの青年達の優しさには驚いた。
軽いノリで、少しも気張った感じとか、格好つけた感じなく異邦人の自分にものを分け与えてくれる。
ウェルカムな感じを彼らから感じる。

段々と、コロンビアが自分の中に浸入してきた。
コロンビア人の一歩引いた優しさのように、ガツガツとは来ず、
ジワジワと沁みてくる。


ありがとう。美味かったよ。飲むヨーグルト。
IMGP0950.jpg
関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS