愉しい自転車&生活

17

Category: [その他]旅の情報

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

コスタリカまとめ


期間2013年2月18日~3月6日

日数 17日

走行距離 716km(積算12722km)

通貨 コロン 500コロン=1ドル(2013年2月時点)
   




大きな地図で見る


治安
実はこのコスタリカは多くのサイクリストが被害にあっている。
だから決して油断ができない。
一応、これまでの中米連邦と同じ程度の警戒心で行動していたけど、
さすがに中米連邦よりは治安は良い。概ね問題はない。
ただサンホセのコカコーラ地区はやはり評判どおり良くない。
浮浪者がその辺に座っていたり、格好も汚い人が多い。
かと思えば、ちょっと行くと小奇麗で賑やかな通りに出たりする。
この差は非常に良くないかな。貧富の差が大きな所で犯罪は起きますから。




食事
高い。馬鹿にしてんのかってくらい高い。
場合によっては日本以上。食料品の値段は少なくとも今まで旅した中でトップ。
アメリカよりカナダより高い。本当に。
味はまぁ中米連邦に比べれば上がるけど、でも高ぇよ。



調理では使ってた。
生は飲んでない。
飲めそうな気はした。
気がしただけかもしれない。


物価
高いですね。食べ物飲み物が特に高い。
中米というくくりの中でこの国を考えるなら異常と言えるほど高い。
でも何故か宿はさほど高くはなかった。
というか食料品以外は特に高くはない。
サンホセで買ったメーターもグローブも安かったし。


宿
物価に対しては安い。
中米連邦の国と変わらないくらい。
ネット環境もこれまでより良く、明らかにスピードも速い。




走りづらいですね。かなり。
まず狭い。ほとんどの区間路肩は無い。
そして交通量も街が近いと多くなる。
道が狭いからドライバーもあまり避けない。
寄せてくるというよりかは避けない。
運転マナーに関しては他の中米と大して変わらないと思うけど、
道が狭い分、悪さが際立つ感じかな。
ただトラックとバスの運転手は明らかにマナー良くない。
トラックの運ちゃんは割りと避けてくれる人多いんだけど、
ことコスタリカに関しては避けない人が多かった。

起伏は、入国後ラクルスまで上ります。標高で300mほどまで上る。
そこからカーニャスまでは概ねフラットだけど風が強い。
カーニャス~エスパルサはアップダウンがあり、風も弱くなり暑かった。
エスパルサからは一度1200mほどまで標高を上げて、
その後はアップダウンをしながらアラフエラの900mまで下る。
そしてそこからサンホセの1160mまで上り。
サンホセからはずーっと上り。3300mまで。
そこからサンイシドロの700mまではずーっと下って、
さらにそこからパルマルノルテ(100mくらい)まで標高を下げていく。




気候
サンホセを通るとしても涼しいのは本当に一瞬。
あとは暑い。しかも蒸し暑い。特に3300mの峠後が不快指数高いです。




んーー・・・融通が利かない。
もちろん全ての人ではない。でもちょいちょいそう感じる場面があったのは事実。
悪意があるわけではないんだけどね。
逆に、というか、親切な人は凄く親切です。




見所
なんでしょうね。ケツァールじゃないですかね。
見れるかどうかわからないけど。
あと国立公園が一杯あるんで、見所は多いんだと思います。




国境越え

ニカラグア側
入国税なし。ツーリストカード記入。
入国の際に帰国チケットの提示を求められたけど、
自転車だと言ったらチケット無しでもOKだった。
義務的に確認してるのかな。


パナマ側
出国税なし。ツーリストカード記入。
スタンプポン。簡単。



コスタリカ・・・か。
ラクルスの街は居心地良かったな・・・。
あとは・・・物価が高かった。
あとは・・・蒸し暑かった。
あとは・・・もうないかな。
最近こんな感想ばかりだな。
感想を持つにはあまりに滞在が短いからかもしれないし、
暑くて何も考える気になれないのも原因のひとつかと思う。
道狭いし、舗装悪いし、自転車で走って楽しい国ではないからね。
自転車旅行で、移動が楽しめなければ、そら感想も希薄になるか。

あとは、もしかすると自分の中で、中米の中では経済的に豊かであるコスタリカに
どこか期待をしてしまっていたのかもしれない。
それが何かは分からないけど、漠然とした期待をもっていたように思う。
でも相変わらず暑いのは変わらないし、中米は中米だった。
涼しい所もあいにくの天気だったし。

まぁもう終わったことだ。
さっぱりと次へ進もう。

関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04, 2017 < >
Archive   RSS