愉しい自転車&生活

10

Category: [その他]自転車旅あれこれ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 3  Trackback 0

北米の道 5選


圧倒的な自然の北米。
その北米を走った中で、
僕が良いなぁと思った道を5つ選んで紹介したいと思います。

なんで突然こんな記事を書いたかと言うと、
単純にガス抜きです(自分の)。

自転車だけじゃなく、きっとドライブでも楽しい道だと思います。
対象国はカナダ、アメリカ、メキシコ。



No1 カナダ ジャスパー国立公園 アイスフィールドパークウェイ
IMGP1309.jpg

カナディアンロッキー北部、レイクルイーズからジャスパーの街まで続く道。
ここは本当に凄かった。道そのものが、というより周りの景色が圧倒的に凄い。
「のびる道路も含めて良い景色」ではなく、とにかく周りの山、森が凄い。そんな景色の中を走れるというのが本当に感動的で幸せになれる道です。景色に見とれて止まってしまうので、毎日毎日たった50kmほどを走るのに夕方になるまで走っていた。それも日の長いカナダの夕方なので8時くらいまで走っていた。
個人的にはバンフを走るよりも遥かに楽しかった。いや、楽しすぎた。
IMGP1478.jpg


IMGP1768.jpg



No2 アメリカ モンタナ州のUSハイウェイ85号線
IMGP2543.jpg

カナダでずーっと山を走ってきた後に走った、
モンタナ州の延々真っ直ぐ延びる田舎道。まさにアメリカの道。
カナダでもカルガリー周辺などは結構真っ直ぐ延びるようなみちだったけど、
やはりアメリカは違った。空気とか色とか、何もない感じとか、
単純に走るのが楽しかった。毎日毎日、野営地を探すのが大変だったけど、
日本人のご夫婦との良い出会いにも恵まれたし、凄く印象深い道。
IMGP2537.jpg


IMGP2585.jpg




No3 アメリカ ユタ州 BlandingからHanksvilleまで続く95号線
IMGP4546.jpg

この旅で最長(2013年2月時点)の次の町まで200kmという何もない道。
何もない、車は通るが人はほぼ住んでない。本当に無いからこそ、
圧倒的に自由に走れたし、旅ができた。両脇を見ればそこら中に絶好の野営地。
絶景に包まれて野宿なんてことがいとも簡単にできる。
そして周囲に何もないから夜の星空は凄まじい。生まれて初めて星で空が明るく感じた。
暑いし、補給地点も途中一箇所しかないので、補給ミスったら結構ヤバイ。
でもそういうのが良かった。簡単すぎて、揃いすぎて、守られすぎる旅なんか面白くもない。
一人、自分の他には誰もいない。自分と自然だけの世界。たまりませんね。


IMGP4516.jpg


IMGP4643.jpg



No4 アメリカ ユタ州 HanksvilleからTorryへの24号線と
    Torryからブライスキャニオン国立公園まで続く12号線
IMGP4669.jpg

道的にはNo3の95号線と一続き。まとめてもいいかと思ったけど、やはり95号線は特別なので別にした。
HanksvilleからTorryまでは灰色の世界。数十キロ手前の95号線は赤茶けた大地だったのに、とつぜん砂の世界に変わる。これの変わりようは本当に凄い。いきなり他の星に来てしまったようにすら感じた。
そしてTorryから先の12号線。僕は丁度紅葉の時期に行ったんだけど、これが大当たり。一度標高2900mくらいまで上がるんだけど、上れば上るほど色鮮やかに、森が染まっていく。眩しいくらいの紅葉でとてつもなく気持ちのいいサイクリングだった。
極めつけはグランドステアケースエスカランテでの野宿。
最高の自然のど真ん中で野宿。これ以上は何もいらない。

IMGP4671.jpg

IMGP4859.jpg

IMGP4938.jpg



No5 メキシコ チアパス州 パレンケからサンクリストバルまで続く山道
IMGP8378.jpg


ここは地獄のような道だった。激しいアップダウン。緩まることのない急傾斜。単純に坂のきつさだけで言えばぶっちぎりできつかった。ただメキシコの中でも取り残されたような田舎ぶりで、民族衣装を着ている人も多く、景色は深い山ばかり。でも所々人間の手が入っているところもあり、でもしかし、ばっと開けた所から見ると、手付かずの自然が広がっている。地球の辺境の地に来てしまったようで、凄く楽しかった。でもそれをひっくり返す勢いのきつい道でもあった。
あとは途中のアグア・アスルの滝。これも良かった。滝も良かったし周りの露店の雰囲気が何とも言えず良かった。とか褒めつつも、もう1回行きたいかと言われると躊躇する。そんくらいきつかったんです。


IMGP8348.jpg

IMGP8288.jpg




以上。まぁほぼアメリカですが、
カナダも北部を走っていればまた結果は少し違ったかもしれません。
最後のメキシコの道は自転車で走らないと、あのド田舎感は分からないかもしれない。でも自転車は絶対おすすめしない。バイクあたりが良さそうかな。他の道は車でも楽しいと思います。

自転車だと、観光地よりもこうした「道」の方が印象に残る。
常に、一日中いるのは道路だから。
気が向けば、中米編とか、道じゃなくて単に風景編とかやるかも。



2013年4月17日追記
一応グーグルマップで場所を分かるようにしておきます。

No1



No2



No3

大きな地図で見る


No4

大きな地図で見る


No5

大きな地図で見る

関連記事
comments
 
すんばらしい。
観光地じゃなくて、
道に対する思い出が自転車旅行の醍醐味だよね
 
久々にアメリカの懐かしい景色がUPされてたら、これはコメントせずにはいられません!ホントに12号線の色付くアスペンの木々は羨ましいかぎり。そして一面の草原、赤茶けた大地、ビュート、星空。それも自転車で!!写真見ただけでワクワクが甚だしすぎて鼻血出てきそうです・・・。
 
かにゃーおさん
間違いないですね。もちろん行きたい観光地というのはありますが、それを見ることだけが目的ではなくて、そこへ行く過程、道中を楽しむ。これが楽しいですよね。良い景色や出会いは道端にこそ転がっているもんです。

msc3600さん
久々アメリカの写真登場!です。最近、毎日があまりに暑いので、ちょいと北米を懐かしんでみました(笑)
あの景色の中を自転車で走れたというのは本当に楽しかったです。僕も思い出すとワクワクして気持ちが熱くなってきます。
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS