愉しい自転車&生活

13

Category: [その他]旅の情報

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

メキシコまとめ


期間11月1日~12月30日

日数 60日

走行距離 3168km




大きな地図で見る
※マサトラン~ケレタロ間はバス

治安
普通に旅行する分には特に問題なかった。
よほど油断したりとか、変な所に行かない限りは大丈夫だと思う。
国境の街もヤバイ空気は感じなかったし。
人気のないところは通らないとか、
むやみにカメラを取り出さないとか、
周りをよく見て不用意な行動をとらなければ大丈夫でしょう。



食事
美味かった~。アメリカから来たから余計に美味く感じた。
バリエーションも豊富で、アメリカに比べたら遥かに野菜もとりやすいし、
メキシコ入ってからはほとんど自炊をしなかった。
特にシティとその周りの都市の屋台はめちゃめちゃ美味かったなぁ。
外食なら1食100円~500円くらい。カリフォルニア湾近くは高い。
中部は普通。南部は安い。



飲め・・・ないと言っておきます。
サンカルロスで体調を崩した時も本当に水が引き金かは
分からないんだけど(怪しいのがもう1つある)、
途中で出会ったメキシコ人サイクリストも買って飲んでいたので、
体調崩した以降は買って飲んでいた。
どうしても飲むならろ過するか沸かすかした方が良いと思います。



物価
先進国に比べれば安いけど、決して油断できる安さではない。
野宿で本気出して節約すれば一日500円あればいけるけど、
宿に泊まって全部外食したら2000~3000円くらいは使う。
やはり安くあげるなら北米同様自炊は必須。
僕は食べ物が美味しいのでほぼ外食してたから、
使った額は北米と大して変わらないかな。



宿
キャンプ場はほぼなし。
アメリカ人の来るようなカリフォルニア湾周辺はチラホラあるけど、
それ以外の地域はまず無かった。
ホテルはそこら中にあるので探すのは困らないと思う。
僕が泊まった中では安いところで60ペソ、一番高かったので380ペソ。
WIFIは割りとある。ただフリーで飛んでることはほぼ無い。
マックもロックがかかってるのでパスワードを教えてもらう必要がある。
ネット環境に困るようなほどではないかな。
野宿はカナダ、アメリカに比べたら特にしやすい印象はもたなかった。
過疎ってる所はしやすいけれど、アメリカのユタ州の95号線でしたような、
グランドステアケースエスカランテでしたような、
ワクワクしちゃうような野宿はほぼ無かったな。
本当に一夜過ごすだけという感じ。
あとは24時間開いてるのでガソリンスタンドはちょくちょく利用していた。





カナダ、アメリカに比べれば舗装レベルはかなり落ちる。
突然道に穴が開いてたりとか、街中は特に酷い所が多い。
路肩は高速道路(AUTO PISTA)は大抵広い路肩があるけど
普通の国道は無い所が多い。
傾斜は所によってキツイ。
真ん中の高原地帯は楽だけど、チアパスの坂はかなりキツイ。
今まで走った道で一番きつかった。



気候
標高が下がれば暑いし、上がれば快適。
海沿いはそこまで猛烈に気温は上がらないけど、
湿気が凄いのでかなり不快。常にジメジメするのでテントカビたし。
結構高地が多いので、一般的に想像するよりかは暑くないと思います。




人は良かったなぁ。
カナダやアメリカなど、ある程度経済が発展してしまった国には無い親切さや
面白さがあった。意識して「明るく振舞う」とかではなく、
ナチュラルな明るさ、無理のない陽気さが心地良かった。
見知らぬ人に話しかけるために越えなければならない垣根が低いように感じた。



見所
メキシコは普通に走って美味しいご飯食べて、
メキシコ人と適当にやりとりするのが面白かった。
観光的なことはほとんどしなかったけど、
良かった場所はアグア・アスルの滝。
周りに並ぶ露店も含めて良い雰囲気でかなり魅かれるものがあった。
パレンケも中々雰囲気があって良かった。
でもマヤの遺跡はティカル見れば十分そうな気もするけど。

道だとシティからメキシコ湾に抜ける道が良かった。
メキシコの名峰を見ながらの走行は気持ち良い。
あとはパレンケからサンクリストバルへ続く道。
これも良かった。景色は最高だった。でも半端じゃなくキツイ。

街だとサンクリストバル、コミタンが好きだったかな。
というかザックリ、バッサリ言ってしまうとチアパス州が良かった。
チアパスは自然も凄いし色鮮やかな民族衣装や家屋など、
とにかく目で見て楽しいものが多かった。






国境越え
アメリカから入るときはノガレスという街から入った。
入国はあっさり入れるけど、僕の場合はスタンプ押してくれたおばちゃんが
滞在許可を30日しかくれなくて、延長もできなかったので、
入国の際はちゃんと「180日ください」と言った方がいいと思う。
あとメキシコは入国税で300ペソほど払う必要があるんだけど、
その払った時のレシートをおばちゃんが普通に回収して、
メキシコ出国の際にまた払わされることになったので、
きちんとレシートは返してもらいましょう。
本当にあのババ・・・じゃなくて、
おばちゃんの所為でいくら無駄にしたか分からんわ。
「あれ?」と疑問に思いつつもスルーしてしまった自分が悪いんだけども。
入国税に関しては、ノガレスから入った時はイミグレの近くに銀行があったので、
スタンプを押す際に「払ってきて」と言われて、その場で払わされたけど、
入国の時に払わなければいけない訳ではなく、出るまでに銀行で払っとけばOK。
一応1週間以内とかなんとか支払期限があったような気がするけど。
でもバス移動だと結構検問で止められてパスポート調べられるので、
早めに払っといた方がいいかも。
いちゃもん付けられそうな部分はなるべく減らしといた方が懸命だし。

メキシコ出国に関しては楽で、ツーリストカードと入国税のレシートをパスポートと
一緒に渡してスタンプポン。



世界遺産も沢山あって見所も多いメキシコだけど
思い出に残るのはそんな観光地ではなかった。
トラックの運ちゃんが通り過ぎざまに身を乗り出して応援してくれたことや
コーラを奢ってもらったこと、ホットドック奢ってもらったこと、
家にも泊めてくれたこと、幼稚園に行ったこと、毎日のようにおっちゃん、おばちゃん
子供も手を振ってくれたこと、半年振りに押したほどのチアパスの坂、
初めて経験した標高3000m以上での野宿、富士のように綺麗なオリサバ山、
そして美味しい食べ物。
一つ一つはアメリカの圧倒的自然に比べれば小さいかもしれないけど、
濃さでは負けない。
また違う旅の面白さを知ったメキシコ走行でした。

関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS