FC2ブログ

愉しい自転車&生活

28

Category: [北米]メキシコ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

地球4分の1周  出発170~171日目


2012年12月12日

ラファエル家を出てからは基本的にずっとオートピスタ(高速道路)を走行。
このまま密林に眠るマヤの遺跡「パレンケ」を目指す。

前の日はこのレストランでテントを張らせてもらった。
IMGP7863.jpg

このレストランは非常にとっても印象深いところとなった。
なぜかって言うと、まず働いてるおばちゃん、いや、お姉さんと言っとこう。
お姉さんが凄く感じが良かった。
ここだけじゃなく、なぜかコルドバを出てからパレンケまでの
高速沿いにあるレストランの人は大体皆感じが良かった。

あと猫。ここ野良猫がいるんだけど、夜中の2時頃にテントを襲撃された。

こいつ。もう一匹いたけど、こいつがイタズラ野郎だった。
もしかしたら野郎じゃないかもしれないけど。
IMGP7852.jpg


ここから
IMGP7845.jpg


ジャーンプ!
IMGP7846.jpg


思いっきりフライシートに爪たててやがる。雨漏りしたらこいつの所為だな。
IMGP7849.jpg


まぁ猫だから許すけど。犬だったら問答無用で引っ叩く。



あとこの少年。
IMGP7861.jpg

何があったかというと・・・ちょっと改めて書くの面倒なんで
Facebookに書いた文をそのまま借用。借用っていうか自分の文なんだけど。


『数日前の出来事だけど、高速道路沿いのレストランで夕食を食べて、24時間営業だったので、そのままそこでテントを張らしてもらった。明くる朝、レストランで朝食をとっていると、写真の勉学(たぶん)に勤しむ少年がスパイダーマンとアストロマンのシールを「自転車に貼って」とプレゼントしてくれた。大事そうに抱えていたノートには沢山のキャラクターのシールが貼ってあった。

くれた2枚のシールも、たぶんその子にとっては宝物だったんだろうと思う。少年の目に自分がどう映っていたかは分からないけど、そんな大事なものを初めて会った外国人にくれた。その後2人で一緒にシールを貼り付けた。アストロマンは自転車の泥除けに。スパイダーマンは旅立ちからずっと使っているナルゲンのボトルに。

そのあとレストランを後にして、ふと泥除けに目をやると、アストロマンのシールが貼ってある・・・。思わず「だせぇ(笑)」と口に出して言ってしまう程ださかった。一応、いうても20万以上はする自転車だから、それにバッチリ「アストロマン」のシールというギャップが何ともダサくて可笑しかった。
きっとこの先「何これ(笑)?」と聞かれたら、「いや、これはメキシコで出会った少年にさぁ」とかいって自慢げに語るんだと思う。』
引用終わり


てな感じ。
さらに!まだあるんです。

そう朝食に適当に頼んだらこのスープが出てきた。あとコーヒーを飲んだ。
IMGP7859.jpg


コーヒーと合わせて60ペソ前後って所だろうと思った。
お会計をしようとすると、おばちゃんが
「いらない。あなたはフレンドだからフリーよ」と。


そんな感じで、このレストランでは色んなことがあった。
思い出深いレストランだ。ちなみにここで帽子をなくした。
そんなレストランを後にし、相変わらず高速道路を走る。

高速って言っても、まぁ街の周辺以外はのどかなもん。
IMGP7866.jpg


この辺は湿地帯のよう。
IMGP7878.jpg


そしてこの日は107km走ったところにあったガソリンスタンドで野宿をした。
IMGP7886.jpg




翌日

最近天気があやしいなぁとは思っていたけど、ついに降った。
朝、バラバラと雨がテントを打つ音で目が覚める。
うわぁマジか。めんどうくせぇ。
今まで乾季ということもあり、雨に降られたことは無かったが、ここで来たか。
昨日の走行を終えた時点で出発からの総走行距離が9959kmになっていたので、
10000kmを超える日だというのに。雨か。


降ったり止んだりで、晴れる気配はない。
ジメジメした感じといい、日本の梅雨のよう。
雨だとカメラも出せないので、止んだ隙に撮る。
IMGP7891.jpg


ここまで一日しっかり降られるのはもしかしたら初めてかもしれない。
グランドキャニオンで雪が降ったときは一日大荒れだったけど、
あの時は公園内を移動しただけだし、半分以上車に乗せてもらったから
午前中には走行終えてたからな。一日雨の中走るのは初めてだ。
IMGP7892.jpg



そして、走り始めて約半年、走行距離10000km突破。
IMGP7893.jpg


といっても感動は特になし。
遠くに来たって実感があるのはせいぜい1000kmくらいまでで、
それ以降は2000km走ろうが5000km走ろうが10000km走ろうが変わらない。
ただ日々の走行が積み重なって、その数字になっただけだ。

1万km走って、何キロ走ったかはあまり関係ないな、と感じた。
ただ、走った期間、年月は増える程それなりの重さが出てくるように思う。
まぁ長けりゃ良いってもんじゃないけど。


ちょうど1万キロの所にレストランがあり、ちょうどお昼時、腹も減ってたし、
しかもまた雨が降り始めてきたので、昼食。
IMGP7894.jpg


「ミラネーサ デ ポジョ」ミラネーサというのはミラノ風カツレツ。ポジョは鶏。
デは・・・デだ。たぶん英語で言う「of」的なポジションだと思う。美味かった。
IMGP7896.jpg


そしてこの日は朝、雨止まないかなーと淡い期待を抱いてレストランでダラダラ朝食を食べ、
しかも雨宿りとか、そもそも走行スピードもあまりでなかったので、
行こうと思っていた目的地には到底行けず、
手前のアグア・ドルセという街に行く途中にある「オートホテル・ラスベガス」に宿泊。

アメリカのラスベガスには縁が無く行ってないけど、
こっちのラスベガスには縁があったようだ。
IMGP7897.jpg



ホテルに着いたら速攻シャワー浴びて、ビショビショのテントを干す。
外のが気温が高いけど、湿気が凄くて全然乾かない。冷房ガンガンで冷えた室内のが
乾燥して余程乾きやすい。
IMGP7899.jpg


明日は晴れて欲しい。


関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2020 < >
Archive   RSS