愉しい自転車&生活

22

Category: [北米]メキシコ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

いつか見た景色 出発167日目


2012年12月9日

今日はメキシコの最高峰オリサバ(標高は5700mくらい)の横を通過するので
かなり上る、と予測。基本的に道の勾配とか街の標高とかは調べないし、
人に聞くこともしないので、紙地図から予想して走って答え合わせという走り方をしてる。
なのでたまに酷い見当違いを起こすこともある。
平坦を80km走った後に40kmずっと上りが続いたりとかね。
IMGP7733.jpg



昼飯。最近完全に外食のみになった。もう自炊の仕方忘れた。
IMGP7741.jpg



しばらく走るとオリサバがくっきりと見えるようになってきた。
円錐状の山で日本の富士山を思い出す。
IMGP7744.jpg



ただ予想に反して上りは大したことはなかった。上るには上ったけど山を越えたというより、
せいぜい丘を越えた程度の獲得標高だったと思う。
IMGP7749.jpg



このシティからプエブラを通り、メキシコ湾の方へ抜けていく道は
今まで通ってきな道の中でもかなり上位に食い込むほど気持ちよかった。
IMGP7755.jpg



大した上りじゃないと書いたけど、よく思い出すとしんどい思いをしてた気もする。
まぁそれを忘れさせるほど気分良く走れたということだと思う。
IMGP7759.jpg


何か箱庭のような景色。突然こんな景色に変わったから驚いた。
IMGP7761.jpg


そしてオリサバ州に入ってから今度は一気に下りが始まる。
下る前で標高2300mほど。先に結果を言うと100m以下までずーーーっと下る。
超ロングダウンヒル。しばらく何もすることない。
IMGP7760.jpg



そして、下り始めてすぐに、あることに気がついた。


あれ?この景色、見たことある・・・。


さらに少し走って確信した。間違いない。
ここ、シティからタパチュラに行く時にバスで通った道だ。
あの時「おお~すげぇ~」と思った景色を今度は自転車で通るわけだ。
なかなか出来ない体験かもしれない。
IMGP7772.jpg


バスだと速すぎてよく見れなかった景色が自転車だと、
好きな時に止まってゆっくりと眺められる。
圧倒的に自由な自転車の旅。
IMGP7776.jpg



音も風も匂いも全て受けながら目の前の景色を眺める。
今、自分は旅をしている。この地球を。自転車で。自分の力で。
IMGP7780.jpg



このスタイルの旅を経験したら、
ちょっともうバックパッカーにはなれないな。
IMGP7793.jpg



あと、ここからオリサバの街までの1000m超の下りで
トラックを5台もぶち抜いたのがめちゃめちゃ気持ち良かった。
普段散々な目に合わされているので、
ここぞとばかりにおそっ!車おそっ!と嘲笑う。


そしてこの日、

日も落ちかけたオリサバのガソリンスタンドで

ある「出会い」があった。


関連記事
comments
 
また壁紙変わりましたね。今度のもすごい!激しくもやさしい滝ですね。
周りの緑から想像するに、既に超暑い地域に突入されたのかな。体調やトラックには気をつけてくださいませ。
 
壁紙はアグア・アスルという所です。
メキシコではビールのCMで超有名だとか・・・。
イエローストーン大峡谷の滝のが落差があって迫力もありましたが、アグア・アスルは全く別の良さがありました。滝は落差だけじゃないんですね。
アグア・アスルは暑かったんですが、今は標高2000m超えてるので朝晩は寒いです。そしてここからまた標高下げるので暑くなります。忙しいです(笑)
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2017 < >
Archive   RSS