愉しい自転車&生活

29

Category: [北米]メキシコ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

マサトラン到着、そして超面倒くさいことになる  146~148日目


2012年11月18日

マサトランまであと180kmといった所。
余裕で2日の行程だけど、なるべく早い時間に
マサトランの街に到着したいのでこの日になるたけ走ろう。

だからという訳では全く無いんだけど、この日はまさかの6時台のスタート。
自転車で旅している人は大抵朝早いんだけど、自分はかなり遅い。
大抵9時とか10時に走り始める。酷い時は野宿なのに10時半に走り始めたりする。
6時台に走り始めたのはたぶんこの旅で2回目。
IMGP7306.jpg



凄い。太陽の光がオレンジだ。
IMGP7307.jpg



働く車。トラックの運ちゃんは優しい人が多いと思う。
抜く時も大抵大きくよけてくれる。あんな馬鹿でかい車を運転してるんだから
さぞかし大変だろうと思う。逆にスレッスレを通り抜けていくのが市バスとか
短距離バスの運転手。もう、本当にギリギリを抜けてくので、
30センチ車道側にふらついたら間違いなく当たる。恐ろしい。
IMGP7309.jpg



で、この日は、というより、ここ数日、道中の写真をほとんど撮っていない。
何でかって言うと、ソノラ州からシナロア州に入ってからというもの、
周りの景色がずーーーーっと畑、畑、畑。畑しかなかった。
振り返ると何百キロもの間ずっと景色が畑だった。

まぁ道がフラットであればそこそこスピードでるからいいんだけど、
この日は平らに見えて実は微妙に、本当に微妙にアップダウンがあった。
この微妙なアップダウンというのが、かなりイライラさせられる。
高度計に表示されないほどの起伏というには緩すぎる起伏。
緩いから肉体的に疲れはしないんだけど、スピードは出ない。
スピードでないということは受ける風が弱くなるから暑い。
下りはスピードは若干上がるけど一瞬で終わる。
微妙すぎて上ってる感覚も下ってる感覚もなく、
ただスピードが出ないという事実だけが残る。
これが精神的にキツかった。

しかも海が近いから湿気が凄い。
明らかに空気が重い。息してるだけでお腹一杯になりそうなほどに
空気に質量を感じる。



しばらく、80kmくらい走ってようやく海が見えた。
ここ数日畑しか見てなかったから嬉しい。
IMGP7313.jpg


そして微妙なアップダウンは終わり、しっかりしたアップダウンになった。
間違いなくこっちのが走りごたえがある。
IMGP7314.jpg


途中の商店でコーラ買って休憩&一人作戦会議。
IMGP7318.jpg


北米にありそうな真っ直ぐの道だったけど、少し感じが違う。
北米のがもっとスカスカしてた。
IMGP7324.jpg


そして途中の脇道に入り、人目につかないところで野宿。
結構雰囲気のいいところで、焚き火でもしたくなる感じだったけど
なにしろ蒸し暑かったので日を起こす気になどなれなかった。

翌朝撮影。
IMGP7331.jpg


さて、行くか。前日140kmほど走ったので、マサトランまであと40kmくらい。
IMGP7335.jpg


よし、あと9km。11時前には着くな。
IMGP7340.jpg


マサトラン到着
IMGP7358.jpg



ちなみに泊まった宿は1泊60ペソの激安宿。
そんな素敵な宿を、ちょっとご紹介させて下さい。

これが部屋に入る扉。
IMGP7343.jpg


開けます。
IMGP7349.jpg






どうでしょう。素敵でしょう。





そして、こちらが寝室になります。
IMGP7347.jpg





独房?




トイレはもっと素敵です。
IMGP7352.jpg



洗面台は2本の棒でしっかり支えられているのでご安心ください。
IMGP7353.jpg




てな感じの宿でした。
まぁあまり休まらないかな。住めば都というけれど、
ここが都になることはない。



そして、長い前置きだったけど、ここから本題。
とりあえずマサトランでの目的は移民局でのビザ延長手続き。
到着した日は場所を調べて、翌日、移民局へ向かった。




そして、衝撃の回答をいただいた。


「すいません。ビザの延長をしたいんですけど」



予想外に感じの良いお兄さんが出てきて答えてくれた。










「このケースの延長はインポッシブルです」








・・・は?









「一度出国して入りなおしてください」








い、いやいやいや!ちょっと待て。延長できると聞いたぞ。
なんで?と問うも言ってる事がよく分からん。とにかく「インポッシブルです」
ということらしい。そんな馬鹿な。
「いや、延長出来るって聞いたんですけど」と聞くと、
「分かりました。ちょっと確認してきます。といってお兄さんは別の部屋に入っていった。
戻ってきて「やはり、このケースはインポッシブルです。一度出国して入りなおしてください」



・・・。


マジか。マジか。マジかコレ。


ミッションインポッシブル。


どんな作戦も、すべて不可能にする男!
「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」

って映画を思い出した。


いや、こんなことを思い出している場合じゃない。

どうしよう。あと10日くらいで出国しないと期限を過ぎてしまう。

となるとどう頑張っても国境まで2000km以上はある。
自転車は無理だ。
飛行機は・・・高い。
そしたら・・・やっぱバスか。
バス会社って何処にあるんだ。というかスペイン語で何て言うんだ。




正直、できないと分かった時、かなり絶望感を感じた。
この旅で公共交通など使ってこなかったし。期限は迫っているし、轍は切れるし。
でも幸いインドでバックパッカーの経験があったので、
わりとすぐにバス会社まで辿りついて、チケットは取れた。


バスの発着所に到着。
長距離バスの発着所のことは「セントラル デ オートバス」というらしい。
IMGP7360.jpg


というわけで、
まずマサトランからメキシコシティまで行き、
そこから乗り換えてタパチュラというグアテマラ国境付近の街まで行き、
一度グアテマラに出国し、再びメキシコに戻るという
とんでもなく面倒な展開になったというわけです。


あー本当に、色々あるわ。

関連記事
comments
 
もどるんかい(笑)

俺だったら絶対
「そういう訳で、メキシコはバス旅行になりました」
で済ますけど(笑)
 
そのままグアテマラinも考えたんですが、
まだまだメキシコ料理食べ足りない、と思って
戻りました(笑)
まぁマサトランまでは戻らずにメキシコシティから
再出発してるので1000km以上はショートカットしてますが。
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS