愉しい自転車&生活

04

Category: [その他]自転車旅あれこれ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

自転車メンテ履歴



自転車メンテ履歴
カナダ  500km  最初の点検 ボトルケージ緩みのみ。あとは問題なし。
アメリカ 3000km フロントキャリアねじ緩み 増し締め。
アメリカ 3700km ハンドル交換。壊れたわけじゃないけど趣味で(笑)
アメリカ 4000km Rタイヤパンク 3センチほどの釘を踏み抜いた。
アメリカ 4000km チェーン交換 4000kmにしてはかなり伸びていた。
アメリカ 4500km リアハブに極僅かなガタがあったのでハブ玉あたり調整。
アメリカ 4500km ペダル交換。壊れたわけじゃないけどピンつきは靴の痛みが早すぎて。
アメリカ 7500km スプロケが緩んでいたので増し締め。チェーン交換(3500km)。
          前後ブレーキシュー交換。全体掃除。
メキシコ 8500km Rパンク。原因は針金。2回目のパンク。無念。
メキシコ 9000km ハンドルに付けていたボトルケージの位置変更。
メキシコ 9500km Rパンク 針金
メキシコ 10000km Rパンク 針金 針金とか避けようがない。
メキシコ 10100km Fパンク 針金 ここんところパンク頻発。何なんだこれ。何かの呪いか。
メキシコ 10100km Fキャリアねじ緩み。
メキシコ 10500km Rパンク 何か刺さったようだけど、刺さったものは不明。
メキシコ 10700km タイヤ前後ローテーション。Rは所々耐パンク層が見え始めた。チェーン交換。

エルサル 11400km Fパンク 針金
パナマ  12700km Rパンク 針金。
パナマ  12800km Fキャリアねじ緩み。
パナマ  13000km Rタイヤ ビート部分に穴。パナレーサーのリブモに交換。

コロンビア 13800km 前後ハブばらしてグリス入れ替え。球も受けも全く異常なし。
コロンビア 14500km 前輪を安物(750円くらい)のタイヤに交換。リブモは再びスペアに。
コロンビア 14700km 4回目のチェーン交換。思ったより伸びてなかったので今回は4000km使用。
コロンビア 14900km Fパンク。ガラス片。マラソンプラスなら恐らく貫通しなかったかな。
コロンビア 15300km Rシフトワイヤー交換(インナーのみ)。
コロンビア 15500km Fパンク。ガラス片。普通のタイヤなら耐パンク性はこんなもんですかね。

エクアドル 16000km ガタが出たのでBB交換。
エクアドル 17000km スプロケット緩み、増し締め。
エクアドル 17100km ブレーキシュー交換。Rキャリアネジ緩み。

ペルー   17500km Rパンク 針金 11回目。チェーン交換5回目。ワイヤー全交換。掃除。
ペルー   17800km Fパンク 植物の刺。12回目。
ペルー   18000km サイクルコンピュータ交換。
ペルー   18900km パンクF。植物の刺。13回目。
ペルー   20300km パンクR。針金。14回目
ペルー   20500km パンクF。針金。15回目
ボリビア  21800km チェーン交換 6回目
ボリビア  21900km パンクR。植物。16回目
ボリビア  22300km パンクF&R 針金 17,18回目
ボリビア  22900km チェーン切れ 繋ぎ直し。
チリ    24000km パンクR 釘 19回目
チリ    24800km Rホイールリム・スポーク交換、Rタイヤ交換、BB交換
チリ    25900km パンクF 20回目
チリ    26000km チェーン切れ 交換7回目
チリ    26300km パンクR 21回目
チリ    27000km Fタイヤ交換


<北米~中米 0~13000km>
中米まで走った時点で、特に大きなトラブルは無し。
強いて言えばタイヤ裂けたけど、言うても13000kmも使っていたし想定の範囲内。
パンクは8回。Fが2回のRが6回。8回の内、メキシコで5回で
メキシコシティ以降の1000kmで4回なので、特定区間で頻発したことになる。
原因は最初の釘以外は全て針金。
マラソンプラスでこれなので、他のタイヤだともっと酷いと思う。
チェーンは中米終了時点で走行距離13275kmで3回換えた。
ってことは4本使ったってことなので、次の交換は14200km前後を予定してるから、
一本あたり大体3500km使ってる計算。交換ペースとしては多少早いと思うけど、
チェーンリングやスプロケを長く使いたいので換えてる。
あと、ボトルケージのボルト締めたりとか、
細い作業のメモは面倒臭いので端折ってます。


<南米 13000~27000km>
コロンビアで走行13800kmの時点で一度ハブをばらしてグリスを入れ替え。状態としては全くもって異常なし。球も受けも綺麗な状態だった。やはり進行方向である前のハブは中のグリスもそれなりに汚れていたけど、前に比べて雨風の当たりにくい後ろはグリスも本当に13800km走ったのかと思うほど綺麗だった。ただ雨天時の走行が少なかったので、多雨の地域を走ればまた結果は違うと思うけど。
ペルー以降はタイヤが薄くなってきたこともあってパンクが増えた。マラソンプラスは結局チリのサンティアゴで交換。相克距離は24800kmだった。それ以降は現地で手に入れた適当なもので走っていた。チェーン交換は27000kmで7回。一本あたり3800kmほど使った計算になる。
関連記事
comments
 
いつも楽しみにみています。
来年、僕も世界一周をしようと計画しています。それで自転車を一から組もうと
思い染谷さんのブログを参考にさしていただいています。
気をつけて旅してください応援してます。
 
どうもありがとうございます。
基本的に自分が書いていて楽しいから装備の事とか情報とかの記事を割りとマメに書いてますが、実際、後に続く人の役に立っているならば、それはとても嬉しいことです。もしブログ書くなら教えて下さいね(笑)
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
10
11
12
13
15
16
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2017 < >
Archive   RSS