愉しい自転車&生活

26

Category: [北米]アメリカ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

グランドキャニオン サウスリム編① 出発109日目


2012年10月11日

一番最初の予定ではサウスリムも行くはずだったけど、時間的に削る方向に変更。しかし、ノースリムが衝撃的だったので再び予定変更し、結局行くことになったサウスリム。
ノースリム編で少し書いたけど、景観、アクセス、お土産や宿泊施設など観光的にはこっちのサウスリムがメインになる。グランドキャニオンを訪れる人のほとんどはサウスリムのみを見て終わる。


ノースリムからサウスリムまでは直線距離なら30kmくらいしかないんだけど、
道路的には320kmほど走って回り込む必要がある。

ノースリムを出て3日目でサウスリムに入ったんだけど、
初日向かい風、2日目向かい風、3日目雨で大変だった。
基本的にグランドキャニオン周辺の道は大変な思いしかしてない。



グランドキャニオンへ向かう途中。
IMGP5793.jpg


景色もっぽくなってくる。
IMGP5794.jpg


標識だとキャメロンから45kmの地点でグランドキャニオンinのはず。
実際、ぴたり45kmの時点でナショナルパークの看板に辿り着いた。
が、エントランスは見当たらず、明らかに道はまだ上っている。
地図を見ると、キャンプ場まで、まだあと5kmはありそう。

ノースリムの時は敷地の端じゃなくノースリムまでの距離を表示していたが
サウスリムはどうやら違うらしい。
なんだ。罠か。

そのあと5kmくらい上り、キャンプ場到着。
テントを張り、デザートビューポイントまで行く。


やはり凄い。そして写真でも何度も見たグランドキャニオンだ。
IMGP5804.jpg

ノースリムに比べると、やっぱり観光客は多く、日本人の団体もいた。
IMGP5832.jpg

日本人のおばちゃんが「ガスっちゃってて残念ねぇ」と言っていたが
そんな景色も良いと思うんだけどな。
IMGP5814.jpg

デザートビューウォッチタワー
IMGP5845.jpg


この日は雲がかかり夕焼けは見れなそうだったので、キャンプ場に戻りゆっくり。

そして翌日、この日はリム沿いの道を走り、もう一つのマーサーキャンプグラウンドへ向かう。
だけどこの日も、デザートビューの上は雲がかかってなかったけど、向かう先は明らかに雨雲。

案の定、途中から降り始め、あぁー面倒くさいなぁと思い合羽を上だけ着た。
面倒な時はよく上だけで済ませます。
でも必ず止みそうな時か、行った先にキャンプ場やシャワーがあると分かってる時だけです。
さすがに何も無い荒野では上下着ます。



しばらく走っていて・・・異変に気付く。




あれ?堅い雨が降り始めた。






あれ?雪が降り始めた。
IMGP5870.jpg




まぁ標高2000mを超えた高所で、季節はもう秋。
降ってもおかしくはない。



しばらくして・・・・





何か、かなり降ってきたな。







やばい、下の合羽を着ていない。半ズボンだ。
IMGP5871.jpg



本格的に雪が降り、前の景色はかなり白い。
でも、初雪に興奮しむしろ雨の時より楽しんで走っていた。

気温は0度。動いているので寒くは無い。

キャンプ場まで行けば、シャワーもあるし食べ物もあるし、
どうにでもなると思ったので、後20km、このまま押し切ろうと思った。

が、走っていると、一台の車が止まり、「乗っていけ!」と言われた。
でも正直、その時は楽しかったので

「アイムオッケー!」と言った。

しかし、大雪の中、半ズボンで自転車に乗っている人間が「アイムオッケー!」などと言っても、「いや!全然OKじゃないから!」と思ったんだろう。自分が逆の立場でもそう思う。

「いいから乗りなさい」と言われた。

まぁあと20km以上あったし、このペースだと2時間はかかりそうだったので、ここは乗ったほうが良いかと思い直し、乗せていただいた。

車の中に入り、ポテチをもらい、リンゴをもらった。暖かい。乗って良かったと思った。
結局ビジターセンターまで送ってもらった。ビジターセンターに着くと雪は止んでいた。たった20kmほど、時間にしたら30分も無かったけど、大雪の中、拾い、拾われた、ということで、お互いの間には何か時間を越えた奇妙な絆のようなものがあり、ハグをしてお別れした。


お昼前にはキャンプグランドに到着。結局この日は一日中雨で大荒れの天気。
とりあえず腹減ったのでマーケット併設のカフェでホットドックを頼む。
「うっへっへ。乗せすぎちまったぜ!」と言われ受け取ったホットドックには
もはや下に何があるか分からないほどの大量のチリソース、オニオン、チーズがのっていた。
べちゃべちゃに手を汚しながら食った後に、ナイフとフォークを発見した。
明日は晴れて欲しいと思った。


関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS