愉しい自転車&生活

20

Category: [北米]アメリカ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

グランドキャニオン ノースリム編② 出発105日目


2012年10月8日

この日は全く予定が未定だったので、結局どうしたかというと
トレイルヘッドが近いから、という理由で
「ノースカイバブトレイル」というトレイルを下った。

このノースカイバブトレイルは、ノースリムで唯一グランドキャニオンの谷底にあるファントムランチまで続くトレイルで、片道23km、往復46km!にもなる。これだけ長いと日帰りで底までは行って帰ってこれないので、適当に歩いて、適当な所で引き返してこようと思った。

なので装備はただの靴にクリフ(カロリーメイト的なもの)2つ、フルスロットル(エナジードリンク)1つという軽装。しかも朝ストアでパソコンいじってそのまま来たのでリュックにはパソコンが入っているという感じなので、本当にちょっとだけ下るつもりだった。


ノースリムは全体的に木々が多くて写真でよく見るグランドキャニオンとはイメージが少し違う。


ちょっと下った所。常に南に向かうので写真的には逆行気味になって難しい。
IMGP5617.jpg

下りなんで楽ですね。
IMGP5624.jpg

とりあえずあの橋あたりまで行ってみよう。
IMGP5629.jpg


橋到着。で、この時点でかなり面白くなってきていたので、ズンズン先に進む。
もう行けるところまで行ってやろうという感じになっていた。
IMGP5631.jpg


そしてさらに下り標高でいうと650mか700mほど下ったあたりだろうか・・・
IMGP5635.jpg







上の写真からさらに進むと、少し、開けた所に出た。








そしてそこで見た景色がこの写真の所なんだけど・・・
IMGP5674.jpg




この景色を見た瞬間、僕は立ち止まり、そのまま固まった。

そして、これまでの国立公園にはない、

心臓を打ち抜かれたような、深い感動を覚えた。


IMGP5687.jpg


今まで色々なところを見てきたけれど、

想像を絶する、比較を絶する絶景。

グランドキャニオンをして「絶景」と呼ぶに相応しい景色は無いと、そう感じた。


IMGP5661.jpg


どのくらいの時間か分からないけど、しばらくここで景色を眺めていた。

写真を撮る、というより、ここはただ眺めていたかった。

ボーっと眺めて、たまにシャッターを押して、また眺めて。

このトレイルは距離的にも長いし、ノースリム自体、人が少ないので

ほとんど人も通らず、長いこと一人だけだった。


大分下ってきたし、ここで引き返すかどうか少し迷った。

この先に行ってもこれほどの感動はまず無いのは分かっていたので

引き返そうとも思ったけど、もう少し余韻に浸っていたいと思い

あと少しだけ下ることにした。



名前は知らないけどよく生えている物凄く背の高い植物
IMGP5696.jpg


標高にして800mほど下ったところで、そろそろ引き返すことに。
IMGP5705.jpg



上まで800m。さて、戻るか。
IMGP5712.jpg
関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09, 2017 < >
Archive   RSS