愉しい自転車&生活

05

Category: [北米]アメリカ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 3  Trackback 0

次の街まで200km!星降る95号線<前編> 出発91日目


2012年9月23日

アーチーズを見終えて次に向かうはキャピトルリーフ国立公園。
そこへ向かうにはBlandingという街から95号線に乗り換えるんだけど、
その95号線に入ると次の街まで200km!この旅最長です。
ただ途中に補給できる場所はあるので無補給区間は130km。これも最長。
まぁ南米とか行けばこれより何も無い道があると思うんで予行練習的な感じかな。


というわけで出発、ちなみにBlandingのキャンプ場でゆっくりしすぎて11時回ってます。
季節的に暑さも和らいできてるので(といっても暑いと35度くらいいくけど)完全に舐めてます。
DSCN0286.jpg


そして95号線に入ってからがね、もう坂だらけ。

向かう先の標高が今いる所と同じくらいだからといって道は平坦とは限らない。

これはまぁ当たり前のことなんだけど、楽だと思っちゃったんですね。入る前は。
95に入っていきなりズドーンと100m下る。
そしてズドーン100m上る。
というのを3回くらい繰り返したかな。

結構、斜度がきつい。
IMGP4447.jpg

でも眺めは良し。
IMGP4448.jpg

岩の隙間を走る。
IMGP4461.jpg

一気に下って、このあと上るんだけど、これが長かった。
それまでと同じようにUpDownを繰り返すのかと思ったらずーーーっと上り。
IMGP4467.jpg

しばらく上って斜線減少の標識。
上りのきつい所は登坂斜線があって、スピードの出ないトラックなんかは右を走る。
ということはそろそろ上りが終わる。少なくともキツイ上りは終わった、はず。
IMGP4471.jpg



がしかし予想を裏切る上り。長いよ長いよ。いつ終わるんだよ。
しかも何か体調が芳しくない。だるいわ。さらに曇りのせいとこの辺は木々も多いので、そういうところなんだと思うんだけど、いつもより湿気が多い。汗がまとわりつく。それがさらに気だるくさせる。
IMGP4472.jpg


走っていると茂みの中に東屋らしきもの発見!
だるいし、時間も時間だし、休憩しようと思って行くと

東屋じゃないっていうね。インディアンの遺跡?かな。騙されたわ。
IMGP4474.jpg

しかし近くにベンチはあったので、そこで休憩。
IMGP4476.jpg

え、エナジーを・・・。
IMGP4479.jpg

休憩を終え、再びサドルにまたがる。

当然、上り。この辺まで来ると逆に面白い。
カーブ曲がるたびにむしろ「上りこい!」と思うようになってくる。
IMGP4480.jpg


大分上ってきた。標高は2100くらい。
たぶん正面の山の反対側を下っていくってことだろう。
IMGP4486.jpg


ご丁寧に看板立ててるってことは天辺でしょう。
IMGP4489.jpg

おっしゃ!下り!
IMGP4490.jpg

と思ったら、ちょいちょい上りを挟んできやがる。やるね、この道作った人。
IMGP4491.jpg

その後も一気に下る、という感じではなく緩い下りで徐々に標高を下げていく。
IMGP4496.jpg

そろそろタイムアップだ。テント張る場所探すか。
IMGP4506.jpg

この時間になると車はほぼ通らない。1時間走って両手で十分数えられる。
へたすりゃ片手?というくらい。

そんな誰もいない道。誰もいない岩場でテントを張る。
実は丸見えなんだけど、道路から相当離れているし、暗くなれば絶対に見つけようが無い。
IMGP4509.jpg


丸一日走って民家の一軒も現れない道。
体調のせいでしんどい時間帯もあったけど、
覚悟無しで突っ込んだわりには意外と心に余裕はもって上れた。
まぁこんなこと一度や二度じゃないからね。

暗くなる前にちゃちゃっと飯をすませて就寝。














時間は分からないけど、夜、トイレに起きた。
そして空を見上げて驚愕した。満天の星を見たのは初めてじゃないので、
ちょっとくらいの星空で驚くことは無くなっていたんだけど、
この日の空は、空が全て星で埋め尽くされていた。


周りに何も無い上に標高も1500mほど。
更に月も出ていなかったからこその空。

この日、過去最高の星空を見た。
IMGP4516.jpg
関連記事
comments
満天の星 
ユタ州の景色って、5枚目みたいな場所よく見ませんでしたか?斜めに隆起して陥没して、裂け目がむき出しで残ってできるらしいんですが、いつも自然のダイナミズムを感じて興奮してしまいます・・・。まあ、その部分を突き破るように削って道路を作る人間もたいがいですけど。

最後の写真。これぞ満天の星ですね。その日その時その場所にいて、その空を眺めることができる旅人にのみ切り取れる夜空。強烈な羨ましさを感じてしまいました・・・。

染谷さんがあの自転車に乗ってザイオンに・・・。血圧上がります!!
エンジェルスランディングも楽しまれたようで!染谷さんの体力なら、1時間程度で頂上まで到達したんじゃないですか?
 
街より、こういうとこ自転車で走った方が楽しいよね。
 
msc3600さん
確かに5枚目のような景色は沢山見かけました。地球の強大なパワーを感じられる景色です。今グランドキャニオンですが、グランドキャニオンにも、それを感じました。
最後の星はこれ以上のものはこの先中々見られなさそうですが、アンデス山脈あたりなら標高も更に上がるので楽しみです。
そしてザイオン。エンジェルスランディングは上りは写真を撮りながら1時間半くらいでした。下りは1時間かからなかったかな。ナロウズは時間と連日の山越えのせいか右ひざが若干痛かったので断念しました。でも行ってみたかった・・・。ザイオンはトレイルがかなり魅力的ですね。「また行きたい」と一番思わされた国立公園です。

かにゃーおさん
ええ。間違いないですね(笑)
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS