愉しい自転車&生活

14

Category: [第一次・北中南米持ち物]キャンプ道具

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

ボトル キャメルバック ポディウムチルジャケット 0.62L


IMGP3517.jpg


ハンドルに取り付けているボトルケージに入れてる。
最初はペットボトルをとっかえひっかえ使っていて、
途中からゲータレードのペットボトルが飲み口も広くて使いやすいので、
それをずっと使っていたんだけど、自転車用ボトルも使ってみようと思い、とりあえず一つ購入。

一応保冷だけど、当然サーモスの山専のような脅威の保冷性能は無い。
気温30度ちょいの状態で氷を満タン状態にして1時間ほどで氷は溶けて、
ほぼ無くなっていたが中身は完全に冷たいままだった。
氷なしでも、まぁペットボトルよりかは冷たい状態を長く保ってくれるので
結局、もう一つ買い足してハンドルのボトルは二つともコレ。

もともと水飲む時は止まって飲んでいたから、走行中にも飲めることに関しては
あまりどうということはないけど、でもまぁ楽は楽かなぁ。
レースじゃないんだし、水くらい止まってゆっくり飲みたい。
構造上炭酸飲料を入れるのは向かなそう。

というかどのカテゴリーに入れたらいいか分からないなコレ。
とりあえずキャンプ道具にしたけど、キャンプ道具じゃないしね。


関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09, 2017 < >
Archive   RSS