愉しい自転車&生活

07

Category: [北米]アメリカ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

アメリカ入国  出発46日目


2012年8月10日

いよいよアメリカに入国。
でも初の陸路国境越えでちょいと不安。
これから行くのは、入国するのに人の指紋と顔写真まで撮りくさるあのアメリカ合衆国だ。
帰国チケットを持っていなーい、銀行にお金はあるけど、残高証明する書類はもってなーい、そしてシアトル乗換えで一度6月26日にアメリカ入国してそのままなので新しいスタンプもらえるのかわからなーいという感じだ。

しかも時期をほぼ同じくして北米を走っていて先にアメリカに入った成田さんは入国で色々と聞かれ大変だったようで・・・。どうなるんだろう。


チーフマウンテンのボーダーから国境を越える人は少なく、並んでる車は2、3台。
すぐに自分の番が来た。
作戦としては、アメリカなんか通過点なんだぜ!アピールをするということ。
パタゴニアまで自転車で行くんだぜ!と嬉しそうに語ればきっとすんなり行く!はずだ。

審査官、鋭い視線をこちらに送り質問を投げかけてくる。

「どこまで行くの?」
「帰国のチケットは持ってる?」
「お金はいくらくらい持ってる?」
「どんなルートを通るの?」

などなど。ひとしきり答え、建物の中に案内される。
そこでツーリストカードを記入。
6ドル払って・・・


って、あれ?


あっさり通れた。


なんかもっと色々しつこく聞かれるかと思ったら以外にすんなり。
しかも審査官のおっちゃんが良い人で、
「ボトルに水が入ってないなら中の冷水機で入れていきな」とか
「ステーキは好きか?もし好きなら何チャラというステーキは美味いぞ!」とか
「じゃあ、気をつけてな!」とか


あれあれあれ?


なんだ、なんか拍子抜けだ。
もっと「帰国チケットがねぇだとぉ!なめてんのか!くるぁ!!」とまではいかないまでも
面倒だと思ったのに。


まぁ他にも国境は沢山あるのに、わざわざこんなずーーっと上りの
くそしんどい坂を自転車で上ってきて「パタゴニアまで行くんです!」
というような人間をしつこく尋問しても意味ないと思ったんだろう。

というわけであっさりアメリカ入国!

国境はこんなところを越えました。山です。
国境で山頂ゴールかと思ったら、ここからさらにもう少し上ったしね。
IMGP2485.jpg


ずいぶんとカナダに長居してしまったけど、ようやくアメリカに入れた。


ちなみに、日本人で同じ北米を自転車で走っている人がこのアメリカ入国時点では3人いた。
一人は同じバンクーバースタートで、しかも数日違いのほぼ同時期に旅を始めた太田さん。
もう一人は僕より一ヶ月早くアラスカをスタートし、僕がバンクーバーでゴタゴタやっているうちに追い抜いて先にアメリカへ入国した成田さん。

太田さんはバンクーバーからそのまま南下したので、一ヶ月以上前にアメリカ入国してて、
この日記を書いてる時点で既に中米に入っているので、追いつくのは完全にむりーだけど、成田さんはたぶん2週間とか違いの入国なので、追いつけるか!?といったところなんだけど、ペース的に自分のが遅いので、当分追いつけそうにない。というか追いつけるのか?といった感じ。

ちなみに二人のブログはこちら
太田さん 裕理、大阪から離れます。
成田さん Big Five Travel だいごの“世界修学”チャリ旅日記


ほぼ同時期に大体同じルートで、同じものを3人の人間が見ているということになるのだけど、それぞれ視点が違っていて見比べると面白いと思います。



という感じで、時を8月10日に戻して・・・
アメリカ最初の州はモンタナ州。
IMGP2486.jpg

この日はそのまま山を越え、
IMGP2491.jpg

そして下り(超気持ち良い下りだった)、Babbという小さなまちで野宿。
IMGP2493.jpg


さぁアメリカに入り、何がどう変わるのか、それが凄く楽しみ。

関連記事
comments
おおっ 
ついにアメリカ入国!グレーシャーのおひざ元まで来ましたね。
確か、Babbの町の南の交差点に、ピンク色した派手な店があったような気がしますが違いましたっけ?
大阪から出発の太田さんのブログも拝見しました。
グランドキャニオン上り下りしてるし・・・。この人も超ツワモノですね。尊敬しまくりです。
 
んん~!ありましたっけ?ボブといえばアメリカに入って初のストアでチーズが(カナダに比べて)凄く安くて思わず買ったことと、そこにいたお兄さんが凄く感じよかったことしか思い出せません(笑)
13時間ハイキングは凄いですよね。並じゃないです。
僕もやってみたい!と思うんですが、超きつそうだし一日で往復は不可能なので荷物どうしようという感じで・・・。判断は現場に着いた時の自分に任せようと思います。
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS